【報知グランプリカップ2020予想】本命サルサディオーネ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は12日の船橋メイン、報知グランプリカップの予想を。マイネルバサラ、ミキノトランペット、ハクサンルドルフ、オールブラッシュ、サルサディオーネ、タービランスなどが出走するダート1800mのS3レース。

昨日の佐賀記念は◎ロードゴラッソの取りこぼしを狙って馬単が引っかかったものの、1着馬が一番いらない馬だったので豪快にガミってしまいました(そもそも相手抜けが予想外)。

京都記念、共同通信杯の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

報知グランプリカップ

本命はサルサディオーネ

ここ3走は見せ場なく大敗しているが、前走のTCK女王盃は実績のない右回りでの競馬、霜月ステークス、グリーンチャンネルカップは距離が足らずと3戦全て言い訳の出来る敗戦なので、得意の左回りに加えて本来の持ち場である中距離への距離延長となる今回は大幅な変わり身に期待が持てそうな一戦と言える。

実際に左回りの中距離で行われたBSN賞でもコーナーで早めに並びかけられる厳しい展開になりながらも最後の最後まで粘って勝ち馬とはタイム差無しの競馬に持ち込んでおり、今回は相手は揃ったとはいえ、これまで本馬が相手にしてきた馬のレベルを考えると普通に勝ち負け争いに加われるだけの能力はあると思うので、近走の内容が嫌われて人気を落とすようであれば、ここは絶好の狙い目と言えるのではないだろうか。

対抗はタービランス

前走は最後の手応えこそ怪しかったものの、勝ち馬とのタイム差を考えればほぼ勝ちに等しい内容。今回は船橋、左回り、鞍上とほぼ買い材料が揃っているので、極端な展開にならない限りはまず上位争いに加わってくるだろう。スパッと勝ち切るようなタイプではないので、本命馬の特徴を考えると馬券も非常に組み立てやすい。

▲にヤマノファイト

それなりのレベルの馬を相手にしてきた馬なので今回の相手であってもある程度の着順は拾ってくると思うが、近走のレース内容を見ていると以前のような前向きさがなくなってきている印象を受けるので、ペースが流れてしまうと勝負所で置かれてしまう可能性も。ただ、今回の条件は決して悪いとは思わないので、人気が地味なら事故狙いで積極的に買ってみたい一頭。

☆にオールブラッシュ

鞍上の影響で想像以上に票を集める事になると思うが、能力は当然最上位クラスの馬だと思うので、サルサディオーネが残る展開になれば本馬もバタッと止まるような事はないか。

◎サルサディオーネ
〇タービランス
▲ヤマノファイト
☆オールブラッシュ
△ベンテンコゾウ
△マイネルバサラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 共同通信杯(G3)>

クラシック登竜門に世代を代表する
素質馬が出走!!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績では、1人気[1.3.2.4]、2人気[2.2.1.5]、3人気[4.2.2.2]。1人気で優勝したのは14年イスラボニータ1頭のみと信頼度は低い。平均配当では、馬連2470円、3連複1万1630円、3連単8万1880円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはなく、二桁人気馬の伏兵も18年のエイムアンドエンド(10人気3着)1頭のみが馬券圏に好走と、大波乱になるケースは少ない。

昨年の覇者ダノンキングリーは皐月賞3着・日本ダービー2着・毎日王冠1着とGI・重賞でも活躍。2着馬アドマイヤマーズもNHKマイルC1着・香港マイル1着とGI2勝の活躍。過去にも名馬を送り出しているクラシック登竜門。

今年は無傷の3連勝中マイラプソディ、ココロノトウダイ(3戦2勝)、サトノゴールド(2戦1勝)、ダーリントンホール(3戦1勝)、フィリオアレグロ(1戦1勝)などが参戦。競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク