【白秋ステークス2019予想】本命ディキシーナイト

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は火曜の東京メイン、白秋ステークスの予想を。トーセンブレス、ナンヨーアミーコ、ミリッサ、タイキサターンなどが出走する芝1400m3勝クラスのレース。

台風の影響で土曜の開催が中止になって今日にズレ込んできました。

土、日、月と馬券はなかなかしょっぱい日が続きますが、秋に入って狂っていた歯車が徐々に噛み合いつつあるので、大レースが控えている週末に向けてしっかりと立て直しておきたいところ。

白秋ステークス

本命はディキシーナイト

お気に入りの馬の登場という事で、今回はあえて東京1400mのセオリーを無視してここに印を打つ。

前走のラジオNIKKEI賞は距離に加えてタフすぎる馬場が影響してしまい大敗。もともと福島1800mという舞台設定も本来のこの馬の本来の適性からはズレていたので、あの着順は全く気にする必要はない。

陣営は1400mは短いと言っているが、馬体を見ると明らかにベストは14001600m辺りの馬だと思うので、今回の距離短縮はまずプラスになる可能性が高く、広いコースでの競馬も歓迎なので、内で揉まれてスムーズさを欠かなければまず巻き返してくるとみた。

後は明らかに次を考えての調整だった点と、雨が降って馬場が多少渋りそうな点が競馬にどこまで影響するか。

対抗は人気ブログランキングへ

こちらは東京1400mの教科書通りの印を打つ。馬場が少しでも渋れば本命馬よりもこちらに分があるので、今回の条件がハマればここはあっさりがあっても。

今年に入ってからの競馬も派手さはないが、その分安定感は抜群なので、この馬の立ち回りの上手さやレースセンスの高さはここでは大きな武器となるだろう。

ミリッサ

もともと適性はここにあると思っていた馬なので、今回は待ちに待った待望の1400m戦。能力は間違いなくオープン級の馬なので、後は久々の影響がどこまで着順に反映されるか。

想像以上に人気な点と他にも買いたい馬がいたので今回は3番手までの印となったが、能力通りなら恥ずかしい競馬にはならないだろう。

ドルチャーリオ

鞍上は終わっているが、馬に関しては走る条件は揃っているので、今回は能力の高さでどこまでといった感じか。仮にここでダメなら次走以降条件が揃ったレースで乗り替わった時に厚い印を打ちたい一頭。

◎ディキシーナイト
人気ブログランキングへ
▲ミリッサ
☆ドルチャーリオ
△タイキサターン
△トーセンブレス
△ウィンドライジズ
△トーセンアミーコ
△レノーア
△ハーグリーブス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 菊花賞(G1)>

皐月賞・ダービー馬不在で
浮上する穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

■最重要ステップは王道トライアル!

菊花賞はセントライト記念と神戸新聞杯、2つのトライアルレースが設けられているが、近10年で【7-6-4-49/56】と7頭の勝ち馬を送り出している神戸新聞杯組が圧倒的な強さを見せている一方で、セントライト記念組は【1-3-1-46/51】と目に見えて分が悪く、勝ち馬は15年のキタサンブラック1頭のみに留まっている。今年はリオンリオンらが出走を予定しているが、本番でどこまで食い込めるか。

最重要ステップの神戸新聞杯組にフォーカスを当てると、とにかく連対馬の強さが浮き彫りになる。神戸新聞杯が現在の外回り2400mコースで行われるようになった07年以降、神戸新聞杯連対馬が菊花賞に出走した際の成績で【6-5-1-6/18】勝率33.3%、連対率61.1%、複勝率66.6%と高い好走率をマーク。10年以降は毎年連対しており、今年は勝ち馬のサートゥルナーリアこそ出走を回避し天皇賞(秋)へ向かったが、2着のヴェロックスが出走を予定しているだけに要注目。

■近年は春クラシック不出走組の活躍が目立つ

神戸新聞杯連対馬の活躍が目立つ中、春クラシック不出走だった所謂「夏の上がり馬」タイプも近年健闘している。中でも直近2年連続で3着に入っている阿賀野川特別(3歳上2勝クラス・新潟芝2200m)組の活躍が目に留まる。一昨年は13番人気のポポカテペトル、昨年は10番人気のユーキャンスマイルが飛び込んだように、人気の盲点となりやすい点も馬券的に見逃せないポイント。同レースは今年も3歳馬のホウオウサーベルが勝利を収めており、菊花賞に直行する予定となっている。08年の菊花賞馬オウケンブルースリも阿賀野川特別1着→神戸新聞杯3着→菊花賞1着というローテーションを歩んでおり、当レースと好相性の条件戦であることは間違いないなさそうだ。

■今年の出走メンバーから狙うべき馬は?

その中で頭一つ抜けた実績を誇るのが神戸新聞杯2着からの参戦となるヴェロックス。前述のように王道トライアルで連対→菊本番でも好走は近年のNo.1トレンドといえるローテーション。父ジャスタウェイの本格化前のような惜敗を続けており、実績イメージの割に重賞未勝利という点がネックとなるが、前走で本番を見据えた走りが出来たのは収穫大と言えるだろう。

神戸新聞杯3着のワールドプレミアも上位2頭には及ばなかったが、賞金的に優先権獲得が必須の状況で、先を見据えた内容の下しっかりと権利を獲れた点は評価できる。気性的にも距離延長は問題ないタイプだ。

セントライト記念組は苦戦傾向にあるものの、関西馬であればまだ通用の余地がある。勝ち馬のリオンリオンは逃げて青葉賞を制したが、前走は好位でタメを作って終いひと脚使う味のある内容を見せた。菊花賞でも同様の立ち回りが出来れば大きな強みになるだろう。同レース組ではこれまでの主戦・勝浦騎手から本番でルメール騎手へと手替わりするニシノデイジーも不気味な1頭だ。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク