【阪神ジュベナイルフィリーズ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているウーマンズハート、クラヴァシュドール、マルターズディオサ、リアアメリア、レシステンシアの最終追い切りに関する記事を。

今週は香港国際競争が控えているので、そちらの予想の時間を考慮して追い切りの記事は軽くでいこうと思います。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着
ミヤマザクラ 2人気2着
ムイトオブリガード 7人気8着
リッジマン 2人気11着
チュウワウィザード 5人気4着

先週の追い切り注目馬はどちらもダメ。馬券も後一歩という結果が続きましたので、おそらく今年最後の大勝負ウィークとなる今週末は、数と質どちらも、と思っておりますので、いつも以上に気合いを入れていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 阪神JF(G1)>

来年のクラシックに向けて重要な一戦となるが、競馬セブンでは確信の本命馬◎から的中予告!陣営が「勝てる」と豪語する確勝級の勝負馬とは!?さらに、人気の盲点となり出走する、とある厩舎の勝負情報を独占入手!人気薄濃厚の激走穴馬が馬券に絡めば万馬券間違いなし!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

阪神ジュベナイルフィリーズ最終追い切り

ウーマンズハート

一週前の時点で内面がギリギリだった事もあって今週は先週以上にピリッとしている。ただ、折り合いはしっかりとついているので、これはおそらく久々が影響してのものだろう。

身体の使い方は相変わらずで、追われた時の反応もイマイチのように感じるが、エンジンがかかればそこからは伸びる一方という感じなので、直線が長いコース向きの馬なのは間違いないのでは。

久々を感じさせないほど馬体はスッキリとしていて胸前の筋肉にも張りがあるので、今回は出来というよりもコース替わりが課題となるとみる。

クラヴァシュドール

先週の段階でほぼ馬は出来ていたが、今週もそれなりに色気を出して緩めずに調整してきた。一度負荷をかけられた事で先週小さく感じた身体の使い方もそれなりに改善されており、脚の出し方や可動域は大きく違いを感じる。

内面にもいい感じにスイッチが入っており、頸をしっかりと使ってグイグイと前へ出る姿は2歳馬離れしている。

ただ、これでもキ甲のラインを見ると大きく成長の余地を残している馬なので、現時点でも決して完成度が高いとは言えないが、それでもこれだけ動けると言う事はそれだけ能力が高い馬だと思っていいのではないだろうか。

レシステンシア

先日負荷をかけていた事もあって今週は馬なりでの調整。それでも時計はしっかりと出ており、ラストの弾け方もなかなか見どころがある中身の濃い追い切りとなった。

線が細く頼りない身体に見えてしまうが、頸差しの太さやフォームなどはいかにもこの父という感じで、ここに体形がついて来ればなかなか面白そうな馬に成長しそう。

ただ、デビュー前から良い意味でも悪い意味でも内面は変わらずという感じなので(良い方に転んでハマれば前走のような事になる)、牝馬に出ている以上これはプラスになる事はないと思うが果たして

リアアメリア

内面を考慮してか前半はそろっと入り後半だけ負荷をかけてくる追い切り。その成果もあってか、頸と脚を出すリズムはある程度改善されており、動きは先週以上に見映えするようになっている。

身体の使い方は小さいものの、脚の回転の速さや地面を蹴る力強さはさすがの一言で、身体の大きさに比例しない牝馬らしい柔らかみと繊細さがこの馬の最大の武器と言えるのではないだろうか。

一応難しい一面を出す事なく追い切りを消化出来ているので、今回は積まれてるエンジンをフルに活かせるかどうかがポイントになるか。当然力通りならここはアッサリとみる。

マルターズディオサ

馬なりで相手に並びかけ、スッと加速して前へ出るシンプルな追い切りではあるが、2歳馬という事を考えるとこれを簡単にやってのける事を評価したい追い切り。最後は緩めて流すが、それでも相手との着差を保ちながらフィニッシュするなど見た目以上に内容は濃かった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りを見ていると案外面白いレースになりそう。

なお、中日新聞杯の予想と海外4レースの予想、カペラステークスはいつものようにnote内での公開しております。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第71回 阪神JF(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在6年連続的中、過去10年でも8勝、万馬券的中4回を誇る当社ドル箱GIの1つとなっているレース。これだけの実績を残しているのは決して偶然ではなく、必然とも言えるだけの明確な理由が存在する。

関係者の間では、2歳戦は『情報が命』とも言われている。それは、メンバーの大半がキャリア数戦しかしておらず、データなど数字面でジャッジするには材料が決定的に不足することも関係している。世間一般で入手できる情報がかなり制限されることになる上に、若駒は時計を一気に詰めるケースもあるため、数字だけで推し量ることは極めて難しいのだ。

そうなると、世間一般の方々が頼る情報源は、新聞の印やコメントの類に偏るわけだが、日頃からお伝えしているように、厩舎が出すコメントはあくまで表向きに出される建前であり、自分たちにとって不利益になるような本音などを出すことはまずあり得ない。しかも、今は外厩仕上げが一般となり、一般マスコミの取材対象であるトレセン内の情報だけでは不十分。いかに、世間に流布する情報を頼りに馬券を買ってはいけないか、おわかり頂けるはずだ。

無論、我々シンクタンクは、厩舎、騎手、馬主、生産者、外厩、生産牧場、エージェントなどなど、あらゆる関係者の本音や裏ネタ、懐具合などの裏事情を把握できるような情報網をしっかりと構築。キャリアの浅い2歳戦であろうとジャッジに迷うことはなく、むしろ情報力の差が大きくでる分、儲けやすいドル箱レースとしているわけだ。

実際、今年の2歳重賞だけでも、万馬券的中のファンタジーSと小倉2歳Sを筆頭に、新潟2歳S、サウジアラビアRC、アルテミスS、デイリー杯2歳S、東京スポーツ杯2歳S、京都2歳Sを的中させており、その他にも2歳戦から高配当的中をお伝えしている。

今年の阪神JFでも、レースの核心に迫る情報を既に入手済みだが、おそらく世間一般に出ることはまずないだろう。本来であれば阪神JFの情報に関しては無料公開が憚れるところだが、まだ弊社シンクタンクの情報を体験したことがない方に限り、特別も特別に【情報注目馬5選】を公開する。このチャンス、ぜひともお見逃し無く。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第71回 阪神JF(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク