【京浜盃2020予想】本命ヴァケーション

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は18日の大井メイン、京浜盃の予想を。ヴァケーション、ファルコンウィング、ストーミーデイ、ティーズダンクなどが出走するダート1700mのS2レース。

先週行われた地方競馬は一発目の黒船賞こそ大外れだったものの、ダイオライト記念は配当は跳ねませんでしたが◎アナザートゥルース〇ウェスタールンド▲サウンドトゥルーのド本線決着。

そして名古屋大賞典〇ロードゴラッソ◎アングライフェン☆ナムラカメタローで決着し、こちらも印を絞ってしっかりと本線的中。対抗馬が2着なら3連単も馬単も相当持っていたので大爆発こそ逃したものの、地方はかなり波に乗ってきました。

調子がイマイチだった中央も先週のフィリーズレビュー11万馬券の的中もあってやっと歯車が噛み合ってきた感じがしますので、この調子で今週も爆発を狙います。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

京浜盃

本命はヴァケーション

これまでの実績を考えるとここは圧倒的な人気に支持される事になると思うが、それでも今回は本馬の主役は揺るがないとみて不動の本命に。

前走の全日本2歳優駿はメイショウテンスイ、テイエムサウスダンといった重賞実績のある中央馬を相手に直線で鮮やかな差し切り勝ち。更にロスがあっての競馬だったので、仮にスムーズに追い出せていればもう少し楽に勝ち切っていた可能性も高かったのでは。

大井で負けている点は気になるが、ここまでの競馬を見ても右回りが全くダメというタイプではないと思うので、距離を延ばして追走が楽になれば以前のような事にはならないだろう。ここは当然勝ち負け。

対抗は人気ブログランキングへ

得意の大井、そして距離短縮と買い材料が揃った今回はヴァケーションが相手でも好勝負に持ち込める存在とみて対抗に。これまで相手にしてきた馬のレベルもそこそこ高いので、能力はここに入っても十分足りる馬だろう。

今後は12001400m辺りで化けてきそうな感じもするが、スピードが活きる馬場なら中距離でもある程度誤魔化しが利くと思うので、今回は馬場と展開込みで怖さがある一頭と言える。

ファルコンウィング

雲取賞を含めてこれまで何度もお世話になっている馬ではあるが、今回は前走ほど楽な展開には持ち込めないとみて一応の3番手に。

ただ、2走前のニューイヤーカップでは勝ち馬であるグリーンロードには突き放されてしまったが、本馬も勝ち馬を追いかける厳しい展開になりながらも最後まで大きく垂れる事なく粘っていたので、ここも自分の形に持ち込めば本来の粘りが活きる事になるだろう。

再び揉まれる可能性が低い外枠を引き当てた事もプラスに転ぶ。

チョウライリン

常に強豪馬を相手に見せ場をつくっているので、展開さえ向けばどこかで一撃があってもいい存在。前走の雲取賞の結果を見ると距離はマイルぐらいが合いそうなタイプなので、前走から少しでも距離が短くなるのはプラスになるのでは。

◎ヴァケーション
人気ブログランキングへ
▲ファルコンウィング
☆チョウライリン
△ティーズダンク
△ピアノマン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 スプリングS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホープフルSを制したコントレイル、朝日杯FSを制したサリオスと、無敗のGI馬2頭がともに皐月賞に直行という状況だが、このスプリングSが終われば、おおよそクラシックの勢力図が見えてくることになる。

また、1800mで行われる同レースには、NHKマイルカップを見据えた馬も参戦する。クラシックのみならず、3歳マイル路線を占う上でも注目の1戦だ。

そのため、

「本番前の叩き台」
「3着以内に入って優先権を獲りたい」
「このレースで今後を決めたい」

などなど、他のトライアルよりも各陣営の思惑は様々。新聞のコメント、ネットやSNSなど世間に出回る関係者の建前だけでジャッジできるような簡単なレースではない。攻略するためには、関係者の“本音”の部分を知る必要がある。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった名馬に携わった元調教師、元騎手が情報ルートとして在籍し、関係者からしっかりと本音を聞き出せる体制が整っている。事実、スプリングSは過去5年で4勝と結果を残しているレースだ。

今週はひとりでも多くの競馬ファンに、“本物の関係者情報”が存在することを知ってもらうべく、スプリングSの情報、それを元に選出される【馬券候補5頭】を特別公開する。覚えておけば、春のGⅠシーズンでも役に立つ情報もあるので必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 スプリングS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク