【富士ステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、富士ステークスに関する記事と日曜の京都メイン、菊花賞に出走を予定しているヴァルコス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ディープボンド、ロバートソンキーの一週前追い切りに関する記事を。

なお、本日浦和で行われる埼玉新聞栄冠賞の予想は既に更新済みです。

【埼玉新聞栄冠賞2020予想】

富士ステークス予想オッズ

1 スマイルカナ 2.8
2 サトノアーサー 3.8
3 ラウダシオン 6.3
4 タイセイビジョン 6.9
5 ペルシアンナイト 8.4

このレースといえば◎クルーガーで大きくハメたレースが印象的ですが、それ以外はイマイチぱっとせず…。ただ、今の東京の馬場はほぼ読めている気がしますので、今週も極端に傾向がズレないようなら2週続けての大爆発もありそうな気も。

予想オッズを見る限りだと怪しそうな人気馬がゴロゴロいますので、府中牝馬ステークスのような人気馬総崩れというパターンも十分にあり得るでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊花賞(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
10/10 東京12R  2万1000円的中
10/9 東京9R  1万4710円的中
10/3 中京6R  1万5020円的中
9/26 中山11R  1万6480円的中
9/21 中京8R  5万2670円的中
9/20 中山8R  6万9540円的中
9/19 中京11R  17万8980円的中
9/12 中山10R  1万8400円的中

菊花賞を無料で見る方法

菊花賞一週前追い切り

ヴァルコス

3頭併せの真ん中でしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切り。馬体が緩く脚捌きも鈍い事もあって調教パートナーに遅れを取る形となってしまったが、それでも身体を大きく使いながら走れており、広い可動域と厚みのあるトモを見ると絞れれば動きもガラッと変わってきそうな印象を受けた。最終追い切りが楽しみになる内容。

ガロアクリーク

頭が高く、頸差しの硬さと前脚の出し方を見ると距離延長には大きな不安が残る。ただ、4頭併せの外から一気に捲り、相手をあっという間に置き去りにして突き抜けた内容はなかなか見どころがあったので、出来に関しては大きな不安はないだろう。それでも最後は脚がバラバラになって息が持たなかった点からすると使える脚は一瞬と思った方がよさそう。

サトノフラッグ

前走時の追い切りが非常に良く見えたので上積みには疑問が残っていたが、やはりというか今回の動きを見る限り悪い意味で変化を感じない平凡な動きとなっている。相手と馬体を併せる意味もあってか、最後は追うのをやめているが、それでも抜かれてからの動きがイマイチに見えるので、もしかすると少し疲れが出ているのかもしれない。

ディープボンド

身体を大きく使ったダイナミックな動きが目に付いており、脚捌きにも非常に力強さを感じた。長く脚を使っている割には息遣いが最後まで一定な点がポイントで、手応えを見てもまだまだ余裕がありそうな点からするとスタミナ勝負は大歓迎と言えるのでは。よって今回の距離なら怖さがある一頭と言えるだろう。

ロバートソンキー

脚と頸を出すタイミングが合わないが、重心のブレは一切感じない。それでもフォームの乱れや息遣いに多少の不安は残るので、距離が更に延びるのはどうだろうか。馬体の張り、毛艶を見ても特別なものは感じられないので、さすがに今回は相手が強すぎるのでは。

最後に菊花賞の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

春から菊花賞で、と思っていた一頭なので、枠さえまともなら事故狙いで上位評価するのが面白いのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 菊花賞(G1)>

コントレイルを脅かす
隠れ穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

古くからの格言で「最も強い馬が勝つ」と言われている牡馬三冠最終戦・菊花賞。3000mという長丁場で行われることもあり、例年小手先だけでは勝ち負けできないハイレベルな戦いが繰り広げられている。

過去10年、上位人気馬の成績では、1人気[5.1.2.2]、2人気[0.3.0.7]、3人気[2.0.2.6]と1人気は5勝で馬券圏には9頭が入っているが2人気は勝ち馬なしで2着3買い、3人気は2勝しているが馬券圏好走は4頭のみ。上位人気馬では1人気の信頼は高いが2.3人気は凡走が多い。

過去10年の平均配当では、馬連3210円、3連複2万6830円、3連単12万1650円。馬連3桁配当H3度、馬連万馬券は1度、3連単10万馬券以上が3度、3連単最高配当は55万9700円の特大馬券が出ている。二桁人気の伏兵馬も18年ユーキャンスマイル(10人気3着)、17年クリンチャー(10人気2着)・ポポカテペトル(13人気3着)、10年ビートブラック(13人気3着)など4頭が馬券圏に好走しているように大波乱になるケースも少なくない。

菊花賞はセントライト記念と神戸新聞杯、2つのトライアルレースが設けられているが、近10年で【8-6-4-46】と8頭の勝ち馬を送り出している神戸新聞杯組が圧倒的な強さを見せている一方で、セントライト記念組は【1-3-1-47】と分が悪く、勝ち馬は15年のキタサンブラック1頭のみに留まっている。今年は4連勝でセントライト記念を制したバビットらが出走を予定しているが果たして!?

現代競馬は2000mを中心とした”中距離根幹”志向が強くなっているため「長距離路線は低レベル」と言われがちだが、近年の菊花賞馬を見ると、

11年オルフェーヴル…通算GI6勝
12年ゴールドシップ…通算GI6勝
13年エピファネイア…14年ジャパンC制覇
15年キタサンブラック…通算GI7勝
16年サトノダイヤモンド…次走有馬記念制覇
18年フィエールマン…19年・20年天皇賞(春)連覇

など、当レース制覇後の活躍が非常に目立つ。また惜しくも2~3着に敗れた馬の中にも、14年3着ゴールドアクター(15年有馬記念制覇)、15年2着リアルスティール(16年ドバイターフ制覇)、16年2着レインボーライン(18年天皇賞(春)制覇)と後のGIホースばかり。逆説的に考えると「この馬は将来、GIを制する素質を秘めているか?」を見抜くことが、馬券的中へ直結するとも言える。いずれにせよ、菊花賞上位馬は今後のGI戦線でも活躍できる可能性は大だ。

今年は無敗で3冠を狙うコントレイルが出走。ここまで6戦無敗で2冠達成。前哨戦の神戸新聞杯では余力残しでの快勝で3冠獲りに不安はない。しかし、初距離の長丁場で、過去にも断然人気馬が馬郡に沈んだケースもあることに間違いない。過去の無敗3冠馬はシンボリルドルフ・ディープインパクトの2頭のみだが、歴史に名を刻む大一番だけに注目の一戦だ。

他には4連勝中の上がり馬バビットが2冠馬コントレイルに挑む。重賞2連勝中で、ここまで6戦パーフェクト連対中。試金石の一戦だが、どんな走りをするか注目。神戸新聞杯でコントレイルの2着ヴェルトライゼンデ、青葉賞の勝ち馬オーソリティやサトノフラッグ、3連勝中のアンティシペイトなどがスタンバイ!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 菊花賞(G1)>

コントレイルを脅かす
隠れ穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク