【JBCレディスクラシック2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の京都最終レース、JBCレディスクラシックに出走を予定しているアンジュデジール、カワキタエンカ、クイーンマンボ、プリンシアコメータ、ラビットラン、リエノテソーロの最終追い切りに関する記事を。

これで今週末の重賞の最終追い切りの記事はすべてとなります。

週末の重賞などに関する記事はこちら

【1枠】 1番 アイアンテーラー  浜中
【1枠】 2番 フォンターナリーリ C・デムーロ
【2枠】 3番 クイーンマンボ   ルメール
【2枠】 4番 ラビットラン    M・デムーロ
【3枠】 5番 ラインハート      笹川翼
【3枠】 6番 ジュエルクイーン    岩田
【4枠】 7番 カワキタエンカ   池添
【4枠】 8番 ビスカリア     森泰斗
【5枠】 9番 サルサディオーネ  丸山
【5枠】10番 プリンシアコメータ 武豊
【6枠】11番 リエノテソーロ   吉田隼
【6枠】12番 ブランシェクール    御神本
【7枠】13番 アンデスクイーン  松若
【7枠】14番 ディアマルコ      佐原秀
【8枠】15番 ファッショニスタ  大野
【8枠】16番 アンジュデジール  横山典

こちらも買いたい馬がちょっと微妙な枠を引き当ててしまいました。それなりに人気になりそうな馬が引き当てた枠もちょっとどうかと思うので、こちらも予想には少し時間がかかりそうです。

JBCレディスクラシック最終追い切り

アンジュデジール

軸は少しブレてしまうが、頭の高さなどは安定しており、フォームが大きく乱れる事もない。脚の回転はまずまずではあるが、追われた時の反応は抜群で、エンジンがかかってからのスピードの乗りもかなりのもの。

適度に気性面が表に出ており、馬体が枯れるような事もなさそうなので、前走からの巻き返しを期待するのも悪くなさそうな出来だと言える。一週前が非常に物足りなさが残る動きだったが、その動きを払拭してきた。

カワキタエンカ

相変わらず頸の使い方が下手で、身体も上手く使えない。それでも何故か頸と脚のリズムは取れており、フォームが乱れる割には走れている。馬体の張りは物足りなさを感じるので、しっかりとつくられた感はあまりないが、軽快な動きをみるとまずまずの出来ではありそう。後はパワフルさに欠ける走りがダートでどうか。

クイーンマンボ

一週前同様に頸を使えていないように見えるが、ここは問題なし。今週も持ったまま馬なりで進み、エンジンがかかるとすっと加速してグイグイと伸びる。

当然追われた時の反応も抜群で、これだけ負荷をかけられても余裕の手応えで突き抜けた。可動域、脚の回転の速さ、馬体の張りとどこを取っても前走以上で、これで変わらなければどこで変わるというぐらいの仕上がりとなった。

プリンシアコメータ

頭の高さやフォームが非常に美しく、追われても全くブレることなく走れている。脚の出し方も綺麗で、回転が速い割には力強さも感じられる走りだった。ただ、最後は脚がバラバラになってしまい、リズムを大きく崩してしまったのが痛すぎるが、一応一週前追い切りと総合して考えると、好調は維持出来ているとみる。

ラビットラン

今週も追われた割には馬が動かず、反応の悪さがとにかく目に付いた。負荷はかかっているが、かけられた割には伸びない、弾けないといった感じ。調教パートナーとの手応えの差をみてもとても推せるような動きとは言えなかった。

リエノテソーロ

大きいフォーム、可動域は今週も目立つ。負荷もしっかりとかけられており、道中ちぐはぐな場面もみられたが、最後エンジンがかかってからの伸びは抜群だった。もっと強く追えば弾けたであろう手応え、馬体の柔軟性からしてほぼお釣りはない仕上げだろう。前走からの上積みは相当か。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

全体的に良く見える馬が多いレースですが、一週前追い切りからガラッと気配が変わったこの馬の巻き返しが怖い。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2001年の創設以来、地方競馬場の持ち回りで行われてきたJBC競走だが、今年は初めてJRAの京都競馬場で実施されることとなった。これにより、中央所属馬の出走枠が拡大され、地方所属馬の参戦が減少。例年より濃いメンバーでレースが行われることになりそうだ。

この日はJBCレディクラシック、JBCスプリントも含め、1日3鞍のJpnI競走が行われることになるが、やはりメインとなるのはJBCクラシック。昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリーム、それを南部杯で下した3歳ダート王者のルヴァンスレーヴこそ出走しないものの、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメといった実力馬たちに、3歳世代上位のオメガパフュームも参戦。暮れのチャンピオンズカップや東京大賞典を占う意味でも注目の一戦となる。

異例の中央開催ということで、世間やマスコミの注目度が例年以上に高くなるのは必定。『地方開催なら買わない』というライトな競馬ファンの馬券購入も増えることになるだろう。彼らが馬券を買う上で目にする情報は、新聞やネットに流れる”当たり障りのない”ものばかり。それで馬券が当たるなら、誰しもが競馬で勝てるはずだが、そう簡単にはいかないことは誰しもが分かっていこと。

馬券で勝つために重要になってくるのは『本物の関係者情報』。当社シンクタンクは騎手、厩舎はもちろん、マスコミの取材がほとんど及ばない馬主や、外厩施設、生産者といった関係者にまで、情報収集態勢を整えている。だからこそ、一般マスコミやライトな競馬ファンとは明らかに一線を画した情報を入手することが可能なのだ。

その一部を皆様に特別無料公開しているのは、一人でも多くの競馬ファンに『本物の関係者情報』が何たるかを体感してもらいたいからだ。そうすれば、より競馬が面白くなり、より勝ちにも近づくヒントとなることは間違いない。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、JBCクラシック【3連単勝負馬券】を特別無料公開。また『エリザベス女王杯』『マイルCS』『ジャパンカップ』といった、この先のGI競走についての関係者情報も、特別に毎週無料で公開させて頂く。このチャンスに、是非ともシンクタンクの情報に触れて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク