【グリーンステークス2018予想】本命ステイパーシスト

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の阪神メイン、グリーンステークスの予想を。アドマイヤエイカン、グランドサッシュ、サイモンラムセス、レジェンドセラー、ペンタトニック、マコトガラハッドなどが出走予定の1600万クラスのハンデ戦。

安田記念に関する記事やその他の予想に関してはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

グリーンステークス

本命はステイパーシスト

前走の湾岸ステークスでは見せ場をつくる事なく大敗しているが、もともと間隔を詰めて使うと硬くなってしまうタイプで、実際にパドックで馬を確認しても歩様が硬さが目立っており、いつもの覇気も感じない、いわゆる馬が出来ていない状態での出走だった。

これまでも間隔を詰めて使うと本来のこの馬の力が発揮出来ず大敗するという事は何度もあり、その癖を考えると前走の大敗もある意味いつもの事と解釈出来るので、8着という着順は全く気にする必要はないだろう。

3走前のグレイトフルステークスでは後に日経新春杯を勝ち、先日の目黒記念で3着に入線するパフォーマプロミスから0.2秒差の競馬をしており、この時本馬が通ったコースなどを考えると3着とは言えそれなりに強い競馬だったと言え、過去にはダイヤモンドステークスで2着に入線したリッジマンを相手に圧勝した実績もあるので、1600万クラスでは明らかに能力上位の馬と言えるだろう。

今回は初の関西での競馬が課題となりそうではあるが、極端にテンションが高くなるタイプでもないので大きく馬体重を減らさない限り好勝負に持っていけるとみる。坂を苦にするタイプではないので阪神コースは歓迎だろう。

対抗は人気ブログランキングへ

スパっと勝ち切れるようなタイプではないかもしれないが、これまで戦ってきた相手もなかなか骨っぽくコース実績もある馬なので、ここも能力通りであればまず恥ずかしい競馬にはならないのでは。枠も良い所を引けたので相手本線はこの馬でいい。

▲にレジェンドセラー

こちらもオリオンステークスで本コースは経験済み。更にその時の5着馬が目黒記念2着馬のノーブルマーズという事を考えると本馬も1600万クラスであれば能力は抜けているだろう。ただ、調教師が馬の出世を妨げている事は間違いないので、その分の減点は常に必要となってくる馬。

◎ステイパーシスト
人気ブログランキングへ
▲レジェンドセラー
☆ペンタトニック
△グランドサッシュ

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[4.1.0.5]、2人気[2.1.0.7]、3人気[0.2.2.6]。1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むG1・6勝)、09年ウオッカ(G1・7勝)の名馬4頭。G1で主役を張る実力馬ばかり。

昨年の1人気イスラボニータは8着に敗れ7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。一昨年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12任期クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が8度と人気馬同士の決着にが少ない荒れるG1である。

過去10年の年齢別の成績では6歳馬4勝を挙げている。6歳馬の優勝馬は昨年のサトノアラジン、16年ロゴタイプと2年連続で優勝。5歳馬ではジャスタウェイ、ロードカナロア、ウオッカなどの優勝馬がいる。出走頭数の多い5.6歳馬の活躍が目立つ。

昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!
今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きG1連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組みからは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどG1馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。昨年は馬連で万馬券的中の安田記念、今年も帯封獲得可能な勝負情報を入手しているのでお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク