【福島記念2018予想】本命スティッフェリオ

スポンサーリンク


改めてましておはようございます。

続いて日曜の福島メイン、福島記念の予想を。エアアンセム、サトノノブレス、スティッフェリオ、ドレッドノータス、マイスタイル、マイネルハニーなどが出走する芝2000mのG3レースのハンデ戦。

ここは福島ハンデ重賞という事もあって一筋縄ではいかないレースとなりそうですが、案外買いたい馬と買いたくない馬がはっきりしているレースです。

まずは本題の前に日曜も東京で得意の芝1400m戦が組まれていますので、そちらの本命馬を公開しておきます。

奥多摩ステークス

人気ブログランキングへ

メインのオーロカップも面白そうですが、配当に期待が持てそうなこちらを選択。前走とは逆に今回は枠はいいところを引けたので、ある程度の位置で競馬が出来れば頭まで期待できる1頭。

追い切り、その他重賞予想の記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

福島記念

本命はスティッフェリオ

夏競馬でお世話になったお気に入りの1頭で、条件戦を走っていた頃から能力はオープン級と言っていた注目馬でもあるこの馬がやっと重賞で買える条件を使ってきた。

前走のオクトーバーステークスでは人気を裏切る形となったが、さすがにあの馬場、あの位置取りでは届くわけもなく、この馬本来の本質を考えてもまず合わない競馬。よって着順は全く気にする必要はなく、むしろキレる脚がないこの馬が勝ち馬から0.3秒差まで追い上げてきた内容を評価すべきレースでは。

穴として期待した2走前の札幌記念でもハイペースで先行馬が崩れる中、直線早め先頭の競馬で見せ場たっぷりの5着。さすがに外から来た馬には一気に飲み込まれてしまったが、相手のレベル、展開を考えると相当強い競馬をしたと言えるだろう。

もともとセントライト記念でも4着に入線した事がある実力馬で、ハンデ57キロを背負って勝利した北斗特別の内容や、サーブルオール、レッドローゼス、ドレッドノータス、インヘリットデールなどなかなか相手が揃っていた美浦ステークスの内容などをみても今回の相手であれば能力はトップクラス。ハンデ、人気も程々なら当然ここは狙う。

対抗はエアアンセム

前走のオールカマーの勝ち馬レイデオロは次走で天皇賞秋も勝利しており、その馬から0.6秒差の4着に入線した本馬がここも強そう。不器用なタイプではないので福島コースも問題なく対応出来そうなので、ハンデ57キロとはいっても恥ずかしい競馬にはならないだろう。

▲に人気ブログランキングへ

前走は強気にレース運びをした結果、ラストは大きく垂れる事になってしまったが、ペースや相手関係を考えるとそれも仕方なし。2,3走前のレースは勿論ではあるが、過去を振り返えると同世代のトップクラスの馬を相手に大舞台で差のない競馬をした経験があるので、これらの内容を総合して考えるとそろそろ重賞に手が届いてもよさそうな馬ではある。ただ、鞍上が最悪なので印はこれ以上あげる事は出来ない。

☆にマサハヤドリーム

ある程度ペースが流れそうな今回は展開もこの馬に向きそうで、そうなると2走前の内容が鮮やかだったこの馬の直線一気の追い込みが怖い。去年の福島記念は大敗も、あの時はあまりにもペースが緩すぎたので参考外。今年のメンバーであれば去年のような事にはならない可能性が高いので、小倉記念ぐらい走ればここは足りる。これまでのレースをみる感じでは福島コースも合っている。

◎スティッフェリオ
〇エアアンセム
人気ブログランキングへ
☆マサハヤドリーム
△メドウラーク
△レトロロック
△マイネルミラノ
△マイネルハニー
△キンショーユキヒメ
△トーセンビクトリー
△マルターズアポジー

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬牝馬の大半にとっては秋の大目標であり、3歳牝馬にとっては一線級の古馬と初めて激突する舞台。古馬からは連覇を狙うモズカッチャンを筆頭に、リスグラシュー、ミスパンテールといった重賞馬たちが参戦。今年の3歳牝馬はアーモンドアイが3冠を達成したため、GI馬の参戦はなく、カンタービレ、ノームコアの2頭のみの登録となったが、いずれも粒ぞろいのメンバーと言える。

初顔合わせとなれば、世間一般の人達は能力比較に頭を悩ますことになる。そこに年齢による斤量差、馬の状態、騎手、厩舎、馬主といった関係者の思惑が重なり、まさに難解と言うべき1戦となる。事実、1番人気は6連敗中で、去年は9番人気クロコスミアが、一昨年は12番人気シングウィズジョイが馬券に絡むなど、穴馬の活躍も目立っているのだ。

そんな「混戦」「穴ムード」が漂う時こそ、本領を発揮するのが我々シンクタンクの情報網だ。競馬界の大物OBを筆頭に、騎手、厩舎、馬主、生産者とあらゆる関係者筋の情報ルート達が在籍しているからこそ、どの陣営が“買い”なのか的確にジャッジすることが可能。秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)でも情報通りに的中をお届けしているように、エリザベス女王杯でも、虎視眈々と一発を狙う穴情報馬の存在をキャッチしている。

今回はシンクタンクの情報力を知ってもらうべく、当社を初めてご利用頂く方に限り、エリザベス女王杯の【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。その他にも、馬券に役立つ情報も公開するので、弊社の情報がどんなものか体感していただけるはず。このチャンスを是非活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク