【福島民報杯2020予想】本命ゴーフォザサミット

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の福島メイン、福島民報杯の予想を。ウインイクシード、レッドローゼス、ドミナートゥス、ブレスジャーニー、マイネルサーパスなどが出走する芝2000mのリステッド競争。

皐月賞の前に阪神の重賞、アンタレスステークスの予想を更新する予定でしたが、想像以上に予想に時間がかかってしまったので、急遽こちらのレースを更新する事に。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

福島民報杯

本命はゴーフォザサミット

トップハンデでも近2走のレース内容から完全に復調気配を感じる本馬が最も軸に相応しいと判断。

前走の白富士ステークスがなかなか酷い結果で、直線で内に進路がないと判断した鞍上が豪快なカニ歩きを披露した後に再びのカニ歩きと、誰がどう見てもク〇騎乗とわかるぐらいヤバい乗られ方をしての結果。それでも最後は外からしっかりと脚を使って勝ち馬とは0.1秒差の競馬に持ち込んでおり、仮にまともな乗られ方をしていれば頭で突き抜けただけの脚はあったと言えるのでは。

2前走のチャレンジカップでも直線で馬群を捌くのに時間はかかったものの、最後は上がり最速の脚を使って5着まで追い上げており、仮にスムーズに進路を確保出来ていればもう少し上の着順を拾えた可能性は高かったのではないだろうか。

どちらかといえば東京のような広いコースで狙いたいが、先行して前々で立ち回れる器用さもある馬なので、極端に位置取りが悪くならない限りは今回のコースでも問題なく走ってくるだろう。まともな競馬に持ち込めばここは当然勝ち負けになるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

前走は馬券に絡む事は出来なかったが、直線で伸びてきた姿には見どころがあり、展開や相手関係を含めて考えると負けて強しという内容。

今後も条件次第では重賞でも勝ち負け出来る力はある馬で、過去に強い勝ち方をした事のある福島での競馬となる今回はまず恥ずかしい競馬にはならないのでは。

当日馬場が渋るのもプラスに転ぶ可能性が高いので、スタートを決めて上手く流れに乗ればラストは確実に脚を使ってくるだろう。

▲穴にアドマイヤアルバ

去年の金杯以降は見せ場のない競馬が続いているが、最近の競馬を見ると内面に全くスイッチが入り切っていない印象を受けるので、小回りコース特有の途中から急がされるような展開、流れになれば案外スイッチが入る可能性も。

もう終わったという一言で片付ける事も出来るが、前走もほぼ追われる事なく流したままでゴールしているので、しっかりとレースに参加すればまた結果も変わってくると思うが…。

去勢明け一発目から印を打つのは間違っているかもしれないが、かなり強い競馬をした日本ダービーの内容からしても力を出せる状態さえ整えばいつ一撃が出てもおかしくないと思うので、

人気薄で買えるのであればいきなりから警戒しておきたい一頭と言える。

☆はウインイクシード

日経賞は距離と展開合わずの結果で参考外。本来の持ち場である2000m前後の距離での競馬となる今回は巻き返し濃厚な一戦と言えるか。

母が現役時代に福島の重賞で好走した経験のあるイクスキューズなら福島コースへの適性もまず低い訳がないので、力通りならここは上位に食い込んでくるはず。

◎ゴーフォザサミット
人気ブログランキングへ
▲穴アドマイヤアルバ
☆ウインイクシード
△マイネルファンロン
△プレシャスブルー
△イレイション
△ドミナートゥス
△レッドローゼス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第80回 皐月賞(GI)>

コントレイル・サリオス無敗馬対決に
割って入る穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

3戦無敗でホープフルSを制したコントレイルはステップレースを使わず皐月賞に直行。朝日杯FSの覇者サリオスも3戦無敗で皐月賞へ直行と2歳王者対決が注目される。その他ではスプリングS優勝馬ヴェルトライゼンデ、デビュー戦こそ敗れたが前哨戦の弥生賞まで3連勝中で勢いに乗るサトノフラッグ、共同通信杯では見せ場なく敗れたマイラプソディなどが出走する。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.2.1.4]、3人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.3.5]。上位人気は5勝のみと苦戦。平均配当では、馬連3500円、3連複2万7160円、3連単16万6620円。3連単100万馬券が1度、37万馬券が1度出ているように荒れるケースもある。

過去10年、1番人気で勝ったのは昨年のサートゥナーリア、ロゴタイプ、ヴィクトワールピサ3頭のみ。1番人気が凡走するケースも多く信頼度は高くない。

ステップレース別の成績では共同通信杯組4勝、スプリングS組3勝。優勝馬こそ1頭だが連対では弥生賞組が6連対。オープンの若葉Sも勝ち馬こそ出していないが3頭が連対。

過去10年の連対馬20頭中18頭は前走で連対(1着12頭)しており、連対を外していたのはサンリヴァル、エピファネイアの2頭のみ。前哨戦で凡走した馬は厳しい。

あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!今年は3戦無敗馬コントレイル、サリオス、レクセランスに3連勝中のサトノフラッグやマイラプソディなどの有力馬がスタンバイ!競馬セブンでは人気薄確実な激走情報馬の勝負駆け情報を極秘入手!皐月賞の馬券を買う前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク