【阪神大賞典2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪神大賞典に出走を予定しているキセキ、メイショウテンゲン、タイセイトレイル、ユーキャンスマイル、ムイトオブリガードの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着

先週の追い切り注目馬はサートゥルナーリアが無難に1着。同じぐらい抜群の動きをしていたサトノソルタスを指名する事も考えましたが、勝つ確率で考えると明らかにサートゥルナーリアに分があったので、ここは着順を重視して人気馬を取りました。

馬券は数が全く当たらなかったのでとても自慢出来るものではありませんでしたが、最後の最後にフィリーズレビューで11万馬券を当てる事が出来た事で一気に捲る事に成功したので、今週も大きな馬券は狙う事は勿論ですが、少しでも数を当てる事が出来たらと思っています。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

阪神大賞典最終追い切り

キセキ

発汗と頭の高さは変わらずも走りのバランスやリズムはいくらか改善されている。それでも馬体の張りなどは全盛期に比べるとイマイチなので、良くも悪くも休み明けという仕上げでの出走となるか。

当然今回は相手が相手なのでこれぐらいの仕上がりでも格好はつけてもらいたいが、この前向きさが吉と出るか凶と出るかは走ってみないとわからない。

ムイトオブリガード

馬体に柔らかみが増しており、身体を大きく使ったダイナミックで豪快な動きが目に付いている。フォームにブレもなく、頸をしっかりと前へ出してリズム良く駆け抜けた辺りが今の調子の良さを物語っているだろう。

やはり可動域はもう少し広くなるタイプだとは思うが、それでも前哨戦からこれだけ身体や内面が出来ていれば十分だと思うので、相手関係込みでここは主役級の扱いが必要な一頭となるのでは。

ユーキャンスマイル

先週よりも馬体は絞れているが、まだまだ脚を出す時に硬さが残っており、全体的に重苦しさを感じる点がいかにも久々という感じ。

この身体でも追われてからの反応が良ければ極端な割り引きは必要ないかもしれないが、その肝心の反応がイマイチなので、今回は次を考えての仕上がりとなっているのは間違いないだろう。

キセキ同様に今回の相手ならある程度は格好はつけてもらいたいが、仮にここがダメでも次は大きな変わり身がありそうな一頭と言える。

タイセイトレイル

前半はフラつくが、追われるとフォームは安定して真っ直ぐ走れていた。ただ、頸と脚を出すタイミングはバラバラで、その影響もあってエンジンがかかってからの伸びはイマイチのように感じる。

最後も馬なりの相手の前に出る事は出来ず、喰らい付くのがやっとという感じの追い切りだったので、前走からの上積みはそこまで大きくはないとみる。

メイショウテンゲン

馬に活気は足りないが、自分のリズムでノビノビと走れている点はプラス材料。以前よりも可動域が広くなった点と全体に薄い筋肉が分布している点からすると完全に持ち場が長距離へシフト化しているので、今回の舞台は間違いなく合っているだろう。

もう少し気合が入れば完璧だが、最低限身体は出来ている。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第69回 スプリングS(G2)>

ココが目一杯勝負の
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[3.4.2.1]、2人気[1.1.1.7]、3人気[2.2.0.6]と1人気 が馬券圏内から外れたのは1回のみ。平均配当では、馬連3890円、3連複7390円、3連単4万8490円。伏兵馬では19年エメラルファイト(10人気1着)、13年マイネルホウオウ(11人気3着)、12年ロジメジャー(10人気3着)、10年ゲシュタルト(10人気2着)など二桁人気が4頭馬券圏内に好走し波乱を演出している。1人気は連対率7割あるが、ヒモ荒れ傾向のレースでもある。

ステップレース別では500万条件[5.4.4.33]、朝日杯FS[2.2.2.8]、共同通信杯[1.3.0.16]、きさらぎ賞[1.1.1.2]、オープン[0.0.2.10]と500万条件組みが5勝(9連対)と強さを見せている。また、京成杯[0.0.0.12]、未勝利[0.0.0.11]、弥生賞[0.0.0.3]、新馬[0.0.0.3]、は馬券圏内の好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年はホープフルS・2着のヴェルトライゼンデ(3戦2勝)、サクセッション(4戦3勝)、ファルコニア(4戦2勝)、ココロノトウダ(4戦2勝)などが出走。名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだがクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

一昨年の勝ち馬ステルヴィオは18年マイルCS優勝、2着馬エポカドーロは皐月賞優勝、ダービー2着とGI路線で活躍。今年も「GI級」と評価が高い素質馬が出走!さらに、無印濃厚の人気薄激 走馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク