【JBCクラシック2018予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、JBCクラシックに出走を予定しているアポロケンタッキー、オメガパフューム、ケイティブレイブ、サウンドトゥルー、サンライズソア、テイエムジンソク、ノンコノユメの一週前追い切りの記事を。

交流重賞とはいえ、1日に中央でG1が3つあるという事を考えるとテンションが上がりますね。少し前に(気持ちでは)東京でジャパンカップダート、ジャパンカップが同じ日にあった事を思い出しますが、あの時の半端ない盛り上がりは今でも忘れません(WINSで観戦)

なお、出先からの更新となる為、先週の予想結果はまた別の記事で触れる事にします。

各JBCの追い切り記事はこちら

JBCクラシック一週前追い切り

アポロケンタッキー

今週の坂路は靄で馬体が確認出来ない事が多かったが、本馬もその1頭なのでその点は書けず。いつもの動きと比べるとかなり馬体を大きく使って走れている印象で、追われた時の反応もそこそこよかったように思える。前を走る馬を交わす為に外に出すが、それでも減速せずに走れていたので、ここ最近のレースの中では出来はかなり良い部類に入るのでは。脚もしっかりと上がっていて、手応えも非常に楽だったので、最終追い切りが楽しみな馬と言える。

オメガパフューム

頭の位置は安定しており、脚と頸のリズムも良い。ただ、脚はあまり上がっていない点は気になるも、馬体に硬さがある訳ではない。ラチを頼って走っているが、よれている感じもなく、乗った時のスピードは抜群だった。可動域もそこそこで良い意味で気性面が表に出ているので、こちらも仕上がりとしては悪い印象は受けない。

ケイティブレイブ

軽い追い切りとはいえ、脚裁きは鈍く、馬体に硬さもある。可動域も狭く、スピード、パワーどちらも感じられない走りだった。フォームこそ安定しているも、頸は使えておらず、この馬の能力を考えると物足りなさが残った追い切りとなった。ただ、ここは本当に軽い追い切りではあるので、最終追い切りでびしっと追って大きく変わってくることは当然考えられるだけに、今週の内容だけで割り引くのは危険かもしれない。この馬に関しては最終追い切りが全てだろう。

サウンドトゥルー

かなり外を通って一週前からびっしりと追われる意欲的な追い切り。追われた時の反応こそ平凡ではあるが、きびきびとした動きが目についており、年齢を感じさせないパワフルな走りだった。馬体に少し余裕があるので、このひと追いで馬体が絞れれば面白い存在となりそう。ここ最近の動きと比較するとかなり調子を上げている印象を受ける。

サンライズソア

かなり長めに追われるが、脚は最後まで使えており、スピードに乗ってから全く止まる様子がないぐらいしっかりと伸びた。フォームも乱れておらず、頸を前へ出す姿勢が調子の良さを示している。最低限の負荷もかかっているので最終追い切りでしっかりと追われればまず仕上がるだろう。馬体の張りを見ても好調と言えるのでは。

テイエムジンソク

動きは大きいが、脚の回転は遅く、押しても押しても前へ進まない。手応えを考えるともっと弾けるのが普通なので、かなり物足りなさを感じてしまう追い切りとなった。それなりに身体を使えた走りではあるので全くダメとは思わないものの、トモの張りもイマイチで、馬体に緩さを感じる事からしも特別推せるポイントは見当たらない。

ノンコノユメ

馬体の張りは上々も、こちらも手応え以上に馬が動かず、押しても全く弾けない。全体的にこじんまりとした動きも目につき、反応の悪さ、脚裁きと良い点があまり見当たらない。フォーム、手応えを考えると最低限パートナーに先着はしてほしかったというのが本音。

予想オッズ

1 ケイティブレイブ 2.3
2 サンライズソア 3.4
3 オメガパフューム 4.7
4 ノンコノユメ 8.3
5 アポロケンタッキー 11.1

最後にJBCクラシックの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

近走の内容を考えるとここはそれなりの印は必要となるこの馬が馬券の中心では。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2001年の創設以来、地方競馬場の持ち回りで行われてきたJBC競走だが、今年は初めてJRAの京都競馬場で実施されることとなった。これにより、中央所属馬の出走枠が拡大され、地方所属馬の参戦が減少。例年より濃いメンバーでレースが行われることになりそうだ。

この日はJBCレディクラシック、JBCスプリントも含め、1日3鞍のJpnI競走が行われることになるが、やはりメインとなるのはJBCクラシック。昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリーム、それを南部杯で下した3歳ダート王者のルヴァンスレーヴこそ出走しないものの、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメといった実力馬たちに、3歳世代上位のオメガパフュームも参戦。暮れのチャンピオンズカップや東京大賞典を占う意味でも注目の一戦となる。

異例の中央開催ということで、世間やマスコミの注目度が例年以上に高くなるのは必定。『地方開催なら買わない』というライトな競馬ファンの馬券購入も増えることになるだろう。彼らが馬券を買う上で目にする情報は、新聞やネットに流れる”当たり障りのない”ものばかり。それで馬券が当たるなら、誰しもが競馬で勝てるはずだが、そう簡単にはいかないことは誰しもが分かっていこと。

馬券で勝つために重要になってくるのは『本物の関係者情報』。当社シンクタンクは騎手、厩舎はもちろん、マスコミの取材がほとんど及ばない馬主や、外厩施設、生産者といった関係者にまで、情報収集態勢を整えている。だからこそ、一般マスコミやライトな競馬ファンとは明らかに一線を画した情報を入手することが可能なのだ。

その一部を皆様に特別無料公開しているのは、一人でも多くの競馬ファンに『本物の関係者情報』が何たるかを体感してもらいたいからだ。そうすれば、より競馬が面白くなり、より勝ちにも近づくヒントとなることは間違いない。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、JBCクラシック【3連単勝負馬券】を特別無料公開。また『エリザベス女王杯』『マイルCS』『ジャパンカップ』といった、この先のGI競走についての関係者情報も、特別に毎週無料で公開させて頂く。このチャンスに、是非ともシンクタンクの情報に触れて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク