【フローラステークス2020予想】本命ヴォリアーモ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、フローラステークスの予想を。スカイグルーヴ、レッドルレーヴ、ホウオウピースフル、ウインマリリン、ショウナンハレルヤ、シャンドフルールなどが出走する芝2000mのG2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2年前に〇サトノワルキューレ△パイオニアバイオ◎ノームコアで11万馬券を的中させて大回収したレース。

今年はノームコアのようにここは絶対に本命に、という馬はいませんが、過去にも何度か大爆発した記憶があるレースなので決して相性は悪くないと思います。

なお、土曜の競馬はオアシスステークスの◎バレッティのみで他はダメ。このオアシスステークスも本命が頭だったら馬単や単勝がありましたが、2着だったので最低限の馬連のみ。3連系も相手が上手く噛み合わずといった感じだったので、今週は若干のマイナス収支スタートとなってしまいました。

それ以上に土曜で一番痛かったのは府中特別。基本的に3~5着に流れこんでくるような馬に本命を打ち続けるコースなので(本命馬の3連単3着固定を買い続ける為)、本命馬の5着はある意味想定内でしたが、3連単があと一歩で刺さりそうなレースだったので、この後一歩足りない部分が今の調子を示しているような気がします。対抗のアビームと▲のココフィーユが走って本命が善戦止まりというのは一番やってはいけないパターン。

とりあえずこのまま流れを悪くしてしまう事だけは避けたいので、日曜は何とかド本線で一本を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第55回 フローラS(G2)】

今週の大勝負レース!

狙いはスカイグルーヴ、レッドルレーヴではなくアノ超人気薄馬!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

フローラステークス

本命はヴォリアーモ

本番のオークスへの適性とこれまでの経験値、そして今回の人気のバランスを重視してこの馬を本命に。

1人気に支持された前走のゆりかもめ賞ではリリーピュアハートに遅れを取る形となってしまったが、直線に入ったところで内の馬に外に弾かれてしまい、結果大外をぶん回す形に。その時に無駄な脚を使ってしまった事と大トビの馬だけに立て直すのに手間取ってしまった事が最後の伸びに繋がっており、仮にあの不利がなければもう少し際どい勝負に持ち込めた可能性が高かったレースと言える。

初戦から距離を延ばして臨んだ2走前の未勝利戦がなかなかインパクトのある勝ち方で、身体を大きく使ってグイグイと伸びていく姿はまさに長距離向きのタイプ。ゲートに難がある点など似なくてもいい点まで反映されているが、馬体を見ると薄い皮膚とすらっと伸びる胴や頸差しがいかにもルーラーシップ産駒という感じなので、間違いなく今回、そして本番へのコース適性は高いと断言出来る。

陣営も未勝利戦を勝った段階でオークスを意識し、あえて牡馬が相手となる東京2400mのレースを選んで使った事が全てを物語っているので、同厩舎であるスカイグルーヴ同様にここは色気を持っての参戦とみた。

対抗はスカイグルーヴ

京成杯は完全に勝ちパターンだったところをクリスタルブラックに差されてしまったが、早めに抜け出して押し切る一歩手前まで持ち込めた事は高く評価したいレース。

更に前走で先着を許してしまった相手が先日の皐月賞で大敗している点は少し気になるが(その後故障が判明)、それでもこの時期に中距離の重賞で牡馬を相手に互角以上の競馬が出来た事には相当な価値がある。

今回は前哨戦とはいえ、早い段階で桜花賞を捨ててオークスを目標に馬をつくってきたからには絶対に結果が求められるレースで、牝馬クラシック路線でこれといったお手馬がいない鞍上にとっても良い形で本番に、という気持ちは強そうなだけに、普通に考えればここは勝ち負け濃厚な一戦と言えるのでは。

レッドルレーヴ

明らかに人気先行型というタイプではあるが、追い切りの内容と成長した馬体を見て一気に評価を上げてみた。正直あまり強さは感じないが、一応重賞で上位に入線するだけの力もあるので、距離延長と東京コース替わりがプラスになればここも馬券圏内は十分狙えるだろう。

☆穴に人気ブログランキングへ

期待した前走はかなり酷い不利を受けての結果なので、ここは前走の着順は度外視してもう一度狙う価値は十分あるだろう。過去にはコースや展開の恩恵を受けはしたものの、牡馬を相手に先行して楽々押し切った実績のある実力馬。更にこの時に下した相手もそれなりに骨っぽかっただけに、今回は力を出し切れば巻き返せるだけの能力はあると思うが…。

その他にもこれまで大敗しているレースは出負けや外が伸びる馬場の中を荒れた内から先行するなど、どのレースも言い訳の出来る敗戦ばかりなので、あらゆる面が噛み合う事になれば案外あっさりまでありそうな気も。地味に今が旬のトライアル血統なので、得意の東京コース替わりなら激走する最低限の態勢は整った。

◎ヴォリアーモ
〇スカイグルーヴ
▲レッドルレーヴ
☆穴人気ブログランキングへ
△セイウンヴィーナス
△ウインマリリン
△ホウオウピースフル
△フアナ
△レッドサーシャ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

とにかく印が足りない。本線だけ相手を総流しぐらいの気持ちでかなり手広く購入してもいいが、不調期にぶっ放すのもアレなので、とりあえずは上手くワイドなどを使って補填するつもり(と言いつつも最終的にはそっちの馬券も買ってそうですが…)。

後は☆穴があまりにも人気がないので、☆~〇▲~などの縦目は絶対に買っておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞は、デアリングタクトが見事な末脚を発揮して、粘り込みを図る2歳女王レシステンシア、9番人気の伏兵スマイルカナを差し切り、1万2590円的中をお届けする結果となった。

戦前は群雄割拠の様相を呈していた牝馬クラシック路線、見事に3戦無敗の桜の女王の誕生で、オークスはデアリングタクトが主役候補と目されることになるだろう。

しかし、生憎の雨と馬場で行われ、道悪の適性が問われるレースでもあった。東京で求められる適性とは異なる状況、2冠確定と言える状況ではない。

また、デアリングタクトが日高生産馬であることも重要なポイントだ。すなわち、GIを席巻する非ノーザンファーム生産馬であり、オークスには新たな強敵が出現する可能性が大いにあるということだ。

近年は、レースの使い分けが頻繁に行われおり、特に牝馬クラシック路線は、桜花賞が1600m、オークスが2400mと距離が800mが延びるため、デビュー時から「オークス向き」と照準を合わせる馬は少なくない。

そういった馬たちの重要なステップレースとなるのが、このフローラS。2016年の勝ち馬チェッキーノ、2017年の勝ち馬モズカッチャンら、桜花賞不出走馬がオークスでも連対を果たしており、本番に繋がっている。

GI週の谷間だからと言って、ココでの情報収集を疎かにしていると、フローラSのみならず、オークスの馬券も取り逃がすことになり得るのだ。

事実、弊社シンクタンクは、去年のフローラSにて5万7340円をズバリ的中させており、オークスも2万8240円的中となった。点ではなく線でレースを捉えることができる、シンクタンクの情報力の賜物に他ならない。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですらかなり制限がかかっているが、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、元騎手、元調教師の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクでは、あらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことが可能だ。

そこで、情報収集に困っているであろう、一般競馬ファンのために、少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、シンクタンクでは重賞情報の特別無料公開を行っている。今週はフローラS、同日のマイラーズCも含めて【我々だから入手できる関係者情報+馬券が簡単に絞れる情報注目馬5選】を公開するので、ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク