【平安ステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、平安ステークスに出走を予定しているゴールドドリーム、オメガパフューム、ロードレガリス、スワーヴアラミス、スマハマの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着

平安ステークス最終追い切り

オメガパフューム

硬さが残っていて追われてからの反応もイマイチに感じた先週の追い切りとは違い、今週は素軽い動きとスムーズな脚捌きが戻ってきた。外を回って直線入り口で加速し、エンジンがかかるとあっという間に相手に並びかけて楽な手応えのまま先着。

全体的に力強さには欠けるような走りではあるものの、最後まで弾ける事が出来なかった先週とは違い、しっかりとスピードに乗れた事には好感が持てるので、78割ほどの仕上がりには持ってこれたと思っていいのでは。

ゴールドドリーム

終始ゆったりとしたフォームでリズムよく走れているが、身体を大きく使った動きは抜群に良く見える。先週のようにほぼ馬なりでもしっかりと加速出来ており、最後も手応えを十分に残したまま走り切れていたので、こちらも前哨戦からある程度仕上げてきた印象を受ける。

年齢的に上積みや大きな変化こそ感じられないものの、若い頃の動きと比較しても極端に衰えた感じはしないので、7歳でもまだまだやれるだけの馬と言えるだろう。まず好調とみる。

スマハマ

前半は気持ちが表に出過ぎている印象を受けるが、直線に入って追われてからの動き、フォームは高いレベルで安定しており、脚捌きにも適度に力強さが感じられた。

ただ、トモを中心に馬体全体に緩さが残っているので、出来に関してはまだまだお釣りを残しての仕上がりと思った方がいいだろう。良い頃はもう少しピリッとした面を見せていたので、完調にはもう少し時間がかかりそう。

スワーヴアラミス

胸の広さと頸差しのラインの硬さは気になるが、肩やトモを含めて馬体はパンパンに張っている。追われて反応はワンテンポ遅れるが、スピードに乗るとそのまま一気に加速して余裕残しでフィニッシュ。最後まで一切緩める事なくビッシリと追われていたので、この馬に関してはここを全力という感が強いのでは。

ロードレガリス

まだまだ馬体に余裕はあるが、力強くパワフルな動きが目に付いている。最後は流し気味の調教パートナーに遅れを取ってしまったが、こちらもビッシリと追われた訳ではなかったので、相手につけられた着差などはあまり気にする必要はないか。一応次を考えてのつくりではあるが、ここも最低限の出来には持ってこれた。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 オークス(G1)>

桜花賞馬デアリングタクトは
無敗で2冠達成なるか!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からは昨年のラヴズオンリーユーら3頭の優勝馬が出ている。桜花賞組に続き出走頭数の多いフローラS組からは、10年の同着優勝となったサンテミリオンがいる。スイートピーS組みは18頭が出走し連対したのは昨年2着のカレンブーケドール1頭のみ。500万条件組も14頭が出走し馬券圏の好走はなし。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主体となっている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、アパパネの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8990円、3連複1万1880円、3連単10万16200円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は3戦3勝で桜花賞を制したデアリングタクトが無敗でオークスに出走。無敗でオークスを制したのは1943年クリフジ、’46年ミツマサ、’57年ミスオンワード、2006年カワカミプリンセス、2019ラヴズオンリーユーの4頭。無敗の桜花賞馬でオークスに出走し連対したのは1990年アグネスフローラ2着、1991年シスタートウショウ2着の2頭のみ。今年の桜花賞を制した無敗馬デアリングタクトは無敗で2冠達成なるか!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク