【福島牝馬ステークス2020予想】+彦根ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の福島メイン、福島牝馬ステークスの予想を中心に京都メイン、彦根ステークスや東京メイン、オアシスステークスととりあえず数を打っていきます。

一応福島以外の東京、京都は馬場が不透明で傾向が全くわからない状況なので、数は打ちつつも様子見という感じで馬券を購入していきます。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

まずは京都メイン、彦根ステークスの予想から。

彦根ステークス

ミッキーブリランテ

ここ2戦は全く結果を出せていないが、今回は本来の持ち馬である1400m戦替わりでそろそろ本領発揮か。地味ではあるが過去にはヴァルディゼールやサウンドキアラと差のない競馬をしている実力馬。

本馬も使いどころさえ間違えなければもう少し上のクラスで活躍出来るだけの力はあると思っているので、休ませて内面がしっかりとリセットされていればいきなりから馬券圏内が狙えるのでは。

条件を考えると大事故までありそうなレースではあるが、相手が難解すぎるので、対抗のアクアミラビリスとの組み合わせの馬券を中心に購入する予定。

ただ、本命馬の大外枠は相当痛いので、当初よりも大幅に勝負度を下げざるを得ないレースとなってしまった。

府中特別

人気ブログランキングへ

出来る限り今週から東京1400m戦のレース(特別レース)は取り上げていく予定。一応こちらのレースはしっかりと予想を更新する予定でしたが、まだ馬場が不透明で傾向が掴めていない事もあり、まずは東京1400m戦の教科書通りの買い方でベタに印だけ打ってみました。

枠はちょっとぎりぎりのような気もするが、韋駄天が存在しないここなら今回の枠からでも十分位置は取りに行けるだろう。

仮に多少位置取りが後ろになったとしても最後はしっかりとした上りが使える馬なので、極端に内しか伸びない馬場にならない限り好勝負に持ち込めるとみる。

対抗は絶好枠アビームも、こちらも絶好枠を引き当てたココフィーユの粘り込みが一番欲しい。

人気ブログランキングへ
〇アビーム
▲穴ココフィーユ
☆クリッパー
△スズカアーチスト
△ミモザイエロー
△オジョーノキセキ

買い目

基本的にこの条件では事故を狙うのがセオリーなので相手は絶対に絞らない。ただ、全馬に印を打つ訳にはいかないので、一応今日は厚めに買っておきたい馬の印を打つ事に。

また買い目やここでの印の付け方に関してはやりながら考えていこうと思います。

3連複 ◎~〇▲☆~印、◎~〇~印、〇▲☆

3連単 〇▲→印→◎

オアシスステークス

バレッティ

ここは待望の東京替わりバレッティをベタに本命に。シェンクの血を引く馬の割には器用ではない事もあって右回りだと脚が極端に鈍るタイプで、大箱でノビノビと走らせると近走の成績は関係なしに一気に化けてくる馬。

鞍上とはあまり手が合わない印象を受けるが、ブリンカー着用の効果があれば今回は変わり身が見込めるとみた。

相手は能力上位〇ゴライアス、地味に3走連続見せ場をつくっている▲穴イーグルフェザー辺りを上位評価して小~中波乱を狙いたい。

続いて本題の福島牝馬ステークスの予想へ。エスポワール、サラキア、デンコウアンジュ、フェアリーポルカ、リュヌルージュなどが出走する芝1800mのG3レース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

フローラS確信の◎を無料公開

今年も牝馬重賞は的中ラッシュ、フィリーズRは昨年の15万馬券に続き[3連単11万9820円・3連複2万2190円・馬連3020円]パーフェクト的中を筆頭に桜花賞、チューリップ賞、クイーンCなどの的中!今週のフローラSも既に確信の◎の激走情報を入手済!さらに人気薄濃厚、人気の盲点となる隠れ穴馬の存在が!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

福島牝馬ステークス

本命はサラキア

牝馬のローカル重賞という事で軸は二転三転してしまったが、この手のレースは人気が割れる事もあって案外上位人気馬が絡んでも高配当を手にする事が出来たりもするので、これまでの実績や実力を重視して印を打った。

9着に敗れてしまった前走の愛知杯は雨で悪化した馬場が影響した事に加え、直線ではほぼ追われずの結果なので、あの競馬、着順がこの馬本来の実力ではない事は確か。

実際に2走前のエリザベス女王杯では直線で窮屈な競馬になりながらも最後は猛追して勝ち馬ラッキーライラックから0.4秒差の競馬に持ち込んでおり、更に重賞を3勝しているクロノジェネシスとは僅か0.1秒差の6着なら負けて強しと言える内容。

これまでの競馬を見る限りだと広いコースが向いているのは間違いないと思うが、過去に小回りコースで強い勝ち方をした経験もある馬なので、重賞を含めて0.3.0.0と一度も崩れた事のない1800mでの競馬となる今回はそろそろこの馬の実力を発揮してくるのではないだろうか。

乗り替わりだけは大幅な割り引きが必要となるが、逃げ馬を見ながらある程度の位置でレース運びが出来ればしっかりと馬券圏内は確保してくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

前走はハンデ差を活かして見せ場をつくったように見えるが、厳しい展開になりながらの結果なので、想像以上に中身の濃いレースと言えるのでは。

今回も前走に続いて展開が味方する可能性は低そうな気もするが、案外中段ぐらいから脚を溜める競馬は合っていると思うので、前が緩めず飛ばして捲りが決まるような展開になれば、最後は棚ぼたのような流れ込みがありそうな気もするが果たして。

▲にデンコウアンジュ

勝利した愛知杯は勿論、敗れた前走の中山牝馬ステークス、3走前のターコイズステークスでも見せ場たっぷりの競馬をしているので、近走の内容を見る限りではローカルバ〇アまだまだ健在といった感じか。

脚質的にあまりアテに出来ない面もあるので人気で買いたい馬ではないが、今回のコースなら変に嫌う必要もないだろう。

☆にエスポワール

いつ重賞に手が届いてもおかしくない馬ではあるが、癖のある福島はどうも合う気がしないので、前走や秋華賞のように位置取りが悪くなってしまうと不発も十分考えられるのでは。

若さと力的にはここは負けられないぐらいの存在なのかもしれないが、人気なら不発を頭に入れて多少嫌うのが面白そう。

◎サラキア
人気ブログランキングへ
▲デンコウアンジュ
☆エスポワール
△モルフェオルフェ
△アロハリリー
△レッドアネモス
△フェアリーポルカ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞は、デアリングタクトが見事な末脚を発揮して、粘り込みを図る2歳女王レシステンシア、9番人気の伏兵スマイルカナを差し切り、1万2590円的中をお届けする結果となった。

戦前は群雄割拠の様相を呈していた牝馬クラシック路線、見事に3戦無敗の桜の女王の誕生で、オークスはデアリングタクトが主役候補と目されることになるだろう。

しかし、生憎の雨と馬場で行われ、道悪の適性が問われるレースでもあった。東京で求められる適性とは異なる状況、2冠確定と言える状況ではない。

また、デアリングタクトが日高生産馬であることも重要なポイントだ。すなわち、GIを席巻する非ノーザンファーム生産馬であり、オークスには新たな強敵が出現する可能性が大いにあるということだ。

近年は、レースの使い分けが頻繁に行われおり、特に牝馬クラシック路線は、桜花賞が1600m、オークスが2400mと距離が800mが延びるため、デビュー時から「オークス向き」と照準を合わせる馬は少なくない。

そういった馬たちの重要なステップレースとなるのが、このフローラS。2016年の勝ち馬チェッキーノ、2017年の勝ち馬モズカッチャンら、桜花賞不出走馬がオークスでも連対を果たしており、本番に繋がっている。

GI週の谷間だからと言って、ココでの情報収集を疎かにしていると、フローラSのみならず、オークスの馬券も取り逃がすことになり得るのだ。

事実、弊社シンクタンクは、去年のフローラSにて5万7340円をズバリ的中させており、オークスも2万8240円的中となった。点ではなく線でレースを捉えることができる、シンクタンクの情報力の賜物に他ならない。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですらかなり制限がかかっているが、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、元騎手、元調教師の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクでは、あらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことが可能だ。

そこで、情報収集に困っているであろう、一般競馬ファンのために、少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、シンクタンクでは重賞情報の特別無料公開を行っている。今週はフローラS、同日のマイラーズCも含めて【我々だから入手できる関係者情報+馬券が簡単に絞れる情報注目馬5選】を公開するので、ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク