【府中牝馬ステークス+大原ステークス2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は東京メイン、府中牝馬ステークスの予想と京都メイン、大原ステークスの予想を。

まずは東京メイン、府中牝馬ステークスの予想から。アドマイヤリード、カワキタエンカ、クロコスミア、ジュールポレール、ディアドラ、フロンテアクイーン、ミスパンテール、リスグラシューなどが出走する芝1800mのG2レース。

今週は特別レースで大好きな東京1400m戦が組まれていますが、あまり調子が良くない時に色々と手を出すのもどうかと思うので、とりあえずは重賞から。

その他競馬予想、追い切りに関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第23回 秋華賞(G1)>

3冠獲りを狙うアーモンドアイに注目が集まるが、実は競馬セブンでは、とある陣営から勝 負情報を極秘入手。人気の盲点となり印薄確実な激走情報馬の秘策とは!?

春のGIでは宝塚記念・9200円的中、ヴィクトリアM・4090円的中、オークス・1190円的中、フェブラリーS・1140円的中、天皇賞(春)・1030円的中、桜花賞・480円的中など、馬連だけで217万9000円獲得!牝馬3冠最終戦となる秋華賞も競馬セブンにお任せください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

府中牝馬ステークス

本命はソウルスターリング

2歳から春のクラシックまでの活躍を考えるとかなり物足りない競馬が続いていたが、前走のクイーンステークスで久々の好走。この一戦で完全に復調したとは言えないかもしれないが、逃げる馬を内でみながら直線で早めに先頭に立って3着に粘り込んだ内容は悪いものではなく、同じように直線で逃げる馬を交わすような競馬をした阪神牝馬ステークスで早々に沈んでしまった事を考えると、それなりに馬は戻ってきたと言えるのでは。

そもそもルメールと手が合わないとは言えないが、この馬のレースをみていると溜める競馬はどうも合わない印象で、前走のように先行して粘り込むようなスタイルが本来のこの馬の姿と思っているだけに、一見マイナスとも思える前走からの乗り替わりに関しては案外プラスだと思っている。

ここもカワキタエンカやクロコスミアを見ながら前々でレース運びが出来れば前走のようなしぶとさを活かせる可能性は高く、毎年のように先行した馬が馬券になっているレースなだけに、ライバル馬よりも前で競馬が出来る分だけ有利となるのでは。距離を考えると馬券に絡む可能性が高いのは次よりも断然こちらだろう。

対抗はディアドラ

特に大きく嫌うような材料はないが、洋芝適性が高いとはいえ前走が強すぎた点がどうも引っかかってしまうので、今回の条件や人気を考えると無難にこのぐらいの評価でお茶を濁しておきたい。ハンデ56キロがどうかもこの距離では大崩しない馬なので、目標は先かもしれないがラストは確実に脚を使ってくるだろう。

▲にフロンテアクイーン

重賞では勝ち切る事が出来ない競馬が続くも、5度も2着がある実績はここに入っても劣っている事はない。東京1800m戦も相性が良く、夏に使われた強みを活かせば今度こそタイトルに手が届いても。内で上手く脚を溜める事が出来ればこちらも終いは確実では。

☆にリスグラシュー

東京マイルがベストと言い続けたものの、結局その舞台ではG1は勝てず。それでも前走は牡馬が相手でもよく頑張っており、2走前は展開を考えると強い競馬だったと言えるので、牝馬限定戦のここなら当然主役扱いとなる。何より追い切りで馬が抜群に動いており、前哨戦とは思えない程馬は仕上がっているので、あの動き通りであればまず勝ち負け争いに加わってくるだろう。

当初騎乗を予定していたモレイラが乗れないのは痛恨ではあるが、それでもデムーロを確保出来た事は不幸中の幸いといえ、このジョッキーであれば乗り替わりがマイナスになることもない。枠は少し外すぎる印象なので、その分だけ評価を落とし、差してきても届かない事も頭に入れつつの4番手。

△穴で人気ブログランキングへを上位評価しておきたい。

近走はあまりいい結果を出せていないが、相手関係や、位置取りが悪く本来の良さを活かせなかったりとある程度敗因がはっきりとしているので、条件が大幅に好転する今回は巻き返し濃厚とみての5番手。過去にもかなり強力な馬を相手にギリギリの競馬をした経験もあり、地味ではあるがこのぐらいの相手であればあっさりがあっても驚けないぐらいの能力がある馬だろう。

◎ソウルスターリング
〇ディアドラ
▲フロンテアクイーン
☆リスグラシュー
△穴人気ブログランキングへ
△ジュールポレール
△カワキタエンカ
△メイズオブオナー

続いて京都メイン、大原ステークスの予想を。アドマイヤエイカン、タニノフランケル、アクート、サトノグラン、スズカルパン、ケンホファヴァルトなどが出走する芝2000mの1600万クラスのハンデ戦。

大原ステークス

人気ブログランキングへ

前走は強気な競馬が仇となり、最後は勝ち馬には千切られてしまったが、上位に入線した馬たちが次のレースでも即結果を残しているレベルの高い一戦での結果とだけあって、着順、着差は気にする必要はないだろう。距離はもう少しあった方が良さそうな気もするが、今回の枠で上手く立ち回れば大崩はないとみる。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞、オークスを完勝したアーモンドアイにとって3冠が懸かる1戦だが、陣営が選択したのはブッツケでの参戦。桜花賞もシンザン記念からの臨戦で圧巻のパフォーマンスを見せただけに、死角らしい死角が見当たらぬとも言え、この馬が主役であることは事実。しかし、競馬に『絶対』が無い以上、蟻の一穴から崩れる可能性はゼロではない。

ただ、むしろ不安が残るのは春の上位馬たち。2歳女王ラッキーライラックはローズSを回避し、予定外のローテーションで本番へ。そして、オークス2着のリリーノーブル、同4着レッドサクヤ、同5着マウレアも戦線離脱し、オークスで人気の一角だったサトノワルキューレまでもが年内休養が決定している。しかし、この状況に「馬券的には面白くなってきたで」とほくそ笑むのが、事情通の某関係者だ。

「アーモンドアイは別格としても、ラッキーライラックも万全じゃないんやったら、他は横一線みたいなもんやろ。それでも2頭に人気が集中するんやったら、オイシイ馬券を狙えるチャンスがあるちゅうことや。○○○○○○○○○な、春とは馬が全然違うわ。『勝てる』とは言わんかったけど、コレは○○も楽しみにしとったで」

世間一般の興味、マスコミの取材はアーモンドアイへと集中するだけに、某関係者が狙う○○○○○○○○○だけでなく、他陣営に対するマークは薄くなるのが必定。そうなれば、あらゆる関係者からを確かな話を入手することができる当社シンクタンクの情報力が生きることになる。“1強ムード”の時ほど、ヒモが紛れて高配当決着になることは、GIのみならず平場戦でもよくあることをご存知の方は少なくないはずだ。

そこで、今年は重賞特捜部も自信を持って狙う【秋華賞・◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。馬券を購入される方にとって、知っておいて損はない情報となることは間違いない。是非とも競馬関係者が入手した生の情報をチェックして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 秋華賞(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク