【香港国際競争2018予想オッズ】ヴァーズ、カップ、マイル一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は今週末香港のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ、香港カップ、香港マイルに出走を予定している日本馬、リスグラシュー、サングレーザー、ステファノス、ヴィブロス、ペルシアンナイト、モズアスコットの一週前追い切りに関する記事を。

日本馬は計9頭が出走を予定。

香港ヴァーズ(芝2400m)

クロコスミア(牝5)
リスグラシュー(牝4)

予想オッズ

ヴァルトガイスト 4.5
ミラージュダンサー 6
エグザルタント 6.5
リスグラシュー 7
カプリ 10

香港スプリント(芝1200m)

ファインニードル(牡5)

予想オッズ

ホットキングプローン 2.9
ミスタースタニング 4
ビートザクロック 6.8
ファインニードル 7
アイビクトリー 8

香港マイル(芝1600m)

ヴィブロス(牝5)
ペルシアンナイト(牡4)
モズアスコット(牡4)

予想オッズ

ビューティージェネレーション 2.3
ペルシアンナイト 5
モズアスコット 6.5
サウザンレジェンド 9
ビューティーオンリー 12

香港カップ(芝2000m)

サングレーザー(牡4)
ステファノス(牡7)
ディアドラ(牝4)

予想オッズ

ワーザー 3.8
サングレーザー 4
ディアドラ 4.3
タイムワープ 7
ゴールドマウント 11

阪神JFの一週前追い切りはこちら

3点勝負買い目を無料公開

香港国際競争一週前追い切り

リスグラシュー

フォームは決して美しいとは言えないが、この馬はいつもこんな感じなので癖の一つとして考えておきたい。頸と脚のリズムはしっかりと取れており、身体もまずまず使えた動き。可動域も広く、適度に柔らかさもある。

脚の回転の速さに多少物足りなさは残るも、G1を勝った後の一週前追い切りなら十分すぎる内容では。前走を使ったダメージは感じられない動きなので、後はこの状態を香港でキープ出来るかどうか。現時点で線の細さは感じられない。

サングレーザー

こちらは一週前からしっかりと負荷をかけてくる強気な調整。フォームは豪快で脚捌きは非常にパワフルで力強かった。一定のリズムで安定して駆けており、後にダメージの残る馬が多かった天皇賞を使っていたとは思えないほど軽快な動きを披露した。

追われた時の反応も良く、最後は手応え以上によく伸びた。ひばらのラインがやや寂しいが、トモはしっかりと張っているので前走から調子落ちという事はなさそう。

ステファノス

頭の高さやリズムは安定しているが、手応えの割には馬が動いていない印象で、追われた時の反応も鈍い。最後も伸びそうなところで伸びきれなかったので、この辺りは衰えが影響しているのでは。馬体をみると多少余裕を残しているように思えるので、最終追い切りで負荷をかけてくるパターンかも。

ヴィブロス

軽い調整のような追い切りなので評価は出来ないが、走りには安定感がある。内面が強く主張していない点にも好感が持てるので、おそらくこの辺りを考慮しての追い切りなのだろう。線の細さは相変わらずも、馬体の張りは十分。

ペルシアンナイト

これはかなり動いた。非常に安定した走りでフォームは抜群。入りからある程度スイッチは入っているが、加速した時のスピードはなかなかのもので、これだけ綺麗に脚を出せる馬が調子が悪い訳がない。

この馬の大きな欠点、課題でもある身体の硬さに関しても現時点ではほぼ感じられないので、使って馬が活性化した今であれば、香港馬が相手でも好勝負に持ち込める可能性は十分では。

モズアスコット

自分のリズムを崩す事なく楽に、軽快に走れており、フォームも最後まで安定していた。気持ち身体は硬い感じがするも、脚捌きなどには大きな影響はない。

ただ、前走時との動きと比較するとパワフルさには欠ける印象で、身体の硬さが影響してか、全体的にこじんまりとした動きに見えてしまう点は割り引く必要がありそう。内面はいい意味で表に出ていないので、最終追い切りでここを出してきてどこまで馬が変わるか。

最後に香港国際競争での注目日本馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ローテやコースを考えると一番面白そうなのはこの馬。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 阪神JF(GI)

好配当を狙う!
【◎-穴・1点馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社シンクタンクにとって、阪神JFは過去10年で8勝、万馬券的中4回と当社ドル箱GIの1つ。当然、これだけの実績を残しているのには確固たる理由が存在する。

まず、2歳GIは「世間一般の人が知ることができる情報量が少ない」ということ。1戦1勝馬も出走するように、出走馬の大半はキャリアが浅く、データなど数字面で判断する材料に乏しい。前走から一気に時計を詰めてくるケースも珍しくはないが、それをデータから推し量ることはほぼ不可能と言っていいだろう。

世間一般の人は新聞の印や載っているコメントを参考にして買うわけだが、厩舎がマスコミ向けに出すコメントは、決して馬券を買う人に向けられているわけではない。自分たちにとって不利益にならぬよう、当たり障りのことしか一般マスコミには伝えないか、もしくは「コレはオフレコで」と箝口令を敷くことになるのだ。

一方、競馬界の大物OBや現役関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクは、厩舎、騎手、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる競馬関係者から”本物の情報”を聞き出せる態勢を築き上げているから、キャリアの浅い2歳戦であろうと正確なジャッジを下すことができる。関係者曰く『2歳戦は情報が命』ということを、このレースの的中を持って証明しているのだ。

また、この週は香港国際競走があるため、外国人ジョッキーを初めとした上位騎手の大半が日本に不在となり、ジョッキーの乗替りが頻繁に起こる。今年は鞍上ルメールに拘ったグランアレグリアが朝日杯FSに向かうことを決めたように、既に関係者の思惑や裏事情が多数渦巻いている。

今週は、弊社の情報力を知っていただくべく、阪神JFの【◎-穴・1点馬券】を特別に無料公開する。その他にもサイト内【GI特集】にて様々な情報を週中から公開。阪神JFで馬券を購入される方は、是非ともお見逃しのないよう、ご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 阪神JF(GI)

好配当を狙う!
【◎-穴・1点馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク