【富士ステークス2017】予想考察・ペルシアンナイト馬体診断

スポンサーリンク

おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、富士ステークスに出走予定のペルシアンナイトの馬体診断の記事を。時間の関係で1頭だけの診断になりますが、今日はもう1度記事を更新する予定です。

まずは菊花賞で面白そうな穴馬をあげておきます↓


人気ブログランキング

毎年大きく狙うレースでもあるので今年も大きく狙っていくつもりです。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

三連単が3回に1回的中する「コラボ@指数」という独自の指数を元に予想していて
「安定した的中率」「高配当の馬券」競馬で勝つための条件を兼ね備えたサイトです。

今週の大勝負レース!菊花賞の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

富士ステークス馬体診断

・過去5年の勝ち馬は全て3~5歳馬で6歳以上の馬は厳しいレース。今年出走を予定しているイスラボニータ、ガリバルディが年齢で引っかかってしまうが…。

・毎年馬券になる人気ブログランキングへが特注。多少人気がなくても絶対に警戒しておきたい。

ペルシアンナイト

元々馬体を良く見せるタイプで、春の段階で既にトモや肩の筋肉量は水準以上だった。走るハービンジャー産駒に見られる無駄な肉が全くない点にも当てはまっており、この産駒ではほぼ完璧に近い馬体。踏み込みも浅過ぎず、深過ぎず、この絶妙なバランスがキレとパワーを生み出している。

皐月賞が抜群の出来だったので、続く前走のダービーでは反動を心配したものの、出来そのものは決して悪いものではなく、むしろ皐月賞時の出来をある程度維持できていたぐらいの仕上がりだった。気配も上々だったのでまず好勝負になると思ったが結果は7着。敗因は距離などもあるとは思うが、それでも大きく負けていない点を考えれば健闘した部類か。

馬体を見ても完全なマイラーという感じはしないので、秋は中距離路線(天皇賞秋)に進んで欲しかったがそれは叶わず。とはいってもこの距離が合っている事は間違いないので、今回はやはりこの世代のレベルと相手関係。同世代の中ではマイル路線なら能力はトップクラスなので、この馬がここである程度結果を出さないともう3歳馬はダメだろう。その点を考えると今回は少し様子見込みで印を打つのが正解かもしれない。

菊花賞の穴馬、富士Sの特注ポイントはこちら↓


人気ブログランキング

夜にもう1度記事の更新を予定していますのでよろしくお願いします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第78回 菊花賞(G1)

   先着100名様限定!
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の菊花賞は、ダービー1~3着馬が揃って不出走、出走予定馬の中にも重賞ウィナーはわずかに3頭しかおらず、例年と比較しても低調なメンバーになった感は否めない。しかし、言い換えればどの馬にもチャンスがある状況であり、虎視眈々と一発を狙う陣営が多いというわけだ。

そんな中、当社シンクタンクが密かにマークしているのが○○○○○○○だ。「まだまだ課題はあるんだけど、あんな競馬ができるとは思わなかった。かなり力をつけている。距離はやってみないとわからないけど、今年のメンバーならチャンスあるんじゃないか」と、ココに来て、某関係者の鼻息がにわかに荒くなっている。

極めつけに「10万馬券決着も十分にある!」との言葉も出ただけに、この馬が馬券に絡むようなら配当面では大いに期待できそう。これは見逃せない1頭だ。本来であればコノ手の情報は公にはしないのだが、今回は特別も特別、当社シンクタンクの情報をまだ聞いたことがない方に限り、菊花賞の【3連単勝負馬券】の情報を特別無料公開することが決定した。是非このチャンスを大いに活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第78回 菊花賞(G1)

   先着100名様限定!
万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク