【五稜郭ステークス2018予想】本命スティッフェリオ

スポンサーリンク


こんにちは。

続いて土曜の函館メイン、五稜郭ステークスの予想を。ギブアンドテイク、ショウナンマルシェ、トレクァルティスタ、ドレッドノータス、マイスタイル、メイショウフェイク、ワールドレーヴなどが出走する芝2000mの1600万クラスのレース。

今週は珍しく土曜に買いたいレースが大量にあるのでどのレースを書くか迷いましたが、単純に相性の良い函館、その中でも注目度の高いメインという事でまずこのレースを選択しました。ただ、馬場が不透明な競馬場もありますので、勝負したいというよりも軽く広く買いたいという感じなので、先週のように当てるレースは当てて、事故を待つレースは事故を待つという感じで攻めていこうと思います。

週末の重賞の追い切り、予想の記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 七夕賞(G3)>

夏の福島の名物ハンデ重賞である七夕賞。ローカル開催場のハンデ戦で「荒れる重賞」と 言われている。過去10年の平均配当でも、馬連8380円、3連複5万0020円、3連単28万0180円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が1度、10万馬券以上も5度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

昨年の七夕賞も馬連1420円、3連複6180円、3連単2万1540円のパーフェクト的中!競馬セブンでは今年も万券的中のキーホースとなる激走情報馬の存在を極秘入手!週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

五稜郭ステークス

本命はスティッフェリオ

前走の北斗特別はすんなりハナを切れたとはいえ、レッドレグナントなどを千切って勝利した内容は勿論ではあるが、ハンデ57キロを背負っていた事を考えると着差以上に強さを感じたレース。1000万クラスへの降級戦だった事を差し引いたとしても評価出来る内容だった。

美浦ステークスでも先着を許した相手はサーブルオール、レッドローゼス、ドレッドノータス、インヘリットデールとなかなか強力で、この時もラストはそれなりに脚を使って伸びており、この日と前走のレース内容を考えると能力はまず準オープンでも通用するだろう。

ここも相手は決して弱くないが、逃げる馬を見ながらある程度の位置でレース運びが出来そうな点と、この馬の洋芝適性の高さを考えれば馬券に絡む確率は高いとみた。

対抗に人気ブログランキングへ

前走は負けはしたもののなかなか強い競馬をしており、過去にはかなり強力な馬を相手にそれなりの結果を残しているだけにここも注意が必要となってくる。洋芝適性も問題なく、前がそれなりに流れそうな今回は展開面の恩恵も受ける事が出来そう。勝ち切るとすれば今回ではないだろうか。

対抗はマイスタイル

前走は紫苑ステークス2着のカリビアンゴールド相手に快勝。2走前の重賞、新潟大賞典でも差す競馬になりながらも勝ち馬からは0.4秒差の競馬をしており、福島民報杯では楽とは言えない展開の中でも勝ち馬とはタイム差なしの2着と準オープンなら当然能力上位の存在。

過去のレースもそうだが、ダービーや弥生賞のようにとにかく自分の形であればしぶとい馬なので、ここも逃げる形であればそう簡単に止まることはないだろう。

◎スティッフェリオ
人気ブログランキングへ
▲マイスタイル

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 七夕賞(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の恒例イベントである『サマー2000シリーズ』の開幕を飾る七夕賞。シリーズチャンピオンに与えられる褒賞金(ボーナス)は馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円となっており、関係者にとって魅力十分なものであることは間違いない。

チャンピオンになるためには対象レースに2度出走し、1つは勝利することが最低条件となる。七夕賞~新潟記念までは約2ヶ月間しかなく、全てのレースに出走することは難しい。ましてや、どのレースも最高の状態で送り出すことはホボ不可能と言える。だから、本気でチャンピオンを狙う陣営は”どこで勝負をかけるのか”に思惑を張り巡らすのだ。

しかし、公正競馬を謳う以上、表立って『ココが勝負』というコメントも『ココは叩き台』とハッキリ“ヤラず”を宣言するようなこともない。さらに、夏競馬期間中は記者が各地に分散し、いつも以上に人手不足が巻き起こっている。コメントや調教時計の使い回しなどは当たり前、どの紙面を見ても同じような内容が並ぶように、マスコミから得られる情報だけでは、各陣営の本音を入手出来ない状況にあるのだ。

七夕賞はハンデ戦という一般ファンにとっては輪をかけて難解なレースとなっており、万馬券決着、10万馬券以上も当たり前。しかし、こんな“難解”“混戦”と言われるレースほど、我々シンクタンクにとっては絶好のチャンスと言える。実際、混戦と言われていた安田記念では9番人気モズアスコットを、宝塚記念では10番人気ワーザーを本命視してズバリと的中をお伝えしている。人気の有無に関わらず“買える馬”を的確に狙えるのは、確かな情報力があるからこそなのだ。

多くの競馬ファンに『本物の関係者情報』の存在を知って頂き、競馬や馬券の楽しさを知ってもらうべく、今週は当社シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り【七夕賞・3連単勝負馬券】を無料公開する。もちろん、新聞には載らないような裏ネタも既に入手しているので、是非とも馬券検討の参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 七夕賞(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク