【函館スプリントステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の函館メイン、函館スプリントステークスに出走を予定しているアスターペガサス、ダノンスマッシュ、カイザーメランジェ、シュウジ、ダイメイフジ、ライトオンキュー、リナーテの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着
メールドグラース 1人気1着
インディチャンプ 4人気1着
モーヴサファイア 2人気6着
ダノンキングダム 4人気12着

3点勝負買い目を無料公開

函館スプリントS最終追い切り

アスターペガサス

頭の位置は若干ブレるが、重心は安定していてリズムも狂いはみられない。あまり身体は使えていない感じはするが、脚はしっかりと根元から前へ出せており、直線でスピードを感じる事が出来た点は一応評価しておく。最後の手応えなどは確認出来ないが、息遣いなどは良好なので、前走から出来が落ちたという印象は全く受けない。

ダノンスマッシュ

先週それなりに強く追われていたが、今週も北村を背にびっしりと追われる意欲的な追い切りを披露。フォームは勿論だが、走るリズムと脚を出すタイミングが抜群に安定しており、前半は一定のペースを守りながらも最後に絵に描いたような加速を見せた辺りはさすがの一言。

四肢の可動域も水準以上で、身体を大きく使ってグイグイと前へ出る姿勢は本当に素晴らしいと感じるものだった。馬体の張りも文句なしで、久々とは思えないほど内面も活性化している。普通に好調。

カイザーメランジェ

強く一杯に追われた訳ではないが、ちょっと馬が楽をしすぎている印象を受ける。最後まで馬なりの調教パートナーを交わせなかった点も気になるポイントで、地面を蹴る力が弱く感じるのが全てを物語っている。フォーム、リズムなどは安定しているが、これといって目立つような追い切りではなかった事は確か。

シュウジ

頸に硬さはあるが、可動域は決して狭くは感じない。脚の回転もスムーズで、2.3走ダートを使われていた割には柔らかく地面を蹴る事が出来ていた。馬体に程よく柔軟性もあり、リズム良く弾むように走れていた点は高く評価出来るポイントだろう。動きを見る限りでは案外芝でもやれそうな馬。

ダイメイフジ

この馬としては珍しく走るリズムが最後まで一定で安定している。欲を言えばもう少し身体を大きく使って欲しかったが、可動域は決して狭いとは感じないので、これはこれとして受け入れたい。ただ、調教パートナーが仕掛けたタイミングですぐに反応出来なかった点はどうしても気になってしまう。

ライトオンキュー

脚が少し外へ流れているが、直線ではしっかりとスピードに乗れているのでここは多少の割り引きとしておく。それ以上に追われた時の反応が良く、スピードに乗るとそのままどこまでも伸びていきそうなぐらいの手応えがあった点は評価しない訳にはいかないだろう。途中若干脚色が衰える場面こそみられたが、最後まで大きくバテる事なく走り切っていたので、今回のコースならおそらく問題はないのでは。案外やれそう。

リナーテ

前半は外へ刺さるなどこれといって目立つような動きではなかったが、エンジンかかかってからの伸びは抜群で、乱れていたフォームを一瞬にして修正し、飛節を綺麗に伸ばして豪快に駆け抜けた。馬体の張りは少し物足りないと感じるものの、トモや肩の筋肉量は豊富で全体的なバランスはしっかりと取れている。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第26回 函館スプリントS(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズの第1戦として注目ではあるが、過去の出走馬を見ると、カレンチャン、ロードカナロア、ストレイトガール、コパノリチャード、セイウンコウセイなど、GI馬が出走しており、スプリンターズSを見据えた陣営の参戦も少なくない。

しかし、過去10年で1番人気は僅かに2勝、現在7連敗中と大不振であり、あの『世界のロードカナロア』でさえも2着に敗れている。万馬券決着は当たり前、世間的に“難解”とされているレースの1つなのだ。別定戦で斤量差が大きくなり、洋芝の小回りコースと条件も特異なだけに、純粋な能力だけを考えていては馬券攻略は難しい。波乱になりやすい条件は揃っている。

そんな“難解”なレースだからこそ、より重要さを増すのが本物の関係者情報とレースを分析する力だ。当社シンクタンクには重賞・メインに特化した特捜部が存在しており、函館スプリントSでも、一昨年が5万5520円的中、去年が1万1690円的中と2年続けて万馬券的中を仕留めている。北海道シリーズ開幕で人手不足、取材不足となる新聞社などの一般マスコミとは違い、確かな情報力を持つ我々にとっては、“難解”と呼ばれるレースほど、高配当を狙い撃つ絶好のチャンスとなるのだ。

ほとんどの競馬ファンの方は、一般マスコミがもたらす新聞やネット上の情報に頼らざるを得ないだろう。そうなると、馬券的中を手にすることも“難解”と言わざるをえない。そこで、今週はシンクタンクの情報力を知っていただくため、函館スプリントSの【穴の3連単馬券】を特別無料公開する。今年も高配当、万馬券のキーとなる馬を既にマーク済み、必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第26回 函館スプリントS(G3)

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク