【阪神牝馬ステークス2018予想オッズ】穴馬ミリッサ馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、阪神牝馬ステークスに出走を予定している穴馬、ミリッサの馬体診断の記事を。

かなりの好メンバーが揃いそうですが、有力馬は数回馬体診断をした事がありますので、今回は穴馬としてそこそこ注目を集めそうなこの馬を取り上げることにしました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第78回 桜花賞(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

阪神牝馬ステークス馬体診断

ミリッサ

新馬戦のパドック

初戦は414キロでの出走。1歳の頃から小柄だった馬で、菅が怪しいというのが一番ではあったが、ダイワメジャー産駒にしては全体的に線が細い。当時の動きや馬体をみると特別光るものは感じられず、至って普通の馬という感じ。

上にアダムスピーク、リラヴァティ、アダムズブリッジ、シンハライトなどとにかく素晴らしい馬体を持った馬がいた事もあってか、その馬達と比べるとどうしても数枚劣ってしまう印象を受けた。

2歳となってもその印象は払拭出来ず、良血馬の割には馬体映えしない。ただ、バランスはさすがに取れており、これである程度馬格があればと思ってしまう。

初音ステークスのパドック

馬体重420キロ、前走からマイナス4キロでの出走。馬体重は新馬戦の時から僅か6キロしか増えておらず、ここはやはり骨格の細さが大きく影響しているように思える。

姉のリラヴァティも馬体重は1歳の頃は300キロ台後半で小柄だったものの、デビューする頃には440キロまで馬体重を増やしてきた。

ミリッサとの大きな違いは骨格と筋肉の質で、菅は非常に細かったが、デビュー前からパーツはどこを取ってもしっかりとしており、牝馬の割に大きめの筋肉が目に付いた。

ミリッサにはこれが全く感じられず、ダイワメジャー産駒らしくない馬体が募集当時出資を敬遠された一番の理由ではないかと思っている。

今パドックで馬をみても馬体が非常に成長したなと感じる点はほぼなく、逆にこれでよく走れているなという印象が非常に強い。ここは血統の偉大さか。

ただ、馬体重の割には胸囲が広く深い馬で、トモよりも肩の筋肉が発達した前輪駆動タイプ。そして姉譲りの気の強さを持ち合わせており、ここがレースにいっての勝負強さに繋がっている。

レース内容からすると外回りで買いたくなる馬ではあるが、この2点のポイントを考えると外回りよりも内回りでパフォーマンスを上げるタイプと言えるので、重賞で厚い印を打つなら阪神の1400mではないかと思っている。

後は出世するダイワメジャー産駒はほぼ父似に出た馬体をしている点をどう取るか。

予想オッズ

リスグラシュー 2.3倍
ソウルスターリング 3.7倍
ミスパンテール 5.6倍
アドマイヤリード 7.5倍
ラビットラン 11倍

1番人気は前走の東京新聞杯を快勝したリスグラシュー。2人気はここ3走牡馬相手に戦ってきたソウルスターリングも、勢いならナンバーワン、ミスパンテールも上位でしょう。

最後に阪神牝馬ステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

出来れば本番で厚めの印を打ちたい馬ではありますが、マイルならこの馬が強い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 桜花賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
桜花賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牝馬クラシック第一弾となる桜花賞。過去10年、1人気で優勝したのは14年ハープスター(桜花賞①着・オークス②着)、10年アパパネ(クラシック3冠馬)、09年ブエナビスタ(桜花賞①着・オークス①着 クラシック2冠馬)の3頭のみ。上位人気別の成績では、1人気【3.1.1.5】、2人気【2.4.0.4】、3人気【1.2.1.6】と比較的上位人気馬が連対しているが、13年プリンセスジャック(14人気②着)、10年エーシンリターンズ(11人気③着)、08年レジネッタ(12人気①着)、エフティマイヤ(15人気②着)などの伏兵馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年のステップレース別では、チューリップ賞【7.4.6.27】、フィリーズR【2.0.2.52】、エルフィンS【1.1.0.2】、クイーンC【0.3.1.13】、阪神JF【0.1.0.2】、フラワーC【0.1.1.10】と、チューリップ賞組の成績が目立つ。東西馬の成績では、関西馬【8.8.6.90】、関東馬【2.2.4.57】と圧倒的に関西馬有利。関東馬で買ったのはアユサン、アパパネの2頭のみとなり関東馬は苦戦している。

今年は2歳女王で前哨戦のチューリップ賞を制し4戦無敗で桜花賞に挑むラッキーライラックが人気を集めるが無敗でクラシック制覇なるか注目。しかし、競馬セブンでは、公にはならない、とある陣営からの勝負ネタを極秘入手!「ラッキーライラックにも負けない」と強気な陣営から、驚きの勝負話を独占入手!牝馬クラシック第一弾となる桜花賞は高配当が狙える確信情報を公開するのでお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第78回 桜花賞(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
桜花賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク