【ポラリスステークス2020予想】+ファルコンステークス他

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、ポラリスステークスの予想と重賞の中山牝馬ステークス、ファルコンステークスの予想などを一気にまとめて公開していきます。

今週は重賞が大量なのである程度数を打つ予定ですが、時期的なものでバタバタしている事もあり、なかなか上手く記事を更新出来ません。ただ、予想にはある程度時間を取っているので、勝負度や購入額はいつも通りなのでご安心を。

まずは先週に続いて予想ではない例のアレを残しておきます。今週は馬場が不透明なのでかなり数を絞りました。

中山

1R★マープル

3R▽ベルベストスター

8R★ガビーズメモリー、★フォークアート

12R★ヒッチコック

阪神

1R★モモイロキッス

3R★サイモンクラブ

11R★メイショウショウブ

中京

1R★モーニングデュー

2R★ナリタウルフ、★ミコハーン

4R★エフティハヤテ、▽ヘヴンレーヴ、▽セルレア

7R★ドゥシャンパーニュ

こちらの答え合わせも先週の答え合わせと同時に行います。続いて軽くではありますが重賞の予想を2つ。

まずは中京メイン、ファルコンステークスの予想を。アブソルティスモ、ウイングレイテスト、シャインガーネット、ビアンフェ、ラウダシオンなどが出走する芝1400mのG3レース。

ファルコンステークス

人気ブログランキングへ

おそらく極端に馬場が渋る事はなさそうなので、時計勝負になれば本馬が強そう。前走は追い出すタイミングがワンテンポ遅れてしまったが、追われてからの伸びはなかなか見どころがあったので、今回もスムーズに馬群を捌くことが出来れば最後は確実に脚を使ってくるだろう。

対抗はトリプルエース

前走を見る限り現状このぐらいの距離が合っている印象を受けたので、距離短縮の今回は改めて期待したい一頭。この距離なら折り合い面も心配はなさそうなので、これまで通り脚を溜める競馬が出来ればここは巻き返しがあるだろう。

人気ブログランキングへ
〇トリプルエース

続いて中山メイン、中山牝馬ステークスの予想を。ウラヌスチャーム、カリビアンゴールド、コントラチェック、デンコウアンジュ、フェアリポルカなどが出走する芝1800mのG3レース。

中山牝馬ステークス

レイホーロマンス

走っても走っても人気にならないが、前走の小倉大賞典も牡馬を相手に見せ場をつくっているので、牝馬限定戦でハンデ51キロでの出走となる今回は非常に怖さがある馬と言える。

馬場が渋っても全く問題ないタイプで、コントラチェックが緩めずガンガン飛ばす展開になればラストはこの馬の差し脚が活きる事になるだろう。ここは愛知杯の再現を期待してもう一度本馬に本命を打つ事にした。

対抗はフェアリーポルカ

想像以上に人気になっている点は気になるが、内枠、コース替わりと走れる条件は揃っているので、前走ぐらい走れば今回は勝ち負け争いに加わってくるか。

◎レイホーロマンス
〇フェアリーポルカ

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

ポラリスステークス

本命はメイショウショウブ

待望のダート替わりという事でここはある程度票を集める事になっても抜けた人気にならないであろう今回が絶好の狙い目とみて本命を打つ。

これまでダートの経験は未勝利戦での一戦のみとなるが、すんなり先行して直線でも楽々後続を突き放した内容からすると適性はなかなか高そうな馬で、この産駒らしくしぶとさがウリのタイプなだけに、ダートとなればその良さが最大限に引き出される事になるのでは。

兄のメイショウアリソンもダートで5勝をあげており、母方の現役時代の持ち場を考えてもまずダートは合うと思うので、前走のように下手に守りに入るような競馬ではなくガンガン飛ばすような展開に持ち込めば逃げ切りまであるだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

前走で相手にした馬のレベルを考えると今回は一気に相手が楽になる印象を受けるので、極端な位置取りにならない限りは勝ち負け争いに加わってくる一頭と言えるか。ただ、どちらかといえば広いコースでノビノビと走らせた方が本来の良さが活きるようなタイプなので、阪神コース替わりに関してはややマイナスといったところか。

▲にヴァニラアイス

これまでテーオージーニアス、エアアルマス、デュープロセスといった重賞で勝ち負けしている馬と差のない競馬をした経験がある馬なので、オープンクラスのレースであれば休み明け一発目から結果を残してくるだろう。

☆穴にブルミラコロ

気性面が足を引っ張ってしまう事もあって成績にムラはあるが、この気性面をレースで活かす事が出来れば力は重賞でも足りる馬。年齢の関係からか最近はいきっぷりが悪くなった感じがするものの、道中しっかりと折り合って上手く脚を溜める事が出来ればまとめて面倒を見れるだけの脚はある。

◎メイショウショウブ
人気ブログランキングへ
▲ヴァニラアイス
☆穴ブルミラコロ
△スマートダンディー
△ホウショウナウ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 金鯱賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

何度となく施行時期、条件が変更されているレースではあるが、2017年からは大阪杯のステップとして3月に行われることになった。去年はダノンプレミアム、一昨年はスワーヴリチャードとGI馬が勝ち馬に名を連ねているように、毎年、一線級の参戦が多く、GI並みのメンバーが揃うことも少なくない。

今年もサートゥルナーリア、エポカドーロと2頭の皐月賞馬が参戦を予定しており、他にもユーキャンスマイル、5連勝中のロードマイウェイなど、メンバーの大半が重賞ウィナーと豪華な顔ぶれとなりそうだ。

しかし、必ず頭に入れておかねばならぬのは、ココは本番ではなく、あくまで“ステップ”に過ぎないことだ。賞金が足りており実績は十分、本気でGI獲りを狙う馬であればココの仕上げは余裕残し。一方、「どうしても賞金が欲しい」「目先のことは考えずココが勝負」という馬はキッチリと仕上げてくる。場合によっては、“メイチ”ということすらあり得る。

果たして、余裕残しで臨む実力馬と、現時点では格下でもココに勝負を懸ける馬では、どちらが上なのか。このジャッジを的確することが、金鯱賞、引いてはGI前哨戦の馬券攻略の重要なポイントとなる。

とは言うものの、新聞紙面、ネットやSNSなどに流れ出る情報はあくまで表向きの話であるため、それらをいくら集めてみたところで、的確なジャッジを下すことなど非常に困難。トレセン内だけではなく、馬主、外厩といった、一般マスコミやファンレベルでは入手できない関係者から話を聞くことができる情報力が必要となってくる。

それをできるのが、創業25年以上を誇る老舗競馬情報社のシンクタンクだ。元JRA騎手、元JRA調教師といった大物OBや、現役馬主などの大物が情報ルートとして在籍し、どこからでも情報を収集できる情報体制が構築されている。各陣営の勝負度合い、力関係などをしっかりと網羅しているから、的確なジャッジも可能となるのだ。

間違いなく今週の注目レースの1つとなる金鯱賞、今回はこのレースにまつわる関係者情報と絶対に買うべき【馬券候補5頭】を特別無料公開する。このレースの馬券攻略はもちろん、その先の大阪杯などにも関わってくる情報も多いので、ぜひともご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 金鯱賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク