【ハイセイコー記念2020予想】本命ジョーロノ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は17日の大井メイン、ハイセイコー記念の予想を。パストーソ、マカベウス、グランニコラシカ、ランリョウオー、アランバローズなどが出走するダート1600mのS1レース。

S1レースらしくここはかなりの好メンバーが揃いました。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われた地方、ローレル賞はド本線ではありませんでしたが、◎ケラススヴィア△セカイノホシ▲ナジャで単勝、3連複、3連単、馬連、馬単まで的中して大回収に成功したものの、翌日に行われたロジータ記念は〇ルイドフィーネ◎アクアリーブルと本命対抗で決着するも無念の相手抜け。

本命対抗馬の馬連1点をボーナス感覚で購入するも、当然のようにここは大トリガミだったので、もう少し上手く馬券を組めていれば、という結果でもありました。

ただ、好調続きの地方の勢いはまだまだ止まった訳ではありませんし、何より先週は中央でも武蔵野ステークスの◎ソリストサンダーで20万馬券、福島記念の◎バイオスパークで1.9万馬券を綺麗に的中するなど、全体的に大きく波に乗ってきた印象を受けるので、当然今週は先週超えを目指せたらと思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイルCSは仮にサリオスが絡んでも万馬券!

有力馬も穴馬も本当に買わなければいけない5頭を教えます!

【マイルCS注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【マイルCS注目穴馬】

 ハイセイコー記念

本命はジョーロノ

これで鎌倉記念、そして前走の平和賞に続いて3戦連続での本命。2走前の鎌倉記念の内容が非常に優秀で、最終コーナーでピースフラッグに並びかけられる厳しい展開になりながらも直線ではピースフラッグを競り落として3着に粘る強い競馬をしており、更にこの時は差し馬が上位を占める流れだったという事を考えると馬券に絡んだ馬の中で一番強い競馬をしたのは間違いなく本馬だった。

前走の平和賞でもまたまた先行馬には厳しい展開になってしまったが、マカベウスに抜かれたタイミングでもう一度スイッチが入り、その後盛り返すような仕草を見せていたので、最後の勝ち馬との手応えの差はあったにしろ、しっかりと2着を確保してきた事を評価すべきレースと言えるのでは。

今回はこの馬よりも速そうな馬がいる点や大井へのコース替わりなどクリアしなければならない課題はそれなりにあるが、ここまで相手にしてきた馬のレベルの高さや1600mへの適性を考えると大崩れする事なく無難に結果を残してくるのではないだろうか。

対抗は人気ブログランキングへ

大井の1600mで大きくパフォーマンスを上げてきそうな本馬が安定の対抗。前走も多少展開は向いたものの、最後の手応えや抜け出した時の脚色を見るとまだまだ上を目指せるだけの存在だと思うので、相手強化のここもまず不発はないだろう。前走以上に前がそれなりに流れそうなので、展開面もこの馬に大きく味方するとみた。

▲にランリョウオー

浦和でジョーロノには完敗しているが、その後距離を延ばして大きくパフォーマンスを上げ、更に前走のコース替わりでかなり強い勝ち方をしたように、立ち回りの上手さをあまり必要としないコース向きのタイプなのだろう。もしかすると距離はもう少し長い方が合うかもしれないが、大井の1600mなら極端に割り引く必要はない。

☆にアランバローズ

ゴールドジュニアで平和賞を快勝したマカベウスをぶっちぎっているように、スピードを問われる展開になればこの馬が強そう。ただ、今回のマイルへの距離延長がプラスになるとも思えないので、一応半信半疑の4番手としてみた。

◎ジョーロノ
人気ブログランキングへ
▲ランリョウオー
☆アランバローズ
△パストーソ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第37回 マイルCS(GI)>

グランアレグリアを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

秋のマイル王決定戦となるマイルCS。GI2連勝中グランアレグリアがGI4勝目を狙い出走。距離適性を考慮し菊花賞には向かわず毎日王冠からマイル路線でGI2勝目を狙うサリオス、昨年の春秋マイル王インディーチャンプも安田記念から直行で連覇狙い。桜花賞・NHKマイルCを連続2着のレシステンシア、NHKマイルCの覇者ラウダシオンやダノンプレミアムなどもスタンバイ!

過去10年、関東馬で勝利したのは18年ステルヴィオ、15年モーリスのみ。東西別の成績では関東馬【2・2・2・48】関西馬【8・8・7・98】と圧倒的に関西馬の活躍が目立つ。

人気別の成績では、1人気【0・3・2・5】、2人気【1・3・0・6】、3人気【2・3・0・5】と上位人気馬は3勝のみで1人気の優勝はなし。

平均配当では、馬連4520円、3連複1万5830円、3連単11万7170円。伏兵馬では11年フィフスペトル(11人気2着)、10年エイシンフォワード(13人気1着)、2頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

ステップレース別の成績では富士S組が3勝、毎日王冠組が2勝、その他天皇賞秋組、スワンS、スプリンターズS、安田記念、京都大賞典、がそれぞれ1勝を挙げている。

勝利馬3頭を含む7連対の富士S組の好走が目立つ。また、過去にはダイタクヘリオス、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャーが連覇しており、リピーターの好走が多いのも特徴。近年でもペルシアンアイト、イスラボニータ、フィエロ、トーセンラーなどが2年連続で馬券圏に好走している。

競馬セブンでは昨年も◎ダノンプレミアムから馬連840円・3連複3200円・3連単1万6580円パーフェクト的中!一昨年も◎ステルヴィオから馬連3220円・3連複5480円ダブル的中!今年は8頭のGI馬が参戦し熾烈な戦いが繰り広げられる。実は競馬セブンでは有力馬の危険話や人気薄隠れ穴馬の大駆け情報を極秘入手済!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイルCS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第37回 マイルCS(GI)>

グランアレグリアを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク