【阪急杯2021予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪急杯に出走を予定しているインディチャンプ、カツジ、ジャンダルム、ダノンファンタジー、ベストアクターの一週前追い切りに関する記事を。

なお、中山記念や阪急杯など土日の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山記念2021予想他】2月27,28日勝負レース

何故昨日、と突っ込まれそうですが、早速◎エアスピネル事件を踏み台にして特大ホームランが打てました。

ユングフラウ賞予想結果

1着▲ウワサノシブコ
2着◎ケラススヴィア
3着〇グロリオーソ

3連複 1,980円

3連単 32,680円

ド本線的中はまだわかりますが、ここは想定外も想定外のまさかまさかの超回収。

朝オッズを確認した段階では▲ウワサノシブコもほどほどに売れていたので、さすがに10倍は切ってくると思いましたが、何故かこの人気で買えた。

先週勝負レースを公開した際に買い方や重ね買いのポイントをまとめた事もあってか、同じ感覚で購入して払い戻しがえらい事になったというお声を沢山頂戴しました。タイミング的には最高でしたね。

自分も地方ではいつも機械的に買うド本線の3連複1点と後は◎の1,2着付けの3連単がハマるにハマり、地方では今年最高額の払い戻しとなりました。

去年からずっと勝ち続けていた地方の予想が2月2週目からダメになってきたので、先週も勝負レースに指定するレースを指定せず、肩の力を抜いて予想をしましたが、この息抜き予想が功を奏してか、ここにきて一気の3連勝。

おそらく最終的な地方競馬の的中率は去年同様に50%程度に落ち着くかと思いますが、2月の段階でいい感じの数字をキープ出来ているのは相当大きいと思いますので、この調子で週末の中央でも特大ホームランを打ってやりますのでご期待下さい。

【中山記念2021予想他】2月27,28日勝負レース

予想オッズ

1 インディチャンプ 1.8
2 レシステンシア 3.0
3 ダノンファンタジー 3.3
4 クリノガウディー 12.5
5 ベストアクター 19.0

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース中山記念!

先週も波乱のフェブラリーSズバリ的中!

今週も全て無料で公開します!

【中山記念注目穴馬】

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

小倉大賞典注目馬5選

テリトーリアル11人気→1着
トーラスジェミニ
バイオスパーク
デンコウアンジュ
ボッケリーニ1人気→2着

シルクロードS注目馬5選

ライトオンキュー3人気2着
ラヴィングアンサー
リバティハイツ
ラウダシオン2人気3着
シヴァージ4人気1着

東海S注目馬5選

インティ
ダノンスプレンダー
ハヤヤッコ
アナザートゥルース7人気→2着
メモリーコウ12人気→3着

【中山記念注目穴馬】

阪急杯一週前追い切り

インディチャンプ

雪の影響で前半の動きはしっかりと確認出来ないが、終いの反応はこの馬としては悪く、負荷をかけられている割には弾け切れていない印象を受けた。

食らい付こうとする姿勢を感じられた点は評価出来るものの、最後は相手に突き放されいるので、一言でいえば今回は一週前とはいえこの馬らしくない追い切りだった。確実に人気を集める馬だという事を考えるとちょっと不安が大きい気もするが…。

カツジ

可動域が広く、動きは非常に大きく見えるが、脚捌きが軽い事もあって全く迫力を感じられない追い切り。最後に気を抜くような場面が見られた点もマイナスで、今回は良くも悪くも平凡な追い切りという評価がしっくりとくる。

ジャンダルム

フォーム、脚捌き、可動域の広さとどこを取っても大きな隙が見当たらない馬で、年齢を感じさせない毛艶の良さと馬体の張りからしてもとても終わった馬とは思えない。

終始馬なりでの調整ではあったが、最後は自ら反応して相手の前に出た点にも好感が持て、手応えの良さを考えると追えば更に着差を大きく広げていた可能性が高かったのでは。動き通りなら怖さがある一頭。

ダノンファンタジー

以前は牝馬とは思えない程動きが大きかった馬ではあるが、今はそのような動きは確認出来ず。調教パターンを変更してきた事が多少影響しているのかもしれないが、ちょっとこの変化は気になる材料と言えるか。それでも牝馬らしい柔軟性のある馬体や素軽い脚捌きは健在という感じなので、決して馬が枯れた訳ではないだろう。

ベストアクター

毛色や年齢、更にレース間隔の影響もあるが、動きなどを含めて全てが地味で、全く目立つ事のない追い切り。フォームにも癖があり、走りの重厚さを考えても色々な意味で怖さしか感じられないが…。これは素直に歳相応、更に休み明けという評価でいいのでは。

最後に阪急杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

中山記念や阪急杯など土日の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【中山記念2021予想他】2月27,28日勝負レース

なお、最後になりますが、地味に今日でこのブログを立ち上げて4年となりました。

ここまで続いたのは奇跡のようですが、沢山毎日のようにブログを見てくれている方がいたからこそ何とかここまで続ける事が出来たと思っております。本当にありがとうございます。

初週の予想は中山記念で30万馬券的中など、本当にやる時、やらないといけない時はやる人間だと思っておりますので、今後も打たなければいけない状況になった時はしっかりと打ってやります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第95回 中山記念(G2)>

3連勝中のヒシイグアスは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはサクラチトセオー、サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイント、ウインブライト、ネオリアリズムなどのGI馬(海外含む)がおり、出世レースとして知られる中山記念。近年はドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦として有力馬が集まり注目度が高い。

過去10年の平均配当では馬連3160円、3連複9830円、3連単5万6650円。馬連3桁配当は4度あり順当に決まるケースが多いが馬連万馬券が1度あり波乱になるケースもある。3連単での最高配当は31万5300円が出ているが10万馬券を超える特大馬券は1度のみで波乱の多いレースではない。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.0.0.7]、2人気[3.2.2.3]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬が9勝しており、上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはない。1人気で勝ったのは20年ダノンキングリー、16年ドゥラメンテ、11年ヴィクトワールピサの3頭のみ。その3頭はクラシック戦で連対していた実力馬。順当な決着が多いレースではあるが1人気の信頼度は高くない。

同レースは、過去10年でも前走GI戦出走馬が7勝(2着7回)を挙げており格の違いを見せつけている。年齢別の成績では4歳馬(5勝)、5歳馬(4勝)、6歳馬(1勝)、7歳上(0勝)と4.5歳馬の活躍が目立つ。

今年は中山金杯で初重賞制覇を成し遂げ3連勝中の上がり馬ヒシイグアス、昨年の覇者ダノンキングリー、重賞2勝のバビット、日経新春杯3着クラージュゲリエ、昨年の新潟大賞典の勝ち馬トーセンスーリヤなどがスタンバイ。

ドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦となるが、陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れる!叩き台で使う陣営、ココが目イチ勝負の陣営など、勝負度合いは明白。買ってはいけない危険な人気馬、人気の盲点となり出走する実力馬の激走情報を競馬セブンは独占入手済!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第95回 中山記念(G2)>

3連勝中のヒシイグアスは
本当に買っていいの!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク