【ホープフルステークス2018予想】本命ヴァンドギャルド

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は今年最後のG1レース、ホープフルステークスの予想を。ニシノデイジー、ブレイキングドーン、サートゥルナーリア、ミッキーブラック、アドマイヤジャスタ、ヴァンドギャルドなどが出走する芝2000m戦。

最後に大きい馬券を当てて締め括りたいという気持ちはありますが、無理に気負う事なくいつものように予想しました。先日の有馬記念で大ダメージを受けたので全くテンションが上がりませんが、機械的に淡々と購入して事故を待つ事にします。なお、時間に余裕があればその他のレースも追加で更新する予定です。

まずは本題の前に2018ファイナルステークスの本命馬をあげておきます。

2018ファイナルステークス

人気ブログランキングへ

正直3頭でかなり迷ったが、迷った時は人気薄という事で一番人気がないこの馬を本命に。少しムラはあるが、力を出し切れば今回の相手でも能力は上位。いかにも1400m向きの差し馬というタイプで、前走からの上積みに期待が持てる今回は非常に怖い存在と言える。

3点勝負買い目を無料公開

ホープフルステークス

本命はヴァンドギャルド

メンバーが揃った前走の東京スポーツ杯では勝ち馬ニシノデイジーからタイム差なしの2着。キャリア1戦で臨んだ事や直線でこの馬が通ったコースを考えると勝ちに等しい内容といえ、今回は使われた上積みなどを考えると逆転はそう難しいものではないのでは。

初戦の内容をみる感じでは血統通りパワー寄りに出たタイプなので、東京から中山替わりもマイナスになる事は考えられず、タフな馬場で競馬が行われるのも追い風となる可能性は高い。

馬群を気にするようなタイプではないのでもう少し内枠を引いて立ち回りを活かすような競馬をする事が理想ではあったが、今開催の中山1800m以上のレースでは真ん中から外枠を引いた馬の好走が目立っているので、ここは極端に割り引いて考える必要はないと判断。

大舞台ではあまり厚い印を打ちたいとは思わない鞍上ではあるが、去年のこのレースを勝利している点と案外手が合いそうな点を考えると自然と今回の印となった。

対抗はブレイキングドーン

前走京都2歳ステークス2着からのローテは去年の勝ち馬であるタイムフライヤーと同じで、勝ち馬であるクラージュゲリエとは0.1秒差の競馬だったが、クラージュゲリエが札幌2歳ステークスでニシノデイジーと0.1秒差の競馬をしていた事を考えると本馬の能力もそれなりに高いと言える。

今年はかなり早い段階からヴィクトワールピサ産駒の当たり年と言われていた割にはいまいち活躍馬が出ていない印象を受けるが、最後の最後にこの馬が決めるという可能性も十分考えられるだろう。本命馬と同じサンデーとノーザンダンサー系を併せ持つ血統を重視して本馬を対抗とする。

▲に人気ブログランキングへ

経験値が決して高い馬とは言えないが、右回り、左回り、スローペース、ハイペースと現時点でこれだけ異なる条件での競馬を経験出来ている点は心強い。父は勿論ではあるが、母方の血統をみても中山2000m戦は大歓迎といえ、今回の舞台で力を出し切れば案外一番強かったりもする。

ただ、無理に出すような事をしない限りは折り合いを心配する必要はなさそうではあるが、逆に今回の枠で後方からの競馬になった時に何も出来ないという可能性は十分考えられるので、ここは鞍上込みで半信半疑というこれぐらいの印でお茶を濁す。

☆にサートゥルナーリア

前走を勝った直後にほぼ朝日杯フューチュリティステークスに向かうという言葉があっての今回となだけに、少し評価に困った1頭。

ただ、2000mという距離と中山コース替わりに不安がない訳ではないが、暮れの2歳戦に滅法強い血統なので、多少の不安があってもここではこれ以上評価を落とす事は出来ない。

それでもここ2戦の内容や相手が緩く、一気にレベルや流れに違いが出るであろう今回はどこまで母方の繁殖能力でカバー出来るか。ちなみに母シーザリオは中山で(2.0.0.0)という成績だったが、兄のエピファネイア、リオンディーズ、グローブシアターは全馬含めて(0.2.1.5)と勝てておらず、この兄弟にとって今回のコースは鬼門と言えるだろう。

追い切りの動きをみていると飛びつきたくなるが、中山2000m戦で頭で突き抜けるイメージが沸いてこないので、人気を考えるとこれ以上の印を打つ事は出来なかった。

◎ヴァンドギャルド
〇ブレイキングドーン
人気ブログランキングへ
☆サートゥルナーリア
△アドマイヤジャスタ
△ジャストアジゴロ
△ミッキーブラック
△タニノドラマ
△コスモカレンドゥラ
△キングリスティア
△ヒルノダカール

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第35回 ホープフルS(GI)

サートゥルナーリアの首を
狙う激走穴馬が!?
好配当を狙い撃つ!1点を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年からGIに昇格し、翌年のクラシック戦線を占う上でも、更に重要度を増したホープフルS。牡馬クラシック初戦の皐月賞と同じ中山芝2000mの舞台で行われることもあって、各陣営にとって”使う意図”がどこにあるのかを把握することも重要となる。第一に「なぜ、朝日杯FSを選択せずココを使うのか」という点。第二に「日本ダービーの舞台とは直結しないこのレースを使う意義」。これらを引っ括めて、ノーザンファームを筆頭とする社台グループの使い分けなど、注目すべき点が多々ある。

こうした思惑は、基本的に門外不出の内部情報。一介の記者や競馬ファンのレベルで網羅することは、ほぼ不可能に等しい。そして、キャリアの浅い2歳戦はデータの絶対数が少なく、関係者の間では『情報が命』と呼ばれているように、馬券を攻略するには情報力が普段以上に重要となる。

事実、業界最高峰の情報網・情報力を持つ弊社シンクタンクは、去年も阪神JF、朝日杯FS、ホープフルSの2歳GI3レース全てで的中をお届けしており、今年も阪神JF、朝日杯FSで情報通りの的中。その他、2歳重賞から数々の的中をお伝えしてきた。

無論、今年もホープフルSで的中を掴むべく、あらゆる関係者から内部情報を入手できる態勢が整っている。関係者の間で『確勝級』と目される強力情報馬だけでなく、密かに盛り上がっている『激走穴馬』の存在も把握している。『2歳戦は情報が命』を体感して頂くために、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限りホープフルSの【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。【本物の情報】で馬券的中を掴み、快く年明けの金杯を迎えて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第35回 ホープフルS(GI)

サートゥルナーリアの首を
狙う激走穴馬が!?
好配当を狙い撃つ!1点を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク