【福島牝馬ステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の福島メイン、福島牝馬ステークスに出走を予定しているエスポワール、リュヌルージュの一週前追い切りに関する記事を。

なお、本日浦和で行われるしらさぎ賞の予想に関しては既に更新済みです。

【しらさぎ賞2020予想】

予想オッズ

1 エスポワール 3.0
2 フェアリーポルカ 4.2
3 デンコウアンジュ 6.5
4 サラキア 8.6
5 リュヌルージュ 11.2

数年前に同じ時期に不調期に入った時に立て直したのがこのレース。ただ、その時はかなり買いたい馬がいましたが、今年はどこから入っていいのかもわからない超難解レース。

フェアリーポルカ辺りは前々から能力の高さを指摘し続けてきて重賞で何度も印を打っていますが、上位人気になるようならあまり軸にはしたくない気も…。

どちらにしても大振りするようなレースになりそうなので、当たれば特大ホームラン狙いで購入したいと思います。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

福島牝馬ステークス一週前追い切り

エスポワール

線が細く胸前の筋肉量は明らかに不足している。馬場の影響なのか脚も全く上がらないので、全体的な動きもかなりこじんまりとしているように見えるが、途中ギリギリまで追い出しを待つような仕草が見られたので、もう少し早い段階で追っていればまた違った動きになったのでは。

実際にラスト1ハロンで追われると一瞬でエンジンがかかり、相手を一気に突き放して鋭く伸びていったので、先週は動き以上に内容のある追い切りだった点を評価すべきか。

ただ、バレークイーン系の馬にしては成長力には欠けるようなタイプなので、身が入るまでにはもう少し時間がかかるのかもしれない。

リュヌルージュ

少しモタれるような面は見られるが、最後まで相手に馬体を併せてびっしりと追ってきた点は評価する。以前はもう少し厚みのある馬体でゴトゴトと走るようなタイプだったが、ここにきて走りに素軽さが出ており、牝馬らしい柔軟な馬体と軽快な脚捌きはそれなりに見栄えする。

前走は人気薄での激走だったが、以前の動きや馬体と比較するとかなりの成長が感じられるだけに、あの一戦をフロックと考えるのは危険と言えるのでは。

ただ、まだまだこれでも馬体に緩さが残っており、追っても馬なりの調教パートナーに軽く捻られた辺りからするともうひと絞り必要な感じもするので、最終追い切りでどこまで軽さが戻るかが好走のカギとなるか。

最後に福島牝馬Sの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞は、デアリングタクトが見事な末脚を発揮して、粘り込みを図る2歳女王レシステンシア、9番人気の伏兵スマイルカナを差し切り、1万2590円的中をお届けする結果となった。

戦前は群雄割拠の様相を呈していた牝馬クラシック路線、見事に3戦無敗の桜の女王の誕生で、オークスはデアリングタクトが主役候補と目されることになるだろう。

しかし、生憎の雨と馬場で行われ、道悪の適性が問われるレースでもあった。東京で求められる適性とは異なる状況、2冠確定と言える状況ではない。

また、デアリングタクトが日高生産馬であることも重要なポイントだ。すなわち、GIを席巻する非ノーザンファーム生産馬であり、オークスには新たな強敵が出現する可能性が大いにあるということだ。

近年は、レースの使い分けが頻繁に行われおり、特に牝馬クラシック路線は、桜花賞が1600m、オークスが2400mと距離が800mが延びるため、デビュー時から「オークス向き」と照準を合わせる馬は少なくない。

そういった馬たちの重要なステップレースとなるのが、このフローラS。2016年の勝ち馬チェッキーノ、2017年の勝ち馬モズカッチャンら、桜花賞不出走馬がオークスでも連対を果たしており、本番に繋がっている。

GI週の谷間だからと言って、ココでの情報収集を疎かにしていると、フローラSのみならず、オークスの馬券も取り逃がすことになり得るのだ。

事実、弊社シンクタンクは、去年のフローラSにて5万7340円をズバリ的中させており、オークスも2万8240円的中となった。点ではなく線でレースを捉えることができる、シンクタンクの情報力の賜物に他ならない。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですらかなり制限がかかっているが、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、元騎手、元調教師の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクでは、あらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことが可能だ。

そこで、情報収集に困っているであろう、一般競馬ファンのために、少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、シンクタンクでは重賞情報の特別無料公開を行っている。今週はフローラS、同日のマイラーズCも含めて【我々だから入手できる関係者情報+馬券が簡単に絞れる情報注目馬5選】を公開するので、ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク