【阪急杯2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪急杯に出走を予定しているインディチャンプ、カツジ、ダノンファンタジー、ミッキーブリランテ、レシステンシアの最終追い切りに関する記事を。

なお、中山記念や阪急杯など土日の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山記念2021予想他】2月27,28日勝負レース

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース中山記念!

先週も波乱のフェブラリーSズバリ的中!

今週も全て無料で公開します!

【中山記念注目穴馬】

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

小倉大賞典注目馬5選

テリトーリアル11人気→1着
トーラスジェミニ
バイオスパーク
デンコウアンジュ
ボッケリーニ1人気→2着

シルクロードS注目馬5選

ライトオンキュー3人気2着
ラヴィングアンサー
リバティハイツ
ラウダシオン2人気3着
シヴァージ4人気1着

東海S注目馬5選

インティ
ダノンスプレンダー
ハヤヤッコ
アナザートゥルース7人気→2着
メモリーコウ12人気→3着

【中山記念注目穴馬】

阪急杯最終追い切り

インディチャンプ

先週の動きがこの馬らしくない追い切りだったので、最終追い切りでの変わり身に期待していた一頭ではあるが、今週の動きを見る限り先週からの大きな変化は見られずという感じなので、ちょっと怪しさが先行する追い切りと言えるか。

手応え以上に弾ける事が出来ていない点や、相手に全く食らい付く事が出来ていない点など、どこを取ってもこの馬らしくない追い切りとなっているので、さすがに人気を考えると飛びつくというのはどうだろうか…。

フォームの乱れや重心のブレは見られず、更に馬体の張りもそこそこなら悪くはないが、少なくとも良い頃の出来との比較になると劣って見えるというのが答えになるか。

カツジ

乗り役が手綱を取っていたが、ダイナミックで力強い動きが目に付いた一頭。調教パートナーを後ろから追いかける形となったが、早い段階できっちりと捕まえてその後は相手との着差を広げて一人旅。

抜け出してから少しソラを使うような場面が見られた点はマイナスも、鞍上がこの癖をわかって乗ればおそらく大きな問題はないのでは。

ダノンファンタジー

頸差しのラインは硬いが、行きっぷりの良さや軽い脚捌きを見ると出来は相当良さそう。先週の動きと総合して考えると不安がないとは言い切れないものの、今週の動きを見ると本来のこの馬の力強い動きが戻ってきた印象を受けるので、少し急仕上げではあるが、ギリギリ間に合ったと思っていいのでは。

馬体の柔軟性や乗った時のスピードも相変わらずなので、本馬の持ち味が活きる展開になれば。

ミッキーブリランテ

後半の動きしか確認出来なかったが、フォームに全く無駄のない安定感のある走りで、脚もよく前へ出ている印象を受けた。この産駒の割には馬体に柔らかみもあり、頸もしっかりと使って動けているように見えるので、前走を勝って更に出来が上向いてきたか。

走りに力強さがある分、少しスピードには欠けるような走りではあるが、これだけしっかりと動く事が出来れば十分では。

レシステンシア

重心がブレる点や胸が狭い点は割り引きが必要も、この父としてはしっかりとフォームは沈んでいると思うので、久々でもある程度は出来たと思ってよさそう。

最後エンジンがかかってからの伸びも素晴らしく、スピードに乗ってからの動きや脚捌きは良い頃の動きと比較しても全く遜色ないだけに、この出来ならいきなりからやれるのでは。筋肉の張りがイマイチな点だけは久々という感じも、決して太いという感じはしないので、前哨戦としての仕上がりなら十分すぎる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、中山記念や阪急杯など土日の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山記念2021予想他】2月27,28日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第95回 中山記念(G2)>

3連勝中のヒシイグアスは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはサクラチトセオー、サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイント、ウインブライト、ネオリアリズムなどのGI馬(海外含む)がおり、出世レースとして知られる中山記念。近年はドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦として有力馬が集まり注目度が高い。

過去10年の平均配当では馬連3160円、3連複9830円、3連単5万6650円。馬連3桁配当は4度あり順当に決まるケースが多いが馬連万馬券が1度あり波乱になるケースもある。3連単での最高配当は31万5300円が出ているが10万馬券を超える特大馬券は1度のみで波乱の多いレースではない。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.0.0.7]、2人気[3.2.2.3]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が9勝しており、上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはない。1人気で勝ったのは20年ダノンキングリー、16年ドゥラメンテ、11年ヴィクトワールピサの3頭のみ。その3頭はクラシック戦で連対していた実力馬。順当な決着が多いレースではあるが1人気の信頼度は高くない。

同レースは、過去10年でも前走GI戦出走馬が7勝(2着7回)を挙げており格の違いを見せつけている。年齢別の成績では4歳馬(5勝)、5歳馬(4勝)、6歳馬(1勝)、7歳上(0勝)と4.5歳馬の活躍が目立つ。

今年は中山金杯で初重賞制覇を成し遂げ3連勝中の上がり馬ヒシイグアス、昨年の覇者ダノンキングリー、重賞2勝のバビット、日経新春杯3着クラージュゲリエ、昨年の新潟大賞典の勝ち馬トーセンスーリヤなどがスタンバイ。

ドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦となるが、陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れる!叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。買ってはいけない危険な人気馬、人気の盲点となり出走する実力馬の激走情報を競馬セブンは独占入手済!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第95回 中山記念(G2)>

3連勝中のヒシイグアスは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク