【初花月特別2022予想】本命ホウヨウクリスタル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は25日の浦和メイン、初花月特別の予想を。フクサングレート、リュウノゾロ、ウインドブロウン、ダイリュウボーラー、ブルーローズなどが出走するダート1400mのB2二。

今週の地方はもうお腹いっぱいかもしれませんが、チラッと馬柱を見るとちょっとだけでも買っておきたいと思ってしまいましたので(病気)、せっかくなので予想もブログで公開しておきます。

ただ、先日の勝負レース、ユングフラウ賞のようにガッツリと買うようなレースではありませんので、ユングフラウ賞で回収した資金は大好物の中山が控えている週末の中央に、という感じになります。

中山記念が的中しなければ渾身予想を3/27まで無料配信

初花月特別

ホウヨウクリスタル

頭数の割に難しいレースとなったが、枠、展開、コース、相手関係と走る条件揃った今回は馬券はベタでもここから入ってみたい。

人気を裏切ってしまった前走の祝月特別では差し馬が台頭する流れの中を逃げて勝ち馬から0.3秒差の競馬なら完全に負けて強しと言える内容で、最後に盛り返してもうひと伸びした辺りがこの馬の能力の高さを示していた。

更に2走前の冬至特別でも実力馬であるサヨノグローリーを相手に不利な外枠から先手を奪って2着ならこちらのレースも決して悪い内容ではないので、ここ2走の競馬を見る限り今回の相手であれば楽々押し切り勝ちまであってもいいだろう。

前走、前々走の結果は1500mという距離も少なからず影響していると思うので、1400m戦での競馬であれば最後の粘りも増す事になる。

ダイリュウボーラー

単純な能力の高さでの比較になれば他馬に分があるも、こちらも引き当てた枠、展開を考えると勝ち負け争いに加わってきそうな一頭。

前走も展開、馬場を考えるとそれなりに走れていたので、今回も勝負所で置かれるような事がなければ終いは確実とみる。

◎ホウヨウクリスタル
〇ダイリュウボーラー
△フクサングレート
△ウインドブロウン
△リュウノゾロ
△ブルーローズ

その他地方競馬予想、週末の重賞の展望記事はこちらから。

【中山記念2022展望他】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第96回 中山記念(G2)>

GI馬ダノンザキッドを脅かす
隠れ穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征や大阪杯へ向けた始動戦として有力馬が集まり注目度が高い重賞[中山記念]。過去の勝ち馬にはサクラチトセオー、サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイント、ウインブライト、ネオリアリズム、ダノンキングリーなどのGI馬(海外含む)がおり、出世レースとして知られる中山記念。

過去10年の平均配当は馬連3280円、3連複1万3060円、3連単5万5030円。馬連3桁配当は3度あり順当に決まるケースが多いが馬連万馬券が1度あり波乱になるケースもある。3連単での最高配当は31万5300円が出ているが10万馬券を超える特大馬券は1度のみで波乱の多いレースではない

過去10年の上位人気別の成績は1人気【3.0.0.7】2人気【3.2.2.3】3人気【3.1.1.4】。1人気で勝ったのは21ヒシイグアス、20年ダノンキングリー、16年ドゥラメンテの3頭だが直近では2連勝中。また1人気は3頭の勝利馬がいるが連対も3とのみで信頼度は高くない。

【過去10年・年齢別の成績】は4歳馬【4.3.5.13】5歳馬【5.4.0.23】6歳馬【1.2.2.24】7歳馬【0.1.2.15】8歳上【0.0.1.14】。4.5歳馬が9勝(2着7回)で4.5歳馬の活躍が目立つ。7歳以上の高齢馬は連対が1度のみで勝利馬なし。高齢馬は厳しい。

GI競走へのステップレースとなる中山記念だが、今年は配当を引き上げる隠れ穴馬が出走!競馬セブンでは波乱の立役者となる人気薄の「隠れ穴馬」の激走情報を極秘入手済!「隠れ穴馬」が馬券に絡めば好配当必至!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク