【ジャパンカップ2018予想】本命サンダリングブルー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ジャパンカップの予想を。アーモンドアイ、ウインテンダネス、カプリ、キセキ、サトノダイヤモンド、サンダリングブルー、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードなどが出走する芝2400mのG1レース。

このレースは正直買いたいという馬がほぼいないレースなので、G1ですがあまりイレ込まず軽く購入します。

一応東京の特別レースをメインに購入するつもりですので、時間があればそちらの記事を追加で更新する予定です。

京阪杯の予想はこちら

3点勝負買い目を無料公開

ジャパンカップ

本命はサンダリングブルー

この馬に関しては考察で書いた事が全てになるが、これまでG1勝ちこそないものの、前走のカナディアンインターナショナルではスタート直後に他馬と接触、直線でも前が塞がってしまう不利がありながらも勝ち馬との着差は僅か1馬身差。更に3着以下を大きく離していた事からして能力の高さは疑いようがなく、あの不利さえなければタイトルに手が届いた可能性すら考えられる。

何よりハイレベルな一戦となった3走前のインターナショナルSではロアリングライオン、ポエッツワード、サクソンウォリアー、ベンバトル、サンダースノーといった強豪馬を相手にして3着と力は示しており、その時のメンバーと今回のジャパンカップのメンバーを比較すれば当然ここでは好勝負に持ち込めるだけの馬と言えるだろう。

これまで左回りのレースでは15戦して(4.4.4.3)と安定した走りを披露しており、右回りのレースと比較すると完全なるサウスポーと言える馬。よって今回初となる東京コースも大きくマイナスになる事はなさそうで、ある程度スピードも持ち合わせたタイプだけに案外面白い馬と言えるのでは。

Fベリーが手綱を取るようになって以降、(2.2.1.0)と崩れておらず、日本での実績がある騎手が乗れる点も心強い。

対抗はアーモンドアイ

本来はここで嫌うつもりだったが、ここまで相手が揃わなければさすがにこれ以上印を落とす訳にはいかない。53キロで競馬が出来る点も魅力で、過去にはデニムアンドルビークラスの馬でも勝ち負け争いに加われるほど牝馬が有利となるレースなだけに、今回も大きなアクシデントさえなければ最後は確実に脚を使ってくるのでは。

ただ、オークスを勝っているとは言っても前走からの距離延長は歓迎とは言えず、エリザベス女王杯でノームコア、カンタービレがあっさりと敗れたように、今年の3歳牝馬のレベルはそこまで高くないのかもしれない。ここはダントツ人気という点を考えるとこのぐらいの印がしっくりくる。正直今回の最内枠も歓迎とは言えない。

▲に人気ブログランキングへ

前走は鞍上の好騎乗あっての結果ではあるが、あの馬場、距離であれだけ走ればここでも再び怖さがある。2走前のレースも上位に入線した馬のレベルを考えると上々と言える内容で、ここにきて完全に馬が戻った印象を受ける。

ただ、距離延長に加えて相手が更に弱くなる今回は当然上位争いに加われるだけの馬ではあるものの、前走での騎乗をみてしまうとこれ以上厚い印は打ち辛くなってしまった。

☆穴にノーブルマーズ

前走のアルゼンチン共和国杯は大きな見せ場をつくる事なく9着に敗れているが、もともと叩き良化型のタイプなので着順は気にする必要はなく、一度使われた上積みを考えると当然今回は巻き返しに期待が持てるだろう。

2走前の宝塚記念では上手く内を捌けたとはいえ、いつもより後ろからの競馬になりながらも最後はしぶとく差を詰めたように、この時のレースレベルが相当低かったとはいっても2着馬は香港のG1馬ワーザー。

更に今回のメンバーをみると宝塚記念と同等、もしくはそれ以下とも言えるレベルでのレースなだけに、ここも力を出し切れば上位争いに加われるだけの資格はあるだろう。

条件戦を走っている頃から後々は重賞でも条件が合うレースならそれなりにやれると書いてきたが、とにかく派手さこそないものの、先行したらなかなかしぶとい馬で、ある程度相手が強くなっても毎回それなりの着順を拾ってくる良くも悪くも相手なりのタイプ。

過去にはマカヒキやマウントロブソン、ディーマジェスティ、ブラックスピネルといった重賞勝ち馬を相手に差のない競馬をしてきた実績があるので、これらの馬を物差して考えれば今回は人気的にも狙い目では。ただ、痛恨の外枠とだけあって評価を落として印を打った。

◎穴サンダリングブルー
○アーモンドアイ
人気ブログランキングへ
☆穴ノーブルマーズ
△ウインテンダネス
△スワーヴリチャード
△サトノダイヤモンド
△カプリ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第38回 ジャパンカップ(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のジャパンカップは、牝馬3冠を圧倒的なパフォーマンスで制したアーモンドアイの存在抜きには語れないだろう。秋華賞→ジャパンカップは予定されていたローテーションではあるが、正式に参戦表明が出たのは11月の頭。陣営が出走意志の明言を避けたのは「レース後にフラフラしていた」と、秋華賞で想定以上に消耗していたからに他ならない。あのディープインパクトですら3冠達成直後の有馬記念では敗戦を喫しているように、歴戦の古馬一線級が相手では決して楽な条件ではない。

また、ジャパンカップと言えば1着賞金3億円、有馬記念と並ぶ国内最高額のレースであることを忘れてはならない。今年も外国人騎手を中心に、出走馬のジョッキーが目まぐるしく変更されており、水面下ではあの手この手の策が講じられている。故に、ココを“メイチ勝負”で挑んでくるのはどの陣営なのか的確なジャッジを行う重要性も普段以上に大きくなってくるのだ。

シンクタンクは【ジャパンカップ特別チーム】を結成した2005年以来、このレースでは『13戦10勝』という実績を残しており、会員様からも「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と言うお声を頂戴している。これだけの実績を誇っているのも、マスコミでは入手できない、一般には出回らない情報を入手できる態勢が整っているからこそだ。

既に「アーモンドアイの能力が高いことは認めるが、短絡的にアーモンドアイの“1強”と結論付けるのは早計。その存在を脅かす存在を掴んでいる」と、馬券に直結する競馬関係者からの情報も掴んでいる。レース的にも馬券的にも大注目となるジャパンカップ、今回は特別に、万馬券を狙える【3連単馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第38回 ジャパンカップ(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク