【函館記念2019予想】+バーデンバーデンカップ、名鉄杯

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜函館メイン、函館記念の予想を。エアスピネル、ステイフーリッシュ、レッドローゼス、マイスタイル、スズカデヴィアス、メートルダールなどが出走する芝2000mのG3レース、ハンデ戦。

土曜は微プラだった事もあって今日は勝負したいところですが、強く勝負したいレースは見当たらない事と例のように予想に時間をかける事が出来ないので、軽く買って事故を待つような買い方で攻めていこうと思います。

まずは函館記念の予想の前に中京メイン、名鉄杯の予想と福島メイン、バーデンバーデンカップの予想を。ここは昨日に引き続きシンプルな馬券で勝負します。

名鉄杯

スマハマ

休み明けでもリステッド競争であればこの馬が強い。前走の東海ステークスで先着を許した2頭は相当強かったが、相手の能力を考えるとそれも仕方なし。今後に向けて今回は何としても結果が欲しい。

◎スマハマ
〇ジョーダンキング
▲アイファーイチオー
☆クイーンマンボ

バーデンバーデンカップ

人気ブログランキングへ

前走は展開と外が伸びる馬場に泣いたが、真逆の競馬になりながらもしっかりと見せ場をつくった本馬が平坦コース替わりで巻き返してくるとみた。普段は嫌いたくなる今回の乗り替わりは舞台設定を考えるとマイナスにはならないとみる。

人気ブログランキングへ
〇レジーナフォルテ
▲アンヴァル
☆イエローマリンバ

3点勝負買い目を無料公開

函館記念

本命はポポカテペトル

前走の目黒記念は全く見せ場をつくる事なく大敗しているが、展開、馬場、骨折明けと何もかも条件が揃わなかった中での結果なので着順やレース内容などは全く気にする必要はないだろう。

休み明け前にはルックトゥワイスにも先着しており、18年の目黒記念では勝ち馬から0.2秒差の4着とここまでの実績を考えると重賞のタイトルが手に届くところまできているのは間違いない馬なので、後は力を出せる出来にあるかどうか、この一点に尽きると思うが、中間の動きをみる限り出来はかなり上向いている印象で、前走時に多少緩いと感じた馬体もしっかりと引き締まっているだけに、久々を使われた上積みは相当大きいと思っていいのではないだろうか。

今回は初の洋芝への適性が課題となりそうだが、超極悪馬場で行われた菊花賞で3着に入線したように、ディープインパクト産駒でも母のゴーンウエストの血が強く出た力のいる馬場を得意とする馬で、兄マウントロブソンの持ち場を考えても洋芝替わりはまずプラスに出る可能性は高いとみる。

こちらが想像していた以上に単勝では人気を集めている点は気になるが、連ベースではそれほど人気になっていないので、ここは相手込みで予定通り思い切り振り回していく。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は案外な結果に終わったが、展開と道中の不利を受けての着順なので力を出し切っての結果ではない事は確か。鞍上が悲惨すぎる事もあって強気な事は言えないが、ハンデも軽くなる今回は普通に考えれば巻き返してくると思うが…。洋芝適性も高く、これまで相手にしてきた馬のレベルを考えるとあっさりまであっても驚けないが、何度もいうように鞍上が悲惨なので、期待は程々にしておく。

▲にアメリカズカップ

巴賞は7着に敗れてしまったが、結果的に早めに先頭に立つ強気な競馬が仇となった感じで、展開を考えるとよく頑張っていた。久々にらしさが見られたが、あの競馬を見る限りだと今回のコースは合っていそうなので、穴をあけるなら前走を使われてのこのタイミングだろう。

☆にレッドローゼス

これまでハイレベルな条件戦で揉まれた経験を考えると初重賞の今回も格負けする事はないだろう。馬場を選ぶタイプなだけに不安が全くない訳ではないが、まともな条件であれば大崩れする事なく走ってくるのでは。鞍上が嫌われそうだが、馬とコースを考えると間違いなく手は合うタイプと言える。

◎ポポカテペトル
人気ブログランキングへ
▲アメリカズカップ
☆レッドローゼス
△メートルダール
△ゴールドギア
△エアスピネル
△ステイフーリッシュ
△アーバンキッド
△ドレッドノータス
△ブラックバゴ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 函館記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ローカルのハンデ重賞は『紛れやすい』とのイメージを持つ人も多いだろう。事実、この函館記念も1番人気が12連敗中で、過去10年で馬券になったのが1頭のみと大苦戦している。実績馬上位で人気を集めるトップハンデ馬も同様に振るわない。世間一般的には“難解”なレースとして認識されている。

しかし、函館記念のポイントをいくつか抑えておけば、馬券に絡む可能性が高い馬を見つけ出すことは決して困難ではない。

まず、北海道シリーズはレース直前に輸送がない“滞在競馬”であること。極端に輸送を苦手とする馬にとっては前日輸送すらないことは大きなプラスとなる。また、涼しい北海道の水が合うことで状態がグンと上がり、本来持っていた能力をフルに発揮できる馬が出てくるわけだ。

また、“洋芝”であることも重賞なポイントだ。馬場造園課の努力もあり、近年は函館でも速い時計が出るようになったとは言え、野芝と洋芝が別物であることには変わりない。前走野芝で大敗していた馬が、得意の洋芝で水を得た魚が如く変身することもある。

そして、何より重要なのが、一般マスコミの取材不足による情報の乏しさだ。夏競馬期間中は東西トレセンから人が分散し取材を行うわけだから、どの競馬場でも人手が足りなくなるのは明らか。しかも、年々、競馬新聞社の数が少なくなり、慢性的な人手不足が続いているのだから、まともな取材などできようがない。特に北海道では、コメントや調教時計を全ての新聞社で使い回しており、現地の関係者の間では「あんなのアテにならんで」というのが常識なのだ。一般ファンのほとんどは、こんな取材の過程で伝えられる情報を見て買うのだから、このレースが荒れるのも当然と言えよう。

無論、当社シンクタンクは普段同様、現地の関係者からしっかりと話を聞き出せる態勢が整っており、一般マスコミとは情報力の差は段違いだ。事実、去年は5番人気エアアンセム、一昨年は5番人気ルミナスウォリアー、3年前のマイネルミラノに4年前のダービーフィズと、当社の◎本命馬が4年連続勝利しており、馬連万馬券決着となった2016年には13番人気ケイティープライドの勝負話も掴んでズバリ的中をお伝えしている。

今年も既に情報的に注目すべき馬や、馬券になる確率が高そうな馬をマーク済み。そこで、今週は一般に難解と思われる函館記念の【情報注目馬5選】を特別無料公開する。その他にも、戦略会議では内部関係者しか知ることができないような情報も公開している。函館記念の馬券を買うつもりならば必見の情報だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 函館記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク