【ジャパンダートダービー2018予想】本命ルヴァンスレーヴ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は11日(水)の大井メイン、ジャパンダートダービーの予想を。オメガパフューム、グレートタイム、テーオーエナジー、ドンフォルティス、ハーベストムーン、ルヴァンスレーヴ、ハセノパイロなどが出走するダート2000mのJPN1レース。

今年は例年に比べるとかなりメンバーが揃った印象。深く考えると軸も迷ってしまいそうですが、地方なので余計な事は考えずシンプルに馬券を組み立てます。

函館記念の追い切りなどに関する記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 函館記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

ジャパンダートダービー

本命はルヴァンスレーヴ

中央の重賞ではほとんど1人気を本命にする事はないが、さすがに前走のユニコーンステークスでは逆らう事が出来ず本命に。そのユニコーンステークスのレース内容が想像していた以上のもので、この日は後方からレースを進める事となったが、向正面で自ら動き、そのまま直線に入るとほぼ追われる事なく後続を突き放して圧勝。ちょっとこのレースを見せられてしまっては…という感じで、グレートタイムにつけた着差を考えても現時点での同世代のダート路線であれば能力は頭一つリードしている印象を受ける。

勿論強いと感じたのはこのレースだけではなく、新馬戦ではもちの木賞の勝ち馬で兵庫チャンピオンシップで2着に入線したビッグスモーキーを子供扱いし、続くプラタナス賞でも馬なりで楽勝。伏竜ステークスこそ取りこぼしてしまったが、全日本2歳優駿では伏竜ステークスで遅れを取ってしまったドンフォルティスを相手にゴール前ではほぼ追われる事なく勝利と、これまでのレース内容はどれもが水準以上。

ただ、当然これまでの実績を考えるとここも主役はこの馬という事になるが、今回は距離延長、そして右回りでの競馬が課題となるか。

ここは正直全く隙を感じられなかったユニコーンステークスに比べるとあれ以上にトーンは上がらずといった感じで、唯一負けてしまった伏竜ステークスのレース内容を見ても今回の2000mへの距離延長、そして右回りがプラスに出る事は考え難く、能力だけで考えれば抜けているとは思うが、適性の差で伏竜ステークスのような結果になってしまう可能性は十分考えられるのでは。馬券はこの辺りを上手く考えて組み立てたい。

対抗はオメガパフューム

馬体が減り続けているのは気になってしまうが、能力面、そして何より今回の舞台への適性の差で勝ち負けまで持っていけるだけの能力はある馬。

前走の加古川特別ではもともと準オープンを走っていたビッグアイランドを相手に楽勝しており、この時期に古馬相手の1000万条件であの勝ち方が出来る馬が弱い訳がない。

こちらはルヴァンスレーヴとは逆に距離短縮となった青竜ステークスを取りこぼしており、その時は相手も強かったが、単純に能力以上に適性の差が結果に大きく反映されたと言え、実際に1800m戦だった新馬、500万クラスではかなりのパフォーマンスを見せている事からして距離は延びてこその馬だろう。

今回はこの馬の右回りの実績と距離延長がプラスになりそうな点を考慮すると、ルヴァンスレーヴが相手でもそれなりにやれるとみての対抗とする。

▲にドンフォルティス

これまでのレース内容をみているとこの馬の能力も相当高く、伏竜ステークスでルヴァンスレーヴを下した事はフロックではない。

全日本2歳優駿ではルヴァンスレーヴに敗れているが、あの時は不利があって仕掛けが少し遅れてしまっての結果なので、あの不利がなければもう少し際どいレースになった可能性は高かったのでは。

立ち回りの上手さもこの馬の大きな武器といえ、今回のコースを考えるともう一度ルヴァンスレーヴを破るような事があっても全く驚けない。

☆はグレートタイム

前走の結果をみるとちょっと上位馬とは力差がありそうな感じもするが、距離延長で良さが引き出そうなタイプなのでこのぐらいの評価は必要となってくる。もともと期待が高かった1頭でもあり、将来性で言えば案外この馬が1番なのかもしれない。一気の頂点となるとちょっと違う気もするが、それなりの着順は拾ってきそうなタイプだけに置きという意味での4番手とした。

◎ルヴァンスレーヴ
〇オメガパフューム
▲ドンフォルティス
人気ブログランキングへ※グレートタイム

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 函館記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
函館記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去にはエリモハリアーが3連覇するなど、洋芝巧者が活躍する北海道名物のハンデ重賞。直近3年でも波乱続きで二桁人気馬が馬券に絡んでいる。昨年はタマモベストプレイ(14人気2着)、16年ケイティプライド(13人気2着)、15年ハギノハイブリット(10人気2着)と伏兵馬が波乱の立役者となっている。

過去10年の人気別の成績では、1人気[0.2.0.8]、2人気[2.0.1.7]、3人気[3.0.0.7]と1人気馬の優勝馬はなし。また、10~14人気の伏兵馬が5頭も連対している。平均配当では、馬連9840円、3連複3万8060円、3連単21万7380円となっている。

競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる激走穴馬の存在をスクープ!「洋芝適性があるから連れて行く」と当初から狙いを定めていたとある陣営の勝負駆け情報は紙面上には絶対に載らない裏のヤリ話!激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報がお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク