【川崎マイラーズ2020予想】本命サルサディオーネ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は13日の川崎メイン、川崎マイラーズの予想を。ワークアンドラブ、リッカルド、グレンツェント、キャプテンキング、クリスタルシルバー、カジノフォンテンなどが出走するダート1600mのS3レース。今週もかなりの好メンバーが揃いました。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週の地方競馬ラッシュは4戦3勝の大勝利となりました。

かきつばた記念予想結果

1着▲ラプタス
2着◎ノボバカラ
3着〇ドリームドルチェ

3連複 1,130円 3連単 3,010円

かしわ記念予想結果

1着〇ワイドファラオ
2着☆ケイティブレイブ
3着△サンライズノヴァ

兵庫チャンピオンシップ予想結果

1着◎バーナードループ
2着〇ダノンファラオ
3着▲サンデーミラージュ

3連単 1,080円

東京湾カップ予想結果

1着▲マンガン
2着◎エメリミット
3着〇デスティネ

3連単 4,900円

かしわ記念で中穴のワイドファラオを対抗にしておきながら馬券を外してしまう失態こそあったものの、その他のレースは全て本命、対抗、三番手決着のド本線。

今年の地方競馬はやたらと対抗、三番手などの人気薄馬が走りまくっているので、中央のように攻めの買い方で馬券を購入するのも悪くないのかも、と思いながらも、まずは数をしっかりと当てる事を、と思い印を打った事が功を奏した形に。

意外にも配当が一番安かった兵庫チャンピオンシップの払い戻しが一番多かった訳ですが、ほぼ1点で取りたいと書いたように、◎→〇→▲の3連単に資金の8割を入れていたので、これはある意味作戦勝ちでもありました。

先週は中央でも京都新聞杯の390倍、プリンシパルステークスの640倍の的中があったりとかなり波に乗れている感じがしますので、この調子で今週も大爆発を狙っていきたいと思います。

ヴィクトリアマイル穴馬3頭

ヴィクトリアマイル(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ヴィクトリアマイル(G1)を無料で見る

川崎マイラーズ

本命はサルサディオーネ

かなりの好メンバーという事で下手に穴を狙うようなレースではないかもしれないが、ゴールデンウィークの地方の結果はさて置き、今年はクラウンカップのマンガンや羽田盃のファルコンウィングのように上位評価した穴馬が走りまくっているので、今週はちょっと攻め方を変更して馬券を組み立ててみる。

サルサディオーネはこれまで何度も本命にして穴馬券を取っている非常に相性の良い馬でもあるが、とにかくどんな競馬場、距離であっても左回りのレースであれば近走の着順などは関係なしに走ってくるタイプで、前走のマリーンカップは少し距離は短い感じはしたものの、直線に入った時にほぼ勝ちを確信するぐらいの余裕、リードがあり、中央馬のメモリーコウ、スマートフルーレを待ったく寄せ付ける事なく圧勝と、とにかく自分の形にさえ持ち込む事が出来れば距離や相手は関係なしに強さを発揮してくる馬。

今回は同型との兼ね合いやハンデ、そして強力な牡馬が相手など条件はかなり厳しくなる印象を受けるが、前走のマリーンカップのレース内容は勿論、3走前の報知グランプリカップのようにツボにハマった時の強さからすると能力は今回の相手であっても十分通用するものを持っていると思うので、再びここもマークが薄くなるようであれば前走の再現まであってもいい気もするが…。

対抗は人気ブログランキングへ

勢いのある馬の存在は気になるものの、これまでの経験値や実績からすると今回の相手、条件でも上位に食い込めるだけの力はあると思うので、得意のマイル替わりなら今回も好勝負に持ち込んでくるとみる。ただ、どうも勝ち切るイメージが沸いてこない馬なので、どちらかと言えば3連単の2,3着付けでマークしておきたい一頭と言えるか。

▲にキャプテンキング

今回は久々の影響がどこまであるかがカギとなるが、馬体をみると7割ほど馬は出来ている印象を受けるので、休む前の実績を考えればいきなりから警戒が必要となる馬と言えるか。ハンデ58キロを背負って連勝を重ねていた馬の57キロでの競馬は明らかに恵まれた印象なので、休み明け一発目から他馬との力の違いを見せつけてくる可能性も十分考えられるのでは。

☆にカジノフォンテン

先行出来て最後はしっかりとした脚も使ってくる馬券的にはかなり厄介なタイプではあるが、この連勝の内容は見た通り本物だと思うので、有力馬に隙がある今回は連勝の勢いそのままにここも楽々突破してくると考えるのが普通か。

◎サルサディオーネ
人気ブログランキングへ
▲キャプテンキング
☆カジノフォンテン
△リッカルド
△クインズサターン
△ワークアンドラブ
△グレンツェント

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第15回 ヴィクトリアM(G1)>

波乱の立役者となる隠れ穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当では馬連で1万1560円、3連複31万62000円、3連単226万7770円と大波乱が多く、15年には2070万5810円の特大馬券が出ている。19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)、10年ニシノブルームーン(11人気・3着)と二桁人気の伏兵が馬券に絡んでいる。

過去10年、ステップレース別の成績(3着以内)では4勝(2着4回)を挙げている阪神牝馬組の成績が目立つ。他には海外組・中山牝馬S組・大阪杯組・高松宮記念組・マイラーズC組がそれぞれ1勝。海外組の連対馬はブエナビスタの1頭で海外でも活躍した名牝。

昨年は◎プリモシーンから馬連3700円的中!一昨年も◎リスグラシューから馬連4080円的中!2016年も◎ミッキークイーンから馬連3510円&3連複6190円ダブル的中と直近4年で3度的中のドル箱GI。

昨年は5番人気ノームコアが1着、18年8番人気ジュールポレールが1着、17年6番人気アドマイヤリード1着、16年7番人気ストレイトガール1着など1番人気は13年のヴィルシーナ以降優勝馬は出ていない。

今年も波乱必至のメンバー構成で、どの馬にもチャンスはありそうだ。実は競馬セブンでは人気薄濃厚のとある陣営の勝負情報を入手済!有力馬を纏めて負かす可能性十分な人気薄隠れ穴馬の正体とは!?必ず馬券購入前にご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク