【函館記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜函館メイン、函館記念に出走を予定しているエアスピネル、ステイフーリッシュ、ナイトオブナイツ、マイスタイル、メートルダール、レッドローゼスの最終追い切りに関する記事を。今週は重賞が一つしかないのでゆっくりいこうと思います。

まずぼちぼち返信していますが、昨日はクリソベリルの件で沢山のメッセージ、ご連絡ありがとうございます。

個人的には3着にウィンターフェルが残してくれれば馬券的にも最高だったのですが、とりあえずクリソベリルが勝てたという事でやっとの牡馬Jpn1という感じ。また馬券の話などはマーキュリーカップの予想の時にする事にします(イレ込みすぎてスパーキングレディーカップの結果は忘れていたので、この件も込みで)。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着

先週はそれなりに狙っていきましたが、3人気のミッキーワイルドのみ好走という結果に。下半期はまだまだ始まったばかりですが、今後も狙うところは狙っていこうと思います。

3点勝負買い目を無料公開

函館記念最終追い切り

エアスピネル

フォームに乱れはないが、舌を出しながら走っている事はマイナス。前に馬を置いて追いかける形となったが、コーナーからエンジンをかけるとグイグイと脚を伸ばし、最後は相手を1馬身離してフィニッシュ。

追われた時の反応は良く、馬にも活気はあるが、明らかに馬体が緩い点や可動域が狭く感じる点は久々の影響と言えるだろう。ただ、久々の割にはそこそこ動けている印象を受けるので、間隔を考えると悪い動きではなかった。

ステイフーリッシュ

動きは先週から大きく変わった様子はなく、今週も特別見栄えはしない追い切り。前半の手応えから調教パートナーを突き放すかと思いきや、案外反応が悪く伸びそうで伸びない。馬体の張りや可動域などはある程度改善されているが、これといって目立つ動きではない事は確か。

ナイトオブナイツ

頸の可動域が狭く、フォームがやや硬めも走りそのものには違和感を感じることはない。それ以上にトモやひばらのラインが明らかに緩く、前走から間隔が詰まっている事もあって強く追うに追えないといった感じか。動きを見る限りでは上積みはほぼないと思ってよさそう。

マイスタイル

フォームは美しく可動域の広さや脚の回転の速さなどが目立つ動き。ただ、身体を大きく使って動けている割には迫力がなく、脚もとに少し硬さがある点や力強さに欠けるような動きだった点は割り引く必要があるだろう。全体的な馬体の張りもイマイチなので、こちらも前走からの上積みは思ったほど期待出来ないかもしれない。

メートルダール

これは先週から動きが一変している。相変わらず頭が高く、頸差しに硬さは残っているが、その割には上手く頸と身体、脚の動きが連動しており、可動域が先週と比べてかなり広くなっている点は高く評価せざるを得ない。一週前追い切りと総合して考えると極端に高い評価は出来ないが、今週だけの動きなら十分買えるレベルだろう。

レッドローゼス

全体的に動きが硬いが、追われてからの反応は良く、身体の使い方もなかなか上手い。馬体の張りがもうひとつな点や脚捌きにスムーズさがない点など色々と割り引きたくなる点も見られるが、馬に活気があって久々を感じさせない点は評価出来る。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

明日は穴馬の最終追い切りを更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 函館記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ローカルのハンデ重賞は『紛れやすい』とのイメージを持つ人も多いだろう。事実、この函館記念も1番人気が12連敗中で、過去10年で馬券になったのが1頭のみと大苦戦している。実績馬上位で人気を集めるトップハンデ馬も同様に振るわない。世間一般的には“難解”なレースとして認識されている。

しかし、函館記念のポイントをいくつか抑えておけば、馬券に絡む可能性が高い馬を見つけ出すことは決して困難ではない。

まず、北海道シリーズはレース直前に輸送がない“滞在競馬”であること。極端に輸送を苦手とする馬にとっては前日輸送すらないことは大きなプラスとなる。また、涼しい北海道の水が合うことで状態がグンと上がり、本来持っていた能力をフルに発揮できる馬が出てくるわけだ。

また、“洋芝”であることも重賞なポイントだ。馬場造園課の努力もあり、近年は函館でも速い時計が出るようになったとは言え、野芝と洋芝が別物であることには変わりない。前走野芝で大敗していた馬が、得意の洋芝で水を得た魚が如く変身することもある。

そして、何より重要なのが、一般マスコミの取材不足による情報の乏しさだ。夏競馬期間中は東西トレセンから人が分散し取材を行うわけだから、どの競馬場でも人手が足りなくなるのは明らか。しかも、年々、競馬新聞社の数が少なくなり、慢性的な人手不足が続いているのだから、まともな取材などできようがない。特に北海道では、コメントや調教時計を全ての新聞社で使い回しており、現地の関係者の間では「あんなのアテにならんで」というのが常識なのだ。一般ファンのほとんどは、こんな取材の過程で伝えられる情報を見て買うのだから、このレースが荒れるのも当然と言えよう。

無論、当社シンクタンクは普段同様、現地の関係者からしっかりと話を聞き出せる態勢が整っており、一般マスコミとは情報力の差は段違いだ。事実、去年は5番人気エアアンセム、一昨年は5番人気ルミナスウォリアー、3年前のマイネルミラノに4年前のダービーフィズと、当社の◎本命馬が4年連続勝利しており、馬連万馬券決着となった2016年には13番人気ケイティープライドの勝負話も掴んでズバリ的中をお伝えしている。

今年も既に情報的に注目すべき馬や、馬券になる確率が高そうな馬をマーク済み。そこで、今週は一般に難解と思われる函館記念の【情報注目馬5選】を特別無料公開する。その他にも、戦略会議では内部関係者しか知ることができないような情報も公開している。函館記念の馬券を買うつもりならば必見の情報だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 函館記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク