【フジノウェーブ記念2021予想】本命ベストマッチョ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は10日の大井メイン、フジノウェーブ記念の予想を。クルセイズスピリッツ、マイネルバサラ、クロスケ、サトノファンタシー、カプリフレイバー、グレンツェントなどが出走するダート1400mのS3レース。

なお、11日の名古屋大賞典の予想はnote内での公開となります。

【名古屋大賞典2021予想】

先週川崎で行われたエンプレス杯は大きな馬券を後一歩で逃してしまいましたが、そこそこ上手くいきました。

エンプレス杯予想結果

1着◎マルシュロレーヌ
2着▲サルサディオーネ
3着△マドラスチェック

3連単 14,920円

▲サルサディオーネが頭なら、△ダノンレジーナが3着なら、という結果でもありましたが、この組み合わせで万馬券なら上々でしょう。予想にプリンシアコメータかサルサディオーネの食い込みがポイントと書きましたが、この読みが当たって今週も美味しい配当にありつけました。

この配当なら3連複も…と思ってしまいますが、余ったお金で買い足した馬連などもハマり、地方はこれで4連勝。

金盃予想結果

1着☆マンガン
2着○トーセンブル
3着◎サウンドトゥルー

3連複 1,960円

3連単 14,450円

雲取賞予想結果

1着〇ランリョウオー
2着◎トランセンデンス
3着△タブラオ

3連単 1,170円

ユングフラウ賞予想結果

1着▲ウワサノシブコ
2着◎ケラススヴィア
3着〇グロリオーソ

3連複 1,980円

3連単 32,680円

この調子で今年も地方は無双出来ればと思いますので、今週のフジノウェーブ記念、そして名古屋大賞典の予想にもご期待下さい。

【名古屋大賞典2021予想】

──────────────

馬券の中心はデアリングタクトではない!

【金鯱賞買い目無料公開】

先週も勝負レースで特大万馬券的中!

3/7 阪神10レース

◎ソシアルクラブ
穴ジュランビル

3連単 9万660円
3連複 1万8800円
馬連  4830円

勝負レースで
毎週のように万券的中!

【金鯱賞買い目無料公開】

フジノウェーブ記念

ベストマッチョ

ハンデ58キロの最内枠、更にそこそこ相手が揃ったS3レースとここは決して楽な条件ではないが、本馬の立ち回りの上手さとゲートセンスの高さ、そして近走のレース内容や今回の舞台設定を考えると馬券はここから組み立てるのが正解とみて本馬を本命に。

前走の兵庫ゴールドトロフィーでは相手がかなり緩かったとはいえ、中央馬を相手に勝ち馬からタイム差なしの競馬に持ち込む強い競馬をしており、サクセスエナジーとはハンデ差があったにしろ、地方の重賞を勝ちまくっている馬を最後の最後まで苦しめた内容は完全に力があってこそと言えるだろう。

2走前に大井で崩れているが、この馬には1ハロン短い1200m戦での競馬だった事に加え、前半から流れに乗れずに本来の持ち味が活かせずの結果なので完全に度外視出来るレース。よってこの馬の持ち場である1400m戦であれば大井でも2走前のような事にはならない可能性が高いのでは。

想像以上に相手は揃ったが、前半から積極的に出していきそうな馬は見当たらないので、これまで通り前々で上手く流れに乗れば今回の相手でも押し切れるだけの力はあるとみた。

グレンツェント

本質は1400m向きのタイプではないが、実績のある大井であれば十分に間に合うとみて本馬を対抗に。何故か歳を重ねて前向きさが出てきた点もこの距離を考えるとプラスに転ぶので、後は乗り慣れた鞍上が手綱を取れない点がどこまで競馬に響いてくるか。

サブノジュニア

ハンデ59キロは厳しいが、前走の根岸ステークスでレッドルゼルから0.6秒差の競馬に持ち込んだ点は素直に評価出来るので、相手が一気に楽になる今回はさすがにそれなりに格好はつけてくるか。仕掛け所次第では差し遅れてしまう可能性もあるが、大井なら多少差し遅れたとしても間に合うのでは。

クルセイズスピリッツ

単純に速さだけを求められる展開になれば本馬も上位の存在。差し馬が不発なら本命馬とセットで本馬の粘り込みが見られるか。

◎ベストマッチョ
〇グレンツェント
▲サブノジュニア
☆クルセイズスピリッツ
△カプリフレイバー
△カフジテイク
△ブルミラコロ
△キャプテンキング

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

11日の名古屋大賞典の予想はnote内での公開となります。

【名古屋大賞典2021予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯のステップレースとなる金鯱賞。12月開催で行われていたが17年から新設されてGI大阪杯のステップレースとして3月開催に移行。

2000年以降の勝ち馬では、メイショウドトウ(GI・1勝)、ツルマルボーイ(GI・1勝)、タップダンスシチー(GI・2勝)、エイシンデピュティ(GI・1勝)、アーネストリー(GI・1勝)、ルーラーシップ(GI・1勝)、スワーヴリチャード(GI・2勝)、ダノンプレミアム(GI・1勝)、サートゥルナーリア(GI・2勝)などのGI馬(海外含む)が多数。

過去10年、人気別の成績では、1人気[5.1.1.3]、2人気[1.1.2.6]、3人気[1.0.1.8]と上位人気馬で7勝。平均配当では馬連3760円、3連複1万1970円、3連単5万6490円。馬連3桁配当は1度のみ、3連単最高配当は19万2050円。

二桁人気馬は17年スズカデヴィアス(13人気③着)1頭が馬券圏に好走したが、大荒れになるケースは少ない。直近7年でも1人気が5連対しておりヒモ荒れ傾向のレース。

今年は昨年の3冠牝馬デアリングタクトがスタンバイ!ジャパンカップでは古馬相手に初黒星を喫した。今春は金鯱賞から始動する。レース間隔が詰まるため大阪杯出走は微妙だが、東京開催のヴィクトリアM・安田記念が視野に入っており今年緒戦の走りは注目。その他では、グローリーヴェイズ、キセキ、ペルシアンナイトなどのGI馬やサトノフラッグ、4連勝中の上がり馬ポタジェなどが出走予定。

競馬セブンでは、ここが目一杯勝負の大駆け馬や人気薄の勝負情報を独占入手すみ。人気薄の勝負馬が馬券に絡めが好配当間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『金鯱賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 金鯱賞(G2)>

3冠牝馬デアリングタクトを
脅かす穴馬は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク