【凱旋門賞2019予想オッズ】過去勝ち馬・穴馬

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は6日のフランス、ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞の予想を。エネイブル、ジャパン、ガイヤース、ソットサス、ヴァルトガイスト、フィエールマン、ブラストワンピース、キセキなどが出走する芝2400mのG1レース。

まずは本題の前に京都メイン、京都大賞典の本命馬を先に公開しておきます。

こちらのレースは間に合えばブログでも公開する予定ですが、凱旋門賞の予想が長引いてしまう可能性もありますので、その場合フル予想はnote内のみの公開となってしまうかもしれません。

京都大賞典

人気ブログランキングへ

案外波乱もありそうなレースなので、ここは相手込みで思い切って狙っていこうと思います。

では本題の凱旋門賞の話を。

凱旋門賞(G1)

2019年10月6日(日)16:05(日本時間 23:05)

フランス パリロンシャン競馬場

芝右2400m 3歳以上

負担重量:4歳以上=牡馬59.5kg、牝馬 58kg 3歳=牡馬 56.5kg、牝馬 55㎏

凱旋門賞は日本でも最も有名な海外のG1レースで、過去の勝ち馬にはモンジュー、ザルカヴァ、シーザスターズ、ワークフォース、デインドリームと当然のように名馬の名がズラリといった感じも、やはりオルフェーヴルが出走していた年に連覇したトレヴや、ここ2年エネイブルが連覇している事の方が有名なレースになるでしょうか。

個人的に印象に残っているのは忘れもしない99年の10月3日。

おそらく日本馬が最も勝利に近づいた年で、この先もこれ以上に惜しいと思えるレースは存在しないので、エルコンドルパサーがどれだけ偉大な馬だったかという事が今改めてわかる気がします。

自分もハープスターが出走した時に現地で観戦した事がありますが、日本の小〇い競馬場とはまるで違った異空間な世界が広がっていました。広い、綺麗、近いといった感じで、札幌競馬場をかなり大きくした感じの場所でしょうか。

このレースが日本でも購入できるようになって今年で4年目となりますが、16年◎ハイランドリール、17年◎クロスオブスターズで3連単を的中しているそこそこ当たる印象のあるレースですので、去年の悔しいハズレをすっきりと忘れる事が出来るような配当を当ててやりたいと思ってます。

なお、いつものように海外競馬のこちらのレースに関してはnote内での公開となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

今回は毎日王冠、京都大賞典の予想をブログで更新する時間が取れない為、この2レースもこちらのnote内にて公開しています。

前回行われた海外競馬、愛チャンピオンSはダメ予想でした。

愛チャンピオンS予想結果

1着〇マジカル
2着△マジックワンド
3着▲アンソニーヴァンダイク

7着◎エラーカム

オッズをみてマジカルから本命を変更したのが全てでした。ベタに当てに行く買い方をしていれば本線で引っかかったのですが、タラレバを言っても何も始まらないのが競馬。穴として面白いと思っていた△マジックワンドの評価を下げてしまった事も大失敗だったので、今回はこれらの失敗を活かして何とか結果を出したいと思います。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

ブックメーカーオッズ

左からコーラル、パディーパワー、ラドブロークス

エネイブル 1.7 1.7 1.7

ジャパン 6.5 7.0 6.0

ソットサス 7.0 7.0 7.0

ガイヤース 11 11 10

マジカル 11 13 13

ヴァルトガイスト 17 13 17

ブラストワンピース 26 34 34

フィエールマン 34 26 34

フレンチキング 51 34 51

キセキ 51 51 51

1人気は前代未聞の凱旋門賞3連覇が懸かっているエネイブル。コーラル、パディーパワー、ラドブロークスの三社共に1倍台の圧倒的人気となっているが、おそらく日本のオッズでは1倍台前半の人気になる事が予想されるので、1.7倍で買えるのであれば美味しいのかもしれない。

2人気はG1を連勝しているジャパン。6~7倍のオッズとなっているが、名前が名前なだけにこちらも日本のオッズではもう少し人気になると思うので、単勝は海外のオッズの方が美味しいのではないだろうか。

続いてソットサスが10倍を切るオッズとなっており、ガイヤース、マジカルがそれに続く形となっているが、日本ではブラストワンピース、フィエールマンがこの3頭の間に入るようなオッズになるのでは。おそらくこの5頭が8~15倍ぐらいのオッズになると予想する。

ブックメーカーオッズではキセキは全く人気はないが、日本では単勝だけはそれなりに売れる事になると思うので、この馬がヴァルトガイストと同じようなオッズになりそう。

最後に凱旋門賞の穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

前回の愛チャンピオンSでは人気薄のマジックワンドを指名。今回のこの馬もメンバーが揃ったここならあまり人気になる事はないと思うが、それなりに買い材料は揃っているので、激走する態勢は整ったと思っていいのでは。穴として必ず印は打っておきたい一頭と言えるでしょう。

毎日王冠、京都大賞典、凱旋門賞の予想はこちらから。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては秋の天皇賞へ向けた西の重賞なステップレースであったが、古馬中長距離路線もより細分化されることになり、2400mという距離から、天皇賞よりもジャパンカップ、有馬記念、牝馬であればエリザベス女王杯を意識する陣営の参戦が大半を占めるようになった。

やはり別定戦のG2と言うべきか、万馬券的中となった去年はサトノダイヤモンドが制し、キタサンブラック(2016年)、ラブリーデイ(2015年)など、近年の勝ち馬にはGⅠ馬が名を連ねるように、決してレベルの低いレースではない。

だが、今年の出走予定馬の中にGI馬の名が見当たらず、例年よりも頭数が多く、フルゲートもあり得る様相。例年とは違ったレースになることも、頭に入れておく必要があるだろう。

無論、前哨戦である以上、GIに向けた叩き台に徹する陣営もいれば、「本番では足りないのでココで勝負!」と勝負をかけてくる陣営も存在する。しかし、マスコミや新聞に出す陣営のコメントは、本音ではなく建前であることがほとんど。誰の目にも触れることができるだけに、危険コメントを出してスポンサーである馬主に余計な不快感を与える必要もなければ、他陣営から勝負気配を悟られてむざむざマークをキツくする必要がないからだ。

そもそも、近年の馬の仕上げは外厩主導、マスコミでは取材の手が及ばぬ部分で、確かな馬の状態、陣営の本音など、裏付け取りができない、無論、シンクタンクは早くから外厩の存在に注目し、しっかりと情報を収集できる態勢を整えている。

そこで、今週は京都大賞典の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに無料公開させていただく。今後のGI戦線を占う上でも重要な1戦、しっかりと情報には目を通しておいた方がいい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク