【フローラステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、フローラステークスに出走を予定しているスカイグルーヴ、レッドルレーヴ、ホウオウピースフル、ウインマリリン、ショウナンハレルヤ、シャンドフルールの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着

フローラステークス最終追い切り

ホウオウピースフル

入りまでの動きはスムーズだったものの、直線で動きがちぐはぐになり、その後は伸びを大きく欠いてしまう。馬体を併せてびっしりと追われた点は評価出来るが、相手を交わせなかった点や脚もとに若干硬さがある点はマイナスとなる。

この脚もとの硬さがいかにもこの血統らしいが、まだまだ馬体は幼く、兄のような大物感は全く感じられないので、完成するまでにはもう少し時間がかかるだろう。

ウインマリリン

かなり地味な追い切りで馬体を含めて動きに関してこれといって目立つ点はみられない。全体的に線も細く、筋肉量が不足している点からしても評価するポイントが見当たらないので、重賞となると少し敷居が高い印象を受けてしまうが…。

ショウナンハレルヤ

安定した美しいフォームとキビキビとした躍動感のある動きは素晴らしく、馬なりで加速して相手2頭をまとめて面倒をみた点は高い評価が必要となる。ただ、地面を蹴る力が軽すぎる印象で、スピードがある分だけ力強さには大きく欠けてしまう走りとなっているので、気性面を含めて考えると距離延長となるオークス路線はどうも合わない気もするが…。

動きは決して悪くないが、馬体が寂しく、可動域の狭さと牝馬にしては動きに硬さがある点も割り引く必要があるので、距離が延びる今回の舞台ではあまり評価する事は出来なかったというのが最終的な答えとなる(距離短縮で要警戒)。

シャンドフルール

まだまだ身体の使い方がわかっていない事もあって全体的な動きが小さく見える。気性のコントロールが出来ていない点もマイナスで、その気性面の影響もあって脚と頸を出すタイミングが最後まで合わなかった。

スカイグルーヴ

同じ父を持つデアリングダクト同様にやはり追い切りは派手に動かない実戦タイプの馬。頭の高さと身体の使い方が上手くない点も非常に似ており、前向きさがあって走りに軽さがある点からするとこれでも動いている部類に入るのではないだろうか。

ただ、スピードに大きく欠けているような走りからすると少ながらず久々の影響はありそうで、こじんまりとした動きを見るとあまり奥深さも感じられないが…。前走から馬体が成長した様子もほぼ感じられないので、今回は能力の高さでどこまで、といった感じになるのでは。

実戦タイプの馬という事を考えると非常に評価が難しい追い切りとなったが、ここでは動きと馬体を評価している以上、この馬を強く推す事は出来ないので、今回は平凡という評価でお茶を濁しておく。

レッドルレーヴ

先週から動きが大きく一変した一頭。今週はフォームも非常に安定しており、脚と頸を出すリズムも抜群に良く見える。この厩舎なので負荷はかけてこなかったが、馬なりでスッと加速してスピードにも乗る事が出来ており、長く脚を使いながらも最後まで息があがらなかった点は高い評価が必要となるだろう。

柔軟な馬体と品のあるパーツはいかにもこの父らしいが、それ以上に荒々しい走りの中に感じるガツンとした気性がこの馬のエンジンの大きさを示しているので、よくありがちな単純なお坊ちゃま系のタイプではないのかもしれない。

これまでは人気先行型という評価で見ていたが、今週の動きと馬体を見るとちょっとその考えを改める必要がありそう。動きを見る限り相手に遅れを取った点は割り引く必要もないだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 フローラS(G2)>

スカイグルーヴ・レッドルレーヴを
脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

オークストライアルとして3着までがオークスの優先出走権が与えられる。17年モズカッチャン、16年チェッキーノはフローラSを優勝しオークスで2着に好走、13年エバーブラッサム(フローラS2着⇒オークス2着)、デニムアンドルビー(フローラS1着⇒オークス3着)、12年アイスフォーリス(フローラS2着⇒オークス3着)、11年ピュアブリーゼ(フローラS3着⇒オークス2着)、10年サンテミリオン(フローラS1着⇒オークス1着)、アグネスワルツ(フローラS2着⇒オークス3着)と過去10年でもフローラSで馬券圏内に好走した馬が本番でも8頭馬券に絡んでいる。

過去10年、ステップレース別(3着以内)の成績では500万条件【6.6.4】・未勝利【2.1.1】・フラワーC【0.3.3】・クイーンC【1.0.2】・アネモネS【1.0.0】と500万条件組が6勝を挙げ連対率も高い。重賞組より500万・未勝利の条件組の活躍が目立つ。

過去10年の平均配当では、馬連1万6220円、3連複5万5110円、3連単32万2320円と波乱。馬連万馬券は2度、馬連10万馬券が1度、3連単では100万馬券が2度、10万馬券以上が4度出ているように大波乱が多い牝馬重賞。二桁人気の伏兵馬が7頭も馬券に絡んでいる。

今年も牝馬重賞は的中ラッシュ、フィリーズRは昨年の15万馬券に続き[3連単11万9820円・3連複2万2190円・馬連3020円]パーフェクト的中を筆頭に桜花賞、チューリップ賞、クイーンCなどの的中!

オークストライアルのフローラSも競馬セブンが誇る情報班が既に確信の◎の激走情報を入手済!さらに人気薄濃厚、人気の盲点となる隠れ穴馬の存在が!波乱の立役者と成り得る隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク