【グリーンステークス2019予想】本命マイネルヴンシュ

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の阪神メイン、グリーンステークスの予想を。タイセイトレイル、ネプチュナイト、ララエクラテールなどが出走する芝2400m3勝クラスのレース。

少頭数での競馬となりましたが、同じく少頭数だった先週の安土城ステークス、白百合ステークス共に上手くいきましたので、ここも案外荒れるかもという考えで攻めていこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第69回 安田記念 (G1)

昨年は9番人気の関西馬モズアスコットが激走して


3連単【6万3280円】決着


最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

安田記念の3連単勝負買い目

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

グリーンステークス

本命はマイネルヴンシュ

先週の目黒記念に登録があったのでそこで本命を打つつもりだったが、結局回避してここを使ってきた(馬券的には本馬の回避がプラスに出たのでこれはこれでよかった)。

この馬に惚れたのは大雨となった菊花賞の返し馬で、馬場を嫌がって上手く走れない馬がゴロゴロ出てくる中を、ただ一頭魚のようにスイスイと滑らかに、そして豪快に力強く走っていた姿は今でも鮮明に覚えている。

あの返し馬を見た瞬間に馬券に絡まない訳がないと思ったものの、結果は中途半端すぎる4着まで。ただ、あの位置、あの馬場で4着まで追い上げた内容は何度見ても素晴らしいと感じるもので、もう少し位置取りがまともならまた結果が違った可能性は高かったと思っている。

その後は重賞で活躍する馬を相手にして善戦するも、故障が判明して一年以上を棒に振ってしまうが、長期休み明けとなった潮来特別でいきなり2着に好走し、そして前走の安房特別でトップハンデを背負いながらも2着馬に2馬身差をつけて快勝と、やはり秘める能力は重賞級と思っていいだろう。

今回は無難に3勝クラスのレースを使ってきたので、普通に人気でも逆らう必要はないのでは。出来ればここをあっさりクリアして宝塚記念へ駒を進めてもらいたい。

対抗は人気ブログランキングへ

少頭数の割に点数を絞るのが難しいレースだが、ここは先週の安土城ステークスや白百合ステークスのように当てに行くよりも回収する事を優先した方が良さそうなので相手はこの馬一点に絞って買いたい。

前走は少し物足りない結果となったが、2走前のレースレベルがなかなか高く、あの競馬が出来るならここでは能力上位と言える存在だろう。硬くなりやすいタイプなので今回のローテもプラスになる可能性が高い。ここは巻き返しに期待する。

◎マイネルヴンシュ
人気ブログランキングへ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 安田記念>

アーモンドアイ陣営が恐れる穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、一昨年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が7度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGIである。

東京芝1600MのGI戦ではNHKマイルC・馬連1万7200円、3連複9万7390円、3連単41万0680円の特大馬券的中や、ヴィクトリアマイル・馬連3700円的中と本年度も2戦2勝!一昨年の安田記念も7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!

今年は昨年の牝馬三冠馬アーモンドアイが参戦。その他でもダノンプレミアム、アエロリット、ステルヴィオ、モズアスコット、ペルシアンナイト、ケイアイノーティックなどのGI馬が7頭スタンバイ!ドバイターフを優勝しGI5連勝中のアーモンドアイが断然人気となるが、海外遠征後の状態は!?荒れるGI競走でもあり波乱の立役者となる伏兵の激走はあるのか!?最終ジャッジは競馬セブンにお任せください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク