【阪急杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪急杯に出走を予定しているエントシャイデン、スターオブペルシャ、スマートオーディン、ダイアナヘイロー、ミスターメロディ、ロジクライの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 ミスターメロディ 2.9
2 ダイアナヘイロー 3.5
3 レッツゴードンキ 6.8
4 ロジクライ 7.4
5 ダイメイフジ 8.7

1人気は前走阪神カップ2着のミスターメロディ。今年に入ってからの4歳世代の活躍を考えると年齢的にもこの馬が主役扱いとなるだろう。

続いて京阪杯、阪神カップと重賞で2走続けて好走しているダイアナヘイロー。実績ではこの馬が1人気になってもいいが、年齢的なものが少し嫌われて2人気になると予想する。

7歳でもレッツゴードンキもまず上位人気に支持されるか。ロジクライ、ダイメイフジ辺りが10倍を切るオッズとなりそうだが、今年は抜けて強い馬がいないのでオッズも割れるだろう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

先週の追い切り注目馬は土曜は掲示板泊まりも日曜の小倉と東京両馬が2着に好走。ただ、少し人気よりの馬となってしまったので、最低限の結果と言えるでしょう。

なお、現在もパソコンの調子が戻らないので、今回の追い切り記事の画像も全てイメージとなりますのでご了承下さい。

3点勝負買い目を無料公開

阪急杯最終追い切り

エントシャイデン

後脚に硬さはあるが動きはダイナミックで大きい。ここは母ルシュクルの影響が大きく出ており、ディープインパクト産駒というよりも母父サクラバクシンオーよりの馬と言える。以前は線の細さがあったが、今では骨格もしっかりとして馬体にも身が入っており、完全に馬が本格化したと思っていいだろう。当然クラスが上がっても通用するだけの馬。

スターオブペルシャ

動きは小さいが、脚捌きは軽く軽快な動き。調教パートナーと馬体を併せてしっかりと負荷もかけられており、すっと相手を抜かすことは出来なかったが、最後まで垂れる事なく走り切れた点は評価出来る。多少内面が活性化していないようにも思えるが、まずまずの出来と言えるだろう。

スマートオーディン

前半の動きは確認出来ないが、胸前が広くただがむしゃらに脚を出している感じ。それでもここ2走の追い切りではフォームが乱れていたが、今回はその点は安定しており、力強さがかなり戻っている印象を受けた。完調とまではいかないが、少なくとも久々を使われて状態はアップしているので、そろそろこの馬の本来の姿がみられても良さそうではあるが。

ダイアナヘイロー

前半は何も見えないので全体の動きは確認出来ないが、姿が見えてからは既に脚があがっており、脚色が鈍っていくだけの追い切りだった。後脚の力強さがかなり物足りない感じで、後半の動きだけの判断になるが少し怪しい印象を受けた。

ミスターメロディ

霧の影響で馬体の張りは確認出来ないが、動きは非常に豪快で力強い。身体全体を使って動けており、ラストの伸びも申し分ないように思える。前脚もしっかりと前へ出せているので、おそらく硬さも残っていないだろう。

ロジクライ

こちらも霧の影響で前半の動きは全く確認出来ず。後半はやや脚色が鈍った感じもフォームに乱れはなかった。ただ、東京で重賞を勝った時の動きと比較するとやや劣っている印象で、ラスト弾け切れなかったのは割り引く必要があるだろう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切り通りであれば欠点がほぼないこの馬がまず走ってくるのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第93回 中山記念>

GI馬6頭が参戦する豪華メンバー
危険な人気馬の存在とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GI大阪杯、ドバイ遠征の前哨戦としてGI馬が今年緒戦として始動する。昨年はヴィブロス、ペルシアンナイト、アエロリットのGI馬が参戦したが、今年もスワーヴリチャード、ステルヴィオ、ディアドラ、エポカドーロ、ヴィブロス、ラッキーライラックなど6頭のGI馬が参戦する豪華メンバー。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵馬の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[2.0.1.6]、2人気[4.1.1.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が9勝しており馬券圏に外れたのは1度のみ。平均配当は馬連4830円、3連複1万6300円、3連単10万9200円。

同レースは、過去10年でも前走GI戦出走馬が7勝(2着5回)を挙げており格の違いを見せつけている。年齢別の成績では4歳馬(4勝)、5歳馬(3勝)、6歳馬(2勝)、8歳馬(1勝)と4歳馬が一歩リードしているが、4~6歳馬は連対率6割と互角。

昨年はウインブライトがGI馬に勝利。叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。今年も6頭のGI馬が出走するが危険な人気馬の存在を独占入手!各陣営の思惑を知っている競馬セブンに買っていい、買ってはいけない実績馬のジャッジはお任せ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク