【JBCレディスクラシック2017予想】本命アンジュデジール

スポンサーリンク

こんばんは。

明日は重賞の数が多いので早めにJBCレディスクラシックの予想をアップしておきます。クイーンマンボの回避で一気に混戦となり今回もホワイトフーガが注目されそうですが果たして。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

今週の大勝負レース!みやこSの予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

JBCレディスクラシック

◎アンジュデジール
人気ブログランキングへ
▲タガノヴェローナ
☆ホワイトフーガ
△ワンミリオンス
△プリンシアコメータ

本命はアンジュデジール。前走のレディスプレリュードでは勝ち馬クイーンマンボには決定的な差をつけられてしまい3着も、ホワイトフーガとの差は僅かハナ差。

斤量差があったにしても初コースで初の1800m、更に相手は大井ダート1800mを得意としている馬だった事を考えるとよく頑張ったと言えるのではないだろうか。

前走は気持ち馬体に余裕もあったので1度叩かれた上積みにも期待が持て、今回は大井も2回目なら逆転があっても。ホワイトフーガは年齢的な衰えを感じてしまうが、こちらは逆にこれから強くなる馬という点も非常に魅力的で、距離を心配する声もあるが、関東オークスの内容からして十分守備範囲。クイーンマンボには敵わないかもしれないが、この馬も影に隠れているだけで能力はそれなりに高いレベルにはある。ここで世代交代か。

対抗はこちら→ブログランキング

推進馬券

◎⇆○▲☆→印の3連単、◎→印の馬単

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第55回アルゼンチン共和国杯(G2)

万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
      特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

天皇賞(秋)が終わり、秋の連続GIシリーズの狭間の週ということもあり、マスコミや世間一般ファンの熱量は落ち着きがちな週ではあるものの、実は昨今のアルゼンチン共和国杯は『出世レース』として関係者の間では注目を集めているのをご存知だろうか。

昨年の勝ち馬・シュヴァルグランは、天皇賞(春)2着を始めGIの常連となっており、一昨年の勝ち馬ゴールドアクターは直後の有馬記念を制覇。近年は、その他にもアドマイヤラクティ、ジャガーメイル、トーセンジョーダン、アーネストリー、スクリーンヒーロー、アドマイヤジュピタといったGI馬を輩出。一介のハンデ重賞とは一線を画すレースとなっている。

今年は、日本ダービー2着のスワーヴリチャードがこのレースで始動。ラジオNIKKEI賞の勝ち馬で3戦3勝の実績を誇るセダブリランテスも参戦し、3歳馬2頭に注目が集まりそうだが、スワーヴリチャードは菊花賞を、セダブリランテスはセントライト記念をそれぞれ回避してココに回ってきたように、どちらも中間は順調だったとは言えない。しかも、スワーヴリチャードは四位騎手からM.デムーロ騎手へと乗替りが決まるなど、陣営の思惑も中々複雑と言えよう。

そこに各馬の斤量差が絡むハンデ戦となれば、馬券的には面白い反面、一般ファンにとっては頭を抱える1戦となることは必至。そこで、重賞・メインレースから41週連続的中と、今年も数々の万馬券的中を仕留めてきた当社シンクタンクは、皆様に”確かな情報”を掴んでもらうために、アルゼンチン共和国杯の【3連単勝負馬券】を特別無料公開することを決定。この機会に、是非とも創業23周年を迎えたシンクタンクがお届けする関係者情報をご利用頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 第55回アルゼンチン共和国杯(G2)

万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を
      特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク