【函館記念2018予想オッズ】穴馬・ブラックバゴ馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は函館記念に出走を予定している穴馬、ブラックバゴの馬体診断の記事を。

函館記念の追い切りに関する記事、その他競馬予想に関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 函館記念(G3)>

過去にはエリモハリアーが3連覇するなど、洋芝巧者が活躍する北海道名物のハンデ重賞。直近3年でも波乱続きで二桁人気馬が馬券に絡んでいる。昨年はタマモベストプレイ(14人気2着)、16年ケイティプライド(13人気2着)、15年ハギノハイブリット(10人気2着)と伏兵馬が波乱の立役者となっている。

競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる激走穴馬の存在をスクープ!「洋芝適性があるから連れて行く」と当初から狙いを定めていたとある陣営の勝負駆け情報は紙面上には絶対に載らない裏のヤリ話!激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報がお見逃しの無いようにご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

函館記念馬体診断

ブラックバゴ

五稜郭ステークスのパドック

馬体重516キロ、前走からマイナス10キロ。大きく馬体重が減っているが太め感は全くなく、とにかく脚捌きがスムーズで、骨格の割に軽さが目立っていた。

仕上がり関しては完璧で、可動域が非常に狭く、歩様が硬かったジューンステークスからは馬が一変しており、毛艶、トモの張り、馬体のバランスと全てにおいて隙がない。

バゴ産駒らしく脂肪がつきやすい身体ではあるが、それ以上に性格がおっとりとしたタイプなので、休み明けからいきなりというタイプではない事もジューンステークスの結果に影響していたが、使われた事でここまで馬がガラッと変わるタイプも珍しい。

ただし、この馬に関しては性格に加えて胸骨と坐骨結節がとにかく動かないタイプで、使われて馬を活性化させたり坐骨結節を滑らせる事も重要ではあるが、暑くなってしまうとここが余計に硬くなって地面を踏み込んだ後の返しまで影響が出るような極端なタイプなので、ここはかなりの注意が必要となってくる。

中山金杯のパドック

馬体重530キロ、前走からプラス14キロ。少し間隔はあいていたが、仕上がりに関しては上々も、数字が示す通り少し太め残りではあった。代謝が影響してなのか、とにかく馬体をつくるのが下手なタイプで、先ほど触れた坐骨結節の件も含めて好走するにはあらゆる条件を揃える必要がある少し難しい馬。

今回は馬の特徴を考えると前走から間隔があいている事、そして時期的なものが課題となるが、去年の同時期の五稜郭ステークスを勝っているように、涼しい北海道での競馬はプラスか。

ただ、これだけ間隔があいているのは決してプラスとは言えず、去年も6月に一度使われてからの競馬だったので、今年は去年の北海道の時のように簡単に結果を出す事は出来ないだろう。

最終的には追い切りの動きで判断したいが、現時点では多少疑いの目でみたい1頭。ある程度注目を集める穴馬という事になりそうではあるが、個人的には逆の意味で注目している。

予想オッズ

トリコロールブルー 3.4倍
スズカデヴィアス 5.5倍
サクラアンプルール 6.2倍
ブレスジャーニー 7倍
エアアンセム 8.8倍

1人気はトリコロールブルーになると思うが、2人気以降は混戦。ハンデで嫌われそうではあるが、実績からスズカデヴィアス、サクラアンプルールが続く事になると思うが、ブレスジャーニーなどもそう大きな差はなく上位人気に支持される事になるか。

最後に函館記念の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

こちらも枠順次第にはなるが今回の舞台であれば面白いでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 函館記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1番人気は11連敗中、2年連続で馬連万馬券決着と、ローカルのハンデ重賞らしく波乱が大前提となっている函館記念。これは決して偶然の結果ではなく、ハッキリと“荒れる理由”が存在するのだ。

まず、北海道シリーズは直前に輸送がない“滞在競馬”であること。例年、北海道シリーズだけ活躍する馬というが存在するのは、極端に輸送が苦手な馬や函館の涼しい気候が合う馬が全能力を発揮することができるからだ。

同様に“洋芝”であることも見逃せない点だ。近年は函館も高速化が進んでいるとは言え、同じ芝でも洋芝と野芝では適性の違いが出てくることに違いはない。大敗馬がガラリと変わり身を見せるのも、こうした様々な要因が絡んでいる。

そして、波乱の片棒を担いでいるのが人手不足の一般マスコミ。今年は関西の某競馬新聞社が休刊となったことで、人手不足がますます深刻になっているのが実情だ。夏競馬期間中は各地に記者が分散するので、各社が協力して想定、時計などを分担し、それを共有して新聞を作成しているのだが、1社なくなって人員が減ったとなれば負担が大きくなるのは自明の理。「今年の函館の時計はいつも以上にアテにならんぞ」と現地の関係者から報告も入っている。新聞や世間に流れる情報がアテにならないことも、高配当決着が続出している理由の一つと言えるのだ。

そんな状況だからこそ、現地にも情報ルートを派遣してしっかりと話を聞き出している当社シンクタンクの情報が生きる。昨年は5番人気1着のルミナスウォリアーを本命視し、一昨年は13番人気2着の激走穴馬・ケイティープライドの”ヤリ話”を関係者から入手して、馬連1万0890円をズバリ的中させている。

ここまで読んで頂いた賢明な方々であれば、世間に流布する情報に惑わされて馬券を買うことは避けたいはず。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用される方に限り【函館記念・3連単勝負馬券】を無料公開させて頂く。当社だからお伝えできる『本物の関係者情報』を、是非とも体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 函館記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク