【上越ステークス2020予想】阿蘇ステークス・TVh賞

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の新潟メイン、上越ステークスの予想を。ダノンジャスティス、メイプルグレイト、ウルトラマリン、シスル、メイショウミライなどが出走するダート1200mの3勝クラスのレース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週の土曜はこれといって積極的に買いたいレースがありませんので、単複やワイドなどを中心に購入して日曜の2重賞に備える事にします。よって数はいつも以上ですが、基本的には様子見の一日となります。

3場メイン+α予想

羊ケ丘特別

カヌメラビーチ

西部日刊スポーツ杯

人気ブログランキングへ

近走はワンパンチ足りない競馬が続くが、直線抜け出してじりじりと伸びた前走の内容がそれなりに見どころのある競馬だったので、その前走から大きく条件が好転する今回は勝機到来とみる。良血馬であるポタジェが人気を集めるようならこちらの頭を狙いたい。

上越ステークス

マラードザレコード

大敗した前走は前半に無駄な脚を使ってしまった事で最後まで息が持たなかったが、今回は外からじわっと先行する形に持ち込めば巻き返しがありそう。

TVh賞

人気ブログランキングへ

今回は馬場、枠順、展開と全てが味方しそうな本馬が絶好の狙い目とみる。案外な結果に終わった前走は展開が向かなかっただけなので、スムーズなら巻き返し濃厚な一戦か。これまで相手にしてきた馬のレベルを考えるとこのクラスでウロウロしているような馬ではないだろう。

阿蘇ステークス

アルドーレ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

印は本命馬のみの公開となりますが、最初に触れたように単勝以外にも買えそうなら馬連やワイドを少し購入する予定です。ただ、メインはあくまでも日曜という事になると思うので、土曜は無理せず気合い溜めでいきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年まで、サマーマイルシリーズは第1戦が中京記念、第2戦が関屋記念と、左回りのマイル戦が続いていた。

しかし、過去10年で中京記念で1~3着だった馬が、関屋記念で馬券になったのは2017年のウインガニオン(1着→2着)しかおらず、ほぼ直結していない。

ハンデ戦から別定戦になることで、中京記念で賞金加算した馬は前走よりも重い斤量を背負おうことになるし、中2週とローテーションも楽ではない。

何より、同じ左回りでも直線に坂のある中京と平坦の新潟ではコース形態が違うから、求められる適性が違うのだ。

ただし、今年は去年までと状況が違う。まず、今年の中京記念は、右回りの阪神で行われたという点だ。阪神も直線に坂があるとは言え、「左回りではないから」と避ける陣営が出てくるのは当然だろう。

そして、今年からサマーマイルシリーズが拡充されたこともポイントになる。第1戦に米子Sが追加されたことにより、無理のないローテーションが組めるし、全て参戦することでポイントを稼ぐという考え方もできる。去年よりも陣営も思惑は複雑化している。

いつもと違う状況では、例年までのデータや考え方をしていては、なかなか馬券的中を掴むことは困難。しかも、世の中に出回っている情報の大半は、人員不足のマスコミが何とか入手してきた表向きのコメントなのだから、夏競馬で高配当決着が多発するのは当たり前だ。

夏競馬において、毎年シンクタンクが高配当、万馬券的中を掴み、“馬券天国”として儲けていただいているのは、情報不足の世間を尻目に、本物の関係者情報を不変で入手しているからに他ならない。

本物の関係者情報とは何なのか?まだ体感をされていない方々のために、弊社シンクタンクは情報の無料公開を行っている。今週は特別に関屋記念の情報と、馬券候補となる情報注目馬5選を無料で公開する。この機会に、ぜひとも本物を知っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク