【函館2歳ステークス2020予想】本命リキサントライ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、函館2歳ステークスの予想を。モンファボリ、カイザーノヴァ、ラヴケリー、ホーキーポーキー、フォルセティなどが出走する芝1200mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週は先週の巻き返しを狙いたいところですが、昨日ずっと一緒だったペットが亡くなってしまい、記事を書く事もままならない状況。

食事も喉を通らない感じですので、さすがに覇気も元気もありませんが、いつまでもこの状況を引きずってしまうのもどうかと思いますので、今週も気合いで更新します。

中京記念の穴馬3頭

中京記念(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

中京記念の予想を無料で見る

函館2歳ステークス

本命はリキサントライ

毎年この記事になれば呪文のように言っているが、2歳戦は能力以上に経験値がモノをいう事が多いので、今年一発目の2歳重賞もまずは経験値重視で印を打ってみる。

本馬は差す競馬、逃げる競馬を経験出来ている点と数を使われている点(負けを経験出来ている点)、そして異なる展開、馬場を経験出来ているという点を評価して印を最上位にしてみた。

前走は内枠をフルに活かす競馬が出来た事は勿論ではあるが、コーナーで後続馬に並ばれる展開になりながらも直線では並びかけてきた相手を突き放して逃げ切っており、3着馬であるハクビ(いつでも未勝利は勝てるだけの馬)につけた着差を考えると地味でもそれなりに能力は高い印象を受けるので、あの内容からすると多少相手が強くなっても上位に食い込めるだけの力はある馬と言えるだろう。

今回は再びこの馬の立ち回りの上手さを最大限に活かせる最内枠を引き当てる事が出来たので、道中内で上手く脚を溜める競馬に持ち込む事が出来れば最後は末脚が爆発する事も十分考えられるとみた。

母ドリームピーチは現役時代に洋芝を得意としていた馬でもあるので、その血を引く本馬も今回の舞台設定に関してはツボの可能性も。

対抗は人気ブログランキングへ

前走の勝ち時計、そして血統背景からするとここも上位争いに加わってくる一頭だと思うので、後はお荷物の鞍上が上手くエスコート出来るかどうか。枠はもう少し内が欲しかったが、番手からでも普通に競馬が出来る馬だと思うので、ある程度の位置を取ってしまえば最低でも馬券圏内は確保してくるのでは。

▲にホーキーポーキー

本命馬との比較になると経験値は高い馬とは言えないが、負けを経験出来ているのはまずプラスに転ぶと思うので、初戦のような競馬に持ち込めば今回の相手でも十分上位に食い込めるだけの存在と言えるか。

☆にラヴケリー

初戦は展開に恵まれた感はあるにしろ、相手につけた着差は決定的なもの。2歳重賞、それも短距離向きの血統なので、狙うならここか小倉2歳ステークスという事になるのでは。

◎リキサントライ
人気ブログランキングへ
▲ホーキーポーキー
☆ラヴケリー
△モンファボリ
△ニシノエルザ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

小回りで枠や脚質の有利不利が出やすいローカル競馬場でハンデ戦と、紛れが生じやすい条件が揃っているように、函館記念も過去10年全て万馬券決着、その内7回が10万馬券以上と、ハッキリと“波乱”の傾向が出ている。

先の条件の他にも、函館記念はいくつか押さえておかねばポイントがある。

まず、北海道シリーズは“滞在競馬”であることだ。美浦や栗東で仕上げ、直入で出走する馬も少なくはないが、レース直前に輸送がないことは、多くの競走馬にとってメリットとなる。

輸送で体がガレてしまう、テンションが上ってしまう馬が、滞在競馬では「まるで別馬」となり、本来の能力をフルに発揮すこともしばしば。事情を知らない一般ファンからしてみれば“激走”に見えるだろうが、実は必然の好走というワケだ。

また、“洋芝”で行われことも見逃してはならない。今年の函館は開幕直後、高速決着となっていたが、洋芝と野芝が別物であることには変わりない。前走野芝で凡走していた馬が、得意の洋芝でガラリ変身することもある。

何より重要なのが、夏競馬期間は取材する記者が不足しており、特に北海道の場合、コメントや調教時計を全ての新聞社で使い回すのが当たり前。現地の関係者曰く「あんなのアテにしたらアカンで」という新聞のコメント欄や、一般に出回るマスコミの情報を鵜呑みしていては、獲れる馬券も獲れなくなる。

一方、弊社シンクタンクは、各関係者に電話、メール、LINEなど個別に連絡とって話を聞くことができる情報ルートがしっかりと存在する。

一般マスコミの取材が疎かになる夏競馬期間中は、まさに絶好の儲けドコロで、波乱となった先日のラジオNIKKEI賞では、馬連1万1240円、3連複2万2480的中をしっかりと手にしているのだ。

本物の関係者情報を入手することが困難な多くの競馬ファンのために、今週は函館記念で弊社が掴んでいる情報を特別無料公開。「馬券候補が絞れる!」と大好評の【情報注目馬5選】もあわせて公開するので、馬券を買うつもりであるならば、ぜひともチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 函館記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク