【関東オークス2020予想】本命クリスティ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は10日の川崎メイン、関東オークスの予想を。レーヌブランシュ、セラン、アールクインダム、テーオーブルベリー、レイチェルウーズなどが出走するダート2100mのJpn2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週の北海道スプリントカップはスカ、東京ダービーは本命が取り消しとちぐはぐな週に。

ただ、東京ダービーは△エメリミット▲マンガン☆ティーズダンクという結果になった訳ですが、対抗馬と▲マンガンから遊びで軽く馬券を購入し、馬連が100円だけ的中するも後でしっかりとレース結果を見てこれはどう考えてもやってしまったな、という結果になってしまいました。

本命馬が取り消した時点でしっかりと馬券を組みなおしていれば240,080円という3連単も普通に買えていた可能性もあったので、予想はズレていなくてもモヤっとする結果が続いています(おそらく組みなおしていれば☆ティーズダンクの取りこぼし馬券を買っていた可能性大。ただ、その場合頭はゴールドホイヤーとマンガンの2頭に絞っていた可能性もあるので、おそらく4番手評価で買っていたエメリミットを頭までマーク出来たかどうかは怪しいところ)。

とりあえず毎度の事にはなりますが、地方は穴でも狙った馬はしっかりと上位に来るパターンが多いので、この辺りをしっかりと頭に入れて馬券を組み立てていきます。

エプソムカップの穴馬3頭

エプソムカップ(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

エプソムカップの予想を無料で見る

関東オークス

本命はクリスティ

今回が初ダートになるが、母のホワイトアルバム、兄のヒッチコックはダートの中距離で2勝を挙げており、意外ではあるがキズナ産駒もダートの中距離が一番勝率が高いという特徴があるので、血統背景からすると今回の舞台設定はプラスに転ぶ可能性が非常に高い。

砂をまともに被ってしまうと嫌気がさしてしまう可能性もあるが、幸いにも今回は外枠を引き当てる事が出来たので、外からすんなり番手を取る形であれば後はスピードの違いで他馬を圧倒するシーンが見られても良さそうな気もするが。

芝でもワーケア、デゼルといった実力馬を相手に差のない競馬に持ち込めるだけの馬なので、今回は相手関係にも恵まれた一戦と言えるだろう。ここは当然勝ち負けとみた。

対抗はセラン

前走のUAEオークスの3着は当然大健闘と言えるが、ムラがある血統なので人気ほどの信頼度はないと判断して今回は対抗まで。地方のダートへの適性もちょっと微妙な気もするので、控えてしまえば案外モロさが出てしまう可能性もなくはないのでは。

ただ、逆にすんなりハナを切る展開に持ち込めばさすがに力の違いで粘り込んでくるか。

▲にアクアリーブル

レイチェルウーズ、テーオーブルベリーを相手にしてあっさりと勝ち切ったここ2走の内容からすると、中央馬が相手でも上位に食い込めるだけの力はありそう。

距離を延ばして良さが引き出た点がいかにもという感じで、AP系は案外距離の融通も利く産駒が多いだけに、今回の2100m戦という舞台設定に関しては怖さしかないだろう。

☆穴に人気ブログランキングへ

こちらも距離延長で一気に化けてきそうな一頭で、以前から秘める能力は相当高いと言い続けてきただけに、今回もそれなりの印を打たない訳にはいかないか。

相手は相当強くなるが、条件が揃ったレースで自分の本来の形に持ち込む事が出来ればある程度のレベルの馬を相手にしても大崩れする事なく安定して走ってくる馬なので、出来ればここも強気な競馬で一撃を狙ってもらいたい。

◎クリスティ
〇セラン
▲アクアリーブル
☆穴人気ブログランキングへ
△アールクインダム
△レイチェルウーズ
△ルイドフィーネ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第37回 エプソムC(G3)>

有力馬陣営が一番恐れる
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の優勝馬で、19年レイエンダ、18年サトノアーサー、17年ダッシングブレイズ、15年エイシンヒカリ、14年ディサイファ、12年トーセンレーヴ、11年ダークシャドウの7頭がエプソムCで初重賞制覇。同レースで重賞ウイナーとなる馬も多く出ている。また、エイシンヒカリ、ディサイファはその後も活躍し重賞4勝の成績を残している。

過去10年の年齢別の成績ではレイエンダ、ルージュバック、エイシンヒカリ、クラレント、トーセンレーヴ、ダークシャドウ、セイウンワンダー、サンライズマックスが勝ち上がった4歳馬が8勝を挙げ他世代を圧倒している。2着にも6頭が入り4歳馬の活躍が目立つレースだ。

今年は連覇を狙うレイエンダ、18年の覇者サトノアーサーなどがスタンバイ!実は競馬セブンでは人気薄確実な隠れ穴馬の激走情報も極秘入手!隠れ穴馬が馬券に絡めば高配当間違いなし!週末の情報は絶対にお見逃しのないようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エプソムC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク