【香港カップ2017】予想考察・ネオリアリズム馬体診断

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて香港カップに出走を予定しているネオリアリズムの馬体診断の記事を。

まずは香港カップの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ ブログランキングへ

これからしっかりとレース動画を見て煮詰めていこうと思いますがこの馬が面白いのではないでしょうか。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】
今週の大勝負レース!阪神JFの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

香港カップ馬体診断

ネオリアリズム

前走の天皇賞秋ではこの馬が抜群に良く見えた。当時はプラス16キロ。これはやはりというか前走の展望で書いた太りやすい体質が影響している。ただ、見た感じでは馬体に余裕があるようにも思えず、久々の影響を感じさせない仕上がり。気性面も心配したが、ここも全く問題なかった。ここは良い意味で期待を大きく裏切られた点でもあり、この馬の成長を感じた点でもあった。

特徴としてパドックではこの産駒にしてはおとなしく、歩様もどちらかといえば柔らかい。馬体重があり筋肉量も豊富な馬なので、これで硬さがあればダート馬になるがネオリアリズムにはその硬さが全く感じられない。天皇賞秋当時は馬体の柔らかさは目立つがいつも以上に歩様は硬く感じた。おそらくこれは馬場を考えるとプラスにでるのでは?と思い現地でこの馬の馬券を買い足す事となったが、案外な結果に終わった。

タフな馬場が合うことは間違いないが、前走の歩様を見ていると少しスピード寄りの馬に変化しているようにも思える。その点からするとおそらく距離を短縮した方がいい気もするのでマイルカップに向かうなら本命も考えたがまさかの香港。ただ、前走の馬体診断では全く推せなかった馬ではあるが、1度使われて内面にもスイッチが入り、馬体も前走以上に引き締まってきそうなここは買える材料は最低限は揃ったか。前走でも想像以上にしっかりと仕上がっていたので、上積みという点には大きな期待は持たない方がいいかもしれないが、その前走ぐらいの仕上がりで出走してくるならここは勝ち負けになっても。

香港Cの注目馬はこちら→ ブログランキングへ

明日は交流重賞がありますのでそちらの記事をメインに更新する予定です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 阪神JF(G1)

<<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社シンクタンクは、過去10年の阪神JFで8勝、万馬券的中5本の実績を誇り、現在4年連続で的中をお届け。まさに“ドル箱GI”としているレースの1つであり、もちろん、これだけの実績を残しているのは偶然ではなく、確固たる理由が存在する。

まず、1戦1勝の馬も出走してくるGIということもあり、各馬のキャリアが浅く、データや数字的にジャッジするのが難しいことが挙げられる。データは努力をすれば一般ファンでも調べることができる部分だが、これが役に立たなくなるのだ。だからと言って、本音や建前しか載らない新聞やネット上の情報を参考にしたところで、確信できる軸馬を見つけることは難しい。つまり、一般ファンにとっては非常に難解なレースであり、万馬券決着が多いのもそれを裏付けている。

一方、シンクタンクは競馬界の大物OBや現役関係者など、多岐に渡る人脈を持つ情報ルートが存在。彼らがしっかりと関係者から本音を聞き出すから、キャリアの浅い2歳馬同士のGIでも、的確なジャッジを下すことができる。一般ファンが新聞紙面上に掲載される情報やデータを参考に馬券を購入すればするほど、当社にとっては、関係者から入手した情報で簡単に高配当的中を掴めるレースになるという寸法だ。

関係者の間では『2歳戦は情報が命』という格言もあるほどだが、今週は当社の情報力を実感して頂くために、阪神JFの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開させて頂く。当社にとっての“ドル箱GⅠ”の情報を無料で入手することができる絶好のチャンスを、是非見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第69回 阪神JF(G1)

<<先着100名様限定!>>
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

三連単が3回に1回的中する「コラボ@指数」という独自の指数を元に予想していて
「安定した的中率」「高配当の馬券」競馬で勝つための条件を兼ね備えたサイトです。

今週の大勝負レース!阪神JFの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

 

 

 

スポンサーリンク