【京王杯2歳ステークス2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


こんにちは。

続いて土曜の東京メイン、京王杯2歳ステークスに出走を予定しているアウィルアウェイ、アスターペガサス、カルリーノ、シングルアップ、ファンタジスト、メイショウオニテの最終追い切りに関する記事を。

なお、京王杯2歳ステークスの予想に関しては現時点では訳あって見送る方向で考えていますのでご了承ください。その他の重賞の予想に関しては今のところ全て更新する予定です。

JBCに関する記事はこちら

京王杯2歳ステークス最終追い切り

アウィルアウェイ

頸の使い方が下手で、脚とのリズムも非常に悪い。特に右脚の使い方が致命的で、スピード、パワーが外へ逃げるような走りをしている。馬体に多少硬さもあり、可動域も狭く感じてしまう。一応馬体の張りは上々と言えるが、少し緩さもあるだけにキンキンに仕上げられた感は全くない。

アスターペガサス

フォームは安定しており、身体もしっかりと使えている。脚の回転も速く、鈍さが全く感じられない点は高く評価しておきたい。ただ、追われてからの反応はイマイチで、最後も脚がバラバラになってしまった。前半にしっかりと動けていたので、単純に息の使い方がわかっていないとも取れるが、幼さがある分は割り引く必要があるだろう。

カルリーノ

頸の使い方は上手く、追われた時のフォームも美しい。ただ、全く負荷がかかっておらず、その分脚の回転も鈍く感じてしまった。どこを取っても平均点という感じの動きではあるので当然悪い印象は受けないが、特別な何かを感じる動きとも言えないだけに、今回は可もなく不可もなくといった評価となった。一応気性面が表に出ているので、休み明けの影響はそこまで大きくなさそうではある。

シングルアップ

前走時の動きと比べるとこじんまりとした動きに見えるが、それでも身体はしっかりと使えているので、普通の馬よりはいくらか大きく見える。ダイナミックな走りとは言えないがパワーは感じられる走りで、脚裁きにも力強さはある。ただ、その分だけちょっとスピードには欠けてしまう走りなだけに距離を考えるとどうかという感じも。

ファンタジスト

脚の回転が遅く、可動域も狭い。多少線も細く感じてしまい、走る姿は全くといっていいほど映えない。当然パワフルさには大きく欠ける走りなので、距離が伸びて良い印象は受けないが…。馬体をみてもちょっと仕上がりに疑問が残る。

メイショウオニテ

気性面が表に出すぎていてフォームが安定しない。頸と脚のリズムも決して良いとは言えず、飛節も伸びていない点は割り引いて考える。完全に馬の幼さが影響した走りと言えるので、ここは完成度の低さが大きく足を引っ張るか。幼い馬にみられるがむしゃら感がない点もちょっとどうかという感じ。

予想オッズ

ファンタジスト 2.0
アウィルアウェイ 2.4
アスターペガサス 3.9
シングルアップ 10
カルリーノ 15

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一応現時点での完成度を考えるとこの馬という事になるが、ここは幼い馬が多い事もあって、動きはどの馬も目立たない。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2001年の創設以来、地方競馬場の持ち回りで行われてきたJBC競走だが、今年は初めてJRAの京都競馬場で実施されることとなった。これにより、中央所属馬の出走枠が拡大され、地方所属馬の参戦が減少。例年より濃いメンバーでレースが行われることになりそうだ。

この日はJBCレディクラシック、JBCスプリントも含め、1日3鞍のJpnI競走が行われることになるが、やはりメインとなるのはJBCクラシック。昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリーム、それを南部杯で下した3歳ダート王者のルヴァンスレーヴこそ出走しないものの、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメといった実力馬たちに、3歳世代上位のオメガパフュームも参戦。暮れのチャンピオンズカップや東京大賞典を占う意味でも注目の一戦となる。

異例の中央開催ということで、世間やマスコミの注目度が例年以上に高くなるのは必定。『地方開催なら買わない』というライトな競馬ファンの馬券購入も増えることになるだろう。彼らが馬券を買う上で目にする情報は、新聞やネットに流れる”当たり障りのない”ものばかり。それで馬券が当たるなら、誰しもが競馬で勝てるはずだが、そう簡単にはいかないことは誰しもが分かっていこと。

馬券で勝つために重要になってくるのは『本物の関係者情報』。当社シンクタンクは騎手、厩舎はもちろん、マスコミの取材がほとんど及ばない馬主や、外厩施設、生産者といった関係者にまで、情報収集態勢を整えている。だからこそ、一般マスコミやライトな競馬ファンとは明らかに一線を画した情報を入手することが可能なのだ。

その一部を皆様に特別無料公開しているのは、一人でも多くの競馬ファンに『本物の関係者情報』が何たるかを体感してもらいたいからだ。そうすれば、より競馬が面白くなり、より勝ちにも近づくヒントとなることは間違いない。今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、JBCクラシック【3連単勝負馬券】を特別無料公開。また『エリザベス女王杯』『マイルCS』『ジャパンカップ』といった、この先のGI競走についての関係者情報も、特別に毎週無料で公開させて頂く。このチャンスに、是非ともシンクタンクの情報に触れて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第18回 JBCクラシック(JpnI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク