【阪急杯2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪急杯に出走を予定しているステルヴィオ、ジョイフル、フィアーノロマーノ、クリノガウディー、ハッピーアワー、ロジクライの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

阪急杯最終追い切り

ステルヴィオ

先週が少し物足りなさが残る追い切りだったが、今週はしっかりと負荷をかける意欲的な追い切りを消化。

調教パートナーを一気に突き放し、その後も余力を残しつつ弾け続けた辺りが先週から大きく変わった点になるが、馬体にはまだ緩さがあってトモのラインをみてもまだ仕上がり途上といった感じになるか。

それでもこれだけ動けたという事はそれだけ能力が高いという事になるが、喉に爆弾を抱えている事は確かなので、今回はどちらに転ぶかは走ってみないとわからないか

ジョイフル

坂路単走、終始馬なりの軽い追い切りではあるが、走りに無駄がなくフォームは美しい。脚と頸を出すリズムも絶妙で、馬に活気がある点からしても既に走る態勢は整っていると思っていいのでは。先週ある程度負荷をかけられているので、今回はこれで十分か。

フィアーノロマーノ

先週好時計をマークしているので今回は緩めてくると思ったが、馬がかなりやる気になっているのか想像以上にハードな追い切りを消化してきた。

頸差し、トモ、肩のラインが鎧のように分厚いが、その割には動きが軽く走りもリズミカルな点が特徴で、前半からスピードに乗って加速し、後半負荷をかけられると弾けて最後まで走り切る。

全体的な時計は勿論、動きや内面を考えても前哨戦としては十分な仕上がりにある。

クリノガウディー

ジョッキーが乗っている事もあるが、追われた時の伸びは抜群で、ラスト1ハロンの鋭い反応と加速には目を引く。

胴の詰まり具合やトモの大きさなどからすると今回の距離短縮はおそらくプラスになる可能性が高く、これだけスピードもあれば大幅な変わり身があっても驚けないタイミングと言えるのでは。

ハッピーアワー

頸を全く使えていない点はマイナスも、脚捌きが軽く軽快に走れている。脚を出すリズムも良く、これで頸を出せていれば完璧だったが

可動域はもう少し広かった気もするが、しっかりとスピードを感じられる点や硬さがない点からするとこの馬なりに力は出せる出来にあるだろう。

ロジクライ

この年齢なので上積みなどには期待は持たない方がいいと思うが、少なくともここ2,3走よりは調子は良さそう。

短い距離を使われ続けている事もあってか筋肉のつき方も変わってきており、肩とトモのボリュームが増してきた今であればスピード負けするような事はないとは思うが。

胴にはゆとりはあるものの、筋肉量と頸差しの太さはスプリンターなので、人気が落ちるようなら相手には入れておいて損はないか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第94回 中山記念(G2)>

GI馬5頭が参戦する
豪華メンバー!勝つのは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦として有力馬が集まり注目度が高い。昨年は6頭のGI馬が参戦して盛り上がったが、今年もウインブライト、インディチャンプ、ラッキーライラック、ペルシアンナイト、ソウルスターリングなど5頭のGI馬が参戦。さらに、昨年のダービー2着・皐月賞3着とクラシック路線で活躍したダノンキングリーも参戦と好メンバーが揃う。

中でも注目なのが、香港GIを2勝、同レース3連覇が懸かるウインブライトが出走。昨年の12月に行われた香港C(GI)を優勝して以来、今年の始動戦となるが、ここを使って3季連続の香港GI制覇がかかる。今後はクイーンエリザベス2世C(GI、芝2000メートル、シャティン)、ドバイターフ(GI、芝1800メートル)、または国内戦では大阪杯を視野に入れている。3連覇の偉業達成なるか注目だ。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵馬の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[2.0.0.8]、2人気[3.1.2.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が8勝しており、上位馬が揃って馬券圏に外れたのは1度のみ。平均配当は馬連4930円、3連複1万6130円、3連単10万8940円。

ドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦となるが、陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れる!叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。買ってはいけない危険な人気馬、人気の盲点となり出走する実力馬の激走情報を競馬セブンは独占入手済!週末情報が必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク