【阪神カップ2019予想】+中山大障害

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、阪神カップの予想を。グランアレグリア、マイスタイル、グァンチャーレ、イベリスなどが出走する芝1400mのG2レース。

阪神カップと言えばオルフェーヴルを1円も買わずに有馬記念で大負けした翌日に☆リアルインパクト◎ガルボ〇クラレントで激しく3連単が刺さった思い入れのあるレースで、あの日は1日を通して覚醒していた気がします。

今はあの頃のように1年間後先考えずに強気すぎる馬券のみで勝負する事がなくなったので帯を取る数は減ってしまった気がしますが、今週は色々な意味でチャンスだと思っていますので、(特にWIN5で)後先考えずに攻めていこうと思います。

まずは本題の前に大好きな障害レース、中山大障害の予想を軽く。こちらのレースは毎年現地で観戦していましたが、今年はメンツもメンツですし現地で観る事は早々に回避しました。

中山大障害

シンキングダンサー

これまで何度も狙った事がある馬ではあるが、地味にJG1で本命を打つのはこれが初。オジュウチョウサンやアップトゥデイト、ニホンピロバロンの名がない今年は大きなタイトルに手が届くチャンスで、スタミナが非常に豊富な馬なので中山4100m戦で競馬が出来る今回は前走から更にパフォーマンスを上げてくる可能性が高いのでは。

春の中山グランドジャンプではオジュウチョウサンに真っ向勝負を挑んで完敗してしまったが、後続は大きく突き放していたので、この時の相手や展開を考えるとこの馬も相当強い競馬をしているだろう。

今年は相手にも恵まれた印象を受けるので、ある程度人気でも馬券はここから組み立てるのが正解ではないだろうか。

阪神カップ

本命は人気ブログランキングへ

今回は何も考えずに黙ってここに厚い印を打ちたい。以前に馬体や立ち回りの上手さからすると本質は1400m向きの馬と書いたように、前走から条件が好転する今回は素直に買いでいいだろう。

直線で中段からしっかりと脚を伸ばし、一旦は先頭に立つ見せ場たっぷりの競馬をした2走前のレース内容が非常に優秀で、あの競馬がここでも出来ればまず上位争いに加わってくる存在と言えるのでは。

今年はこの馬に酸いも甘いも経験させてもらったが、最後の最後に前走の借りを返す舞台は整った。

対抗はフィアーノロマーノ

ここは待ちに待った待望の1400mなので、近走の結果、着順は度外視して印を打ちたい。 

もともと浮き沈みが激しい血統なので、ハマればいきなり大幅な変わり身があっても驚けないタイプ。この馬がとにかく強いと感じた条件が1400mなだけに、鞍上スミヨンの恩恵を受ける事が出来ればここは変わるタイミングと言えるのでは。

グァンチャーレ

直線ど真ん中から先頭に並びかけるぐらいの勢いがあった安田記念の内容が非常に優秀で、その後も勝ち馬との着差はそう大きいものではないだけに、今回の相手なら好勝負に持ち込む事が出来るチャンスだろう。このコースならいつものように上手く立ち回ればバタッと止まるような事はないとみた。

グランアレグリア

色々と頓挫があって復帰が遅れてしまったが、大きな影響がなければこのぐらいのレベルならあっさりの馬だろう。初の1400mも内面を考えると極端に割り引く必要はないのでは。

人気ブログランキングへ
〇穴フィアーノロマーノ
▲グァンチャーレ
☆グランアレグリア
△シュウジ
△シヴァージ
△ワンアフター

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第64回 有馬記念(G1)>

アーモンドアイ・リスグラシューを
脅かす穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.3.1.1]、2人気[2.1.2.5]、3人気[1.0.2.7]。1人気が馬券圏に外れたのは1度のみと安定した成績を残している。平均配当では馬連3230円、3連複9370円、3連単4万7710円。伏兵馬では12年オーシャンブルー(10人気2着)、10年トゥザヴィクトリー(14人気3着)、09年エアシェイディ(11人気3着)などの二桁人気馬が激走し波乱の立役者となっている。

年齢別の成績では3歳馬(5勝)、4歳馬(1勝)、5歳馬(4勝)。3歳馬の優勝はヴィクトワールピサ、オルフェーヴル、ゴールドシップ、サトノダイヤモンド、ブラストワンピースがいるが、ヴィクトワールピサ・ブラストワンピース以外は菊花賞を勝っている。また、ヴィクトワールピサも皐月賞を勝っており、ブラストワンピース以外は全てクラシック勝ち馬である。6歳以上は連対馬もなく苦戦。

ステップレース別での成績では菊花賞組(4勝)、ジャパンC組(3勝)、天皇賞秋組(1勝)、アルゼンチン共和国杯(1勝)、海外組(1勝)。その他からの参戦組みは苦戦必至。勝ち星こそないが、連対のある金鯱賞・エリザベス女王杯組みは要注意か。また、菊花賞組の4勝中3頭が菊花賞馬であった。今年は菊花賞馬ワールドプレミア、3着馬ヴェロックスが出走する。

GI馬11頭が揃う今年の有馬記念。リスグラシュー、レイデオロ、シュヴァルグラン、アルアイン、アエロリットがラストランとなるが、有終の美を飾り引退となるか?3歳馬ではワールドプレミアム、ヴェロックスが古馬と激突。過去10年でも菊花賞組から4頭の勝ち馬を出しているが果たして。昨年のブラストワンピースに続き2年連続で3歳馬の優勝なるか?

香港遠征を回避したアーモンドアイもルメールとのコンビでGI7勝目を狙う。今年は最強馬決定戦のグランプリレースとなる。

競馬セブンでは昨年の有馬記念も◎レイデオロ〇ブラストワンピース本命対抗にて馬連940円・3連複4910円・3連単2万5340円パーフェクト的中!今年は好メンバーが揃い配当妙味も十分だが、実は波乱の立役者となる人気薄濃厚の穴馬の存在が!さらに人気を背負う有力馬の不安情報も極秘入手済。馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『有馬記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク