【ジャパンダートダービー2019予想】本命クリソベリル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は10日の大井メイン、ジャパンダートダービーの予想を。デルマルーヴル、デアフルーグ、ミューチャリー、グリードパルフェ、ヒカリオーソ、サクセッサーなどが出走するダート2000mのJpn1レース。

個人的には宝塚記念などとは比べ物にならないぐらいの注目レース。交流重賞とはいえ、腐ってもJpn1レースですし、牡馬でJpn1に手が届くという事は早々ある事ではないので、何とかこのチャンスはモノにしておきたいところ。

因みに少し気は早いですが、今年は数年ぶりに大阪マラソンに当選してしまったので(よりによってなんで今年)、12月のチャンピオンズカップを現地で観戦する事はほぼ不可能。

現地で観戦するには完走タイムを3時間切る必要があるので、今の自分の能力を考えるとWIN5を当てるよりも難しいです。

今週末の重賞に関する記事はこちら。

【函館記念2019】一週前追い切りその1

いつもより遅くなっていますが、続きや最終追いの記事は明日以降に更新します。

ジャパンダートダービー

本命はクリソベリル

ここまで3戦全勝、その全てが圧勝と私情を挟まなくとも今年のジャパンダートダービーの中心はこの馬になる。

初戦、2戦目は軽い相手を軽く捻るような内容だったので、前走の兵庫チャンピオンシップでは取りこぼす事も十分覚悟はしていたが、スタートを決めて流れに乗るとそのままヴァイトブリックを寄せ付ける事なく楽々押し切る強い内容。

相手がちぐはぐな内容になった事や上手く流れに乗れた事など多少恵まれての結果という事は確かではあるが、それでも力ないとあそこまでのパフォーマンスは発揮出来ないだろう。

今年は個人的に馬場などにことごとく泣かされてきたが、本馬は馬場状態を問わず結果を出してくる優秀なタイプで、かなり早い段階からガルヴィハーラ、ノーヴァレンダよりも能力は上と言い続けたように、ダートでの活躍馬が目立つキャロットクラブの現3歳馬の中では間違いなく抜けて強い存在と言える。

唯一不安な点をあげるならここまで楽な競馬しか経験していない事になるが、揉まれる心配がない今回の枠なら4度目の圧勝があってもいい。

対抗は人気ブログランキングへ

仮にクリソベリルが負けるとすればこの馬がスムーズな競馬をした時か。当然能力の高さは疑いようがなく、前走も馬場や展開に苦しんだだけで、間違いなく力負けではない。

もともとトリッキーなコース向きのタイプなので、その点を考えるとここ2走はコースも合わなかった印象が強く、今回は距離、コース、馬場と全てにおいで条件が好転するので、終わってみれば一番強かったという可能性は十分考えられるのでは。ここは巻き返し濃厚の一戦とみる。

デルマルーヴル

流れが味方したとはいえ、ドバイであれだけの競馬が出来る馬が弱い訳がなく、ここも展開頼みにはなってしまうが、どんな展開であっても最後はまず差を詰めてくる事になるだろう。

案外この距離で追走が楽になれば突き抜けてきても驚けない存在ではあるが、どちらかといえば広いコース向きのタイプなので、ここを取りこぼして次走以降の大箱替わりで厚い印を打ちたい馬。

◎クリソベリル
人気ブログランキングへ
▲デルマルーヴル
△ミューチャリー
△ヒカリオーソ
△ロードグラディオ
△グリードパルフェ
△ウィンターフェル
△サクセッサー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

地方の割にはいつも以上に多く点数を打ったが、基本は◎〇の組み合わせをメインに点数を絞って買いたいレース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 函館記念(G3)>

荒れるハンデ重賞!
特大馬券の立役者とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気[0.1.0.9]、2人気[2.0.0.8]、3人気[3.0.0.7]と1人気の優勝馬はく、連対も1頭のみ。また、10~14人気の伏兵馬が6頭も連対している。平均配当では、馬連1万0210円、3連複4万9730円、3連単27万2780円。3連単10万馬券以上は8度出ている。

過去10年の年齢別の成績では3歳[0.0.1.2]、4歳[1.3.0.10]、5歳[3.0.5.30]、6歳[2.1.3.42]、7歳[3.3.0.25]、8歳[1.2.1.11]、9歳上[0.1.0.9]。5歳馬が3勝でトップだが、7歳、8歳馬が4勝しているように高齢馬の活躍が目立つ。

ステップレース別では目黒記念組(3勝)、エプソムC組(2勝)、他、・新潟大賞典・金鯱賞・巴賞・オープン組がそれぞれ1勝を挙げている。巴賞組は1勝だが2着3回3着3回と馬券圏内の好走率は高い。主力は函館滞在組の巴賞組となる。

今年はエアスピネル(17年マイルCS2着・16年菊花賞3着・15年朝日杯FS2着)、鳴尾記念3着馬ステイフーリッシュ、18年函館記念の覇者エアアンセムなどが参戦。競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる激走穴馬の存在をスクープ!紙面上にては絶対に載らない裏のヤリ話!激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報がお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク