【白山大賞典2019予想】本命グリム

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は1日の金沢メイン、白山大賞典の予想を。グリム、テルペリオン、デルマルーヴル、ノーヴァレンダなどが出走するダート2100mのJPN3レース。

先週行われた日本テレビ盃は◎クリソベリル〇ノンコノユメが馬券になるも相手を絞りすぎてハズレ。正直2着の馬も印を打っても良かったのですが、自分の我が強く予想に出てしまった事が裏目となりました。

今週は何故か3日続けて交流重賞があるので、どこかで一発出したいと思います。

白山大賞典

本命はグリム

前走のエルムステークスは案外な結果に終わったが、ここは距離延長、コース替わりが大幅なプラスになりそうな本馬を素直に信頼する。

2着のセンチュリオンに5馬身差をつけて圧勝した去年の白山大賞典の内容が素晴らしく、当然あの内容からするとここでは本コースへの適性の高さならこの馬が頭一つリードしており、能力以上に立ち回りの上手さが重要となる交流重賞なら人気でも逆らう必要はないだろう。

揉まれない外枠を引き当てた事もプラスになるので後は乗り替わりだけが課題となりそうだが、2走前のアンタレスステークスで手綱を取った時の騎乗を見ていると案外前走の騎手よりも手が合いそうな感じもするので、ここは捻らず素直に印を打つ事にした。

対抗はデルマルーヴル

左回りがベストなのは間違いないと思うが、展開、馬場、コース問わず確実に脚を使ってくるタイプなので、今回も自分の競馬に徹底すればまず上位争いに加わってくるとみた。

同じタイプの父を持つインカンテーションのようにこの血統の割には案外距離の融通も利くので、そのインカンテーションが勝利したレースでの競馬であればあっさりまであっても驚けない。

▲にリアンヴェリテ

前走のエルムステークスは差し馬が台頭する流れを逃げて5着なら負けて強しと言える内容で、2,3走前に下した相手のレベルを考えると本馬も能力は重賞級と言えるのではないだろうか。

何より今回は鞍上の大幅な強化が怖く、テイエムジンソクのようにまともな騎手が乗ればめちゃくちゃ強かったというパターンも十分あり得る話なので、自分の形でレース運びが出来ればこちらもあっさりまで考えられる。

☆にテルペリオン

グリムに完全に完敗だった前走の内容からするとここでは強気な印は打てないが、距離延長は間違いなくプラスになるので、コース替わりを味方につければ更なる前進に期待したいが持てる。

◎グリム
〇デルマルーヴル
▲リアンヴェリテ
☆テルペリオン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 毎日王冠(G2)>

GI馬5頭の参戦も
馬券になるのはアノ人気薄の…

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績は、1人気[5.1.0.4]、2人気[0.1.0.9]、3人気[1.2.070]と1人気が6連対と安定しているが、2.3人気の成績は振るわず。平均配当では、馬連5890円、3連複2万1610円、3連単12万7770円と波乱含み。3連単では30万馬券を超える高配当が3度出ている。2桁人気馬が4頭馬券圏に好走しているようにヒモ荒れの傾向。

ステップレース別の成績ではエプソムC組[3.0.2.8]、安田記念組[1.3.1.19]、宝塚記念組[1.1.2.8]、札幌記念組[1.1.0.7]、ダービー組[1.2.0.4]、NHKマイルC組[1.1.0.3]とGI組よりも多く勝利馬を輩出しているのがエプソムC組だ。

安田記念で初GⅠ制覇を成し遂げたインディチャンプが始動。2年連続で安田記念2着馬のアエロリット、昨年の安田記念の覇者モズアスコットやペルシアンナイト、ケイアイノーテックなどGI馬5頭に、今年のダービー2着馬ダノンキングリーなどが参戦。

天皇賞(秋)・マイルCSのGIに向けて始動する素質馬が揃う毎日王冠。昨年は◎アエリリットから3250円的中!今年の毎日王冠は波乱のキーホースとなる激走穴馬がスタンバイ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『毎日王冠・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク