【平安ステークス2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、平安ステークスに出走を予定しているアメリカンシード、オーヴェルニュ、マスターフェンサー最終追い切りに関する記事を。

なお、こちらの平安ステークスの予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【平安ステークス2021予想他】5月22日勝負レース

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着
サトノダムゼル 2人気8着
エイシンヒテン 4人気11着
デアリングタクト 1人気2着
ルース 4人気9着
ランドオブリバティ 2人気7着
シャフリヤール 2人気1着
カレンブーケドール 1人気2着
マルターズディオサ 9人気8着
スマイルカナ 1人気14着
コントレイル 1人気3着
デゼル 1人気1着
サトノレイナス 2人気2着
ラーゴム 5人気13着
ホウオウアマゾン 1人気1着
ミスニューヨーク 3人気9着
パープルレディー 3人気6着
ユーキャンスマイル 5人気7着
ワンダフルタウン 3人気1着
マカオンドール 2人気3着
グレナディアガーズ 1人気3着
ラウダシオン 1人気1着
レシステンシア 2人気6着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在7年連続的中!超ドル箱G1オークス!

今年も当然自信アリの◎!

【オークス注目穴馬】

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

【オークス注目穴馬】

平安ステークス最終追い切り

アメリカンシード

頭と頸を出すタイミングが合わず、重心のブレも目立つ動き。勝負所の反応もイマイチで、身体を使えていない事もあって追われている程伸びる事が出来ない。ただ、馬体の張りや肉付きは相変わらず素晴らしく見えるので、ここに動きが付いてこれば、という感じになるか。

前走時の動きと比較すると大きく変わった様子は感じられないが、逆にいえば出来が極端に落ちたという事もないので、スムーズなら前走のような結果にはならない可能性が高いと思うが…。

オーヴェルニュ

可動域が狭い事もあって馬体以上に動きは小さくこじんまりとして見えるが、脚の回転は速く、ダート馬の割にはスピードを感じられる走りとなっている。

馬体を含めて見た目はかなり地味なタイプではあるものの、地味な割には動きはそこそこ目に付く馬となっているので、近走の勢いを考えると完全に本格化したと思っていいのでは。

休み明けらしくひばらのラインに緩さがみられる点は割り引いて考えたいが、それでも前走から大きく緩んだ様子は感じられないので、G3ならこれぐらいの出来で十分だろう。

マスターフェンサー

先週の追い切りでは馬体がギリギリに見える点や一週前の手応えの悪さをみると大きな変化には期待は持てそうにないと書いたが、今週の動きを見る限りその書いた通りの結果、出来となっている。

相手がこちらの出方を待つような場面が見られたが、追っても追っても全く反応がなく、馬なりの相手に負荷をかけてもついていく事が出来ず大きく遅れを取る形に。

先週ある程度動けていれば話は違ってくるが、先週の動きが動きなだけに、この内容で評価する訳にはいかないだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらの平安ステークスの予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【平安ステークス2021予想他】5月22日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第82回 オークス(GI)>

桜花賞馬ソダシ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

1993年以降の優勝馬では、ダンスパートナー(G1・2勝)、エアグルーヴ(G1・2勝)、メジロドーベル(G1・5勝-2冠馬)、スティルインラブ(G1・3勝‐3冠馬)、シーザリオ(G1・2勝)、カワカミプリンセス(G1・2勝-2冠馬)、ブエナビスタ(G1・6勝-2冠馬)、アパパネ(G1・5勝-3冠馬)、ジェンティルドンナ(G1・7勝-3冠馬)、アーモンドアイ(GⅠ・5勝-3冠馬)、デアリングタクト(G1・3勝-3冠馬)などの名牝が名を連ねる。

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からはラヴズオンリーユー、ミッキークイーン、エリンコート3頭の優勝馬が出ている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはデアリングタクト、アーモンドアイ、ジェンティルドンナの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。

また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.0.8]と上位人気馬が安定した成績を残している。1人気は5年連続優勝、7年連続で連対、馬券圏を外したのは2度のみと信頼できる軸馬。また、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝。二桁人気の伏兵馬は20年ウインマイティ(13人気3着)、19年カレンブーケドール(12人気2着)の2頭が馬券圏に好走。

平均配当では、馬連8980円、3連複1万2370円、3連単10万1390円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は5戦無敗で桜花賞を制したソダシが出走。桜花賞2着馬サトノレイナスはダービーに向かうため不在だが、桜花賞上位組からはファインルージュ、アカイトリノムスメ、アールドヴィーヴル、ククナ、忘れな草賞優勝馬ステラリア、フローラS組からクールキャット、スライリー、ユーヴァーレーベン、スイートピーS優勝馬タガノパッションなどがスタンバイ!
競馬セブンは人気薄確実な「隠れ穴馬」の激走情報を独占スクープ!ソダシら有力馬陣営が恐れる「隠れ穴馬」の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第82回 オークス(GI)>

桜花賞馬ソダシ陣営が恐れる
隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク