【京王杯2歳ステークス2019予想】+ファンタジーステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、京王杯2歳ステークスの予想を。グレイトホーン、タイセイビジョン、ビアンフェ、マイネルグリットなどが出走する芝1400mのG2レース。

地味に2歳重賞の予想をしっかりと記事にするのは今年初かもしれません。

今回の重賞は個人的に毎年のようにお世話になりすぎている東京芝1400m戦ですので、未知な部分が多い2歳重賞でもある程度は購入するつもりです。

まずは本題の前に京都メイン、ファンタジーステークスの予想を軽く。

ファンタジーステークス

◎穴人気ブログランキングへ

こちらのレースは買いたい馬が数頭いるレースなので本命もそれなりに迷いましたが、迷った時は人気薄という事でこの馬をセレクト。単純に経験値と初戦の内容、そして今回の距離への適性を重視した。

かすりもしないのを覚悟して相手も〇ラヴォアドゥース、▲レジェーロ、☆エレナアヴァンティと穴馬を並べて大事故を狙ってみたい。馬券は穴~穴が1頭人気を連れてくるようなイメージで組み立てる。

京王杯2歳ステークス

本命はヴァルナ

東京芝1400m2歳重賞という事もあってこのコース、2歳重賞の教科書通りの印を打つ。

父エピファネイアは牧場で産駒をみた時の特徴しか頭に入っていないが、ロベルト系というよりもかなり前向きさがあるサンデー系というイメージがあるので、おそらく1400mへの適性は低くない。

実際に距離を短縮して臨んだ前走の未勝利戦が楽な競馬だったとはいえ、逃げて後続を突き放す強い内容で勝利しており、母父のダンスインザダークからレースセンスも受け継いでいる馬なので、本質は1400m向きの馬かもしれない。

今回は重賞実績のある馬が数頭いるので楽な戦いにはならないと思うが、重賞実績があるとはいっても1200m戦での話になるので、若さを見せながらもギリギリまで残した初戦と、楽々後続を突き放した前走の内容からしても、スピードよりもパワーを求められるような1600m向きの流れになればこれらの馬が相手であっても能力は引けを取らないとみる。

対抗はタイセイビジョン

展開不向きの中で見せ場たっぷりの競馬をした前走の内容が素直に強く、その前走を見る限りだと今回の距離延長は間違いなくプラスになるだろう。

こちらは教科書通りの対抗とは言えないが、近年の東京1400m戦は嫌ったこの手のタイプが走ってくる傾向があるので、ここは変に嫌わず印を打つ。

マイネルグリット

極端な上がり勝負になれば分が悪いも、初戦、2戦目と全く異なる条件を使われて連勝と経験値の高さならメンバートップクラスなので、今回はその経験値が活きるとみての3番手。鞍上が終わっているので過度な期待は持てないが、ロスなくセコい競馬が出来れば上位争いに加わってくる。

グランチェイサー

グレイトホーンを買いたかったが、鞍上がアレなので人気薄のこちらを上に取る。前走は見せ場なく大敗しているが、道中掛かっていたので力を出せずの結果。初戦のようにスムーズにレース運びが出来ればまず着順を上げてくると思うが、今回の大外枠はマイナスなので、その分だけ評価を落として印をつけた。

◎ヴァルナ
〇タイセイビジョン
▲マイネルグリット
☆グランチェイサー
△ビアンフェ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第9回 みやこS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年は同週に、3連単5万3720円的中をお伝えしたJBC3競走が京都で行われたため、レース施行がなかったが、今年はJBCが翌日(11月4日)に浦和で行われるため、再開されることになった。

去年は中央開催ということで、JBCに出走できる中央馬の枠が拡充されたが、地方開催に戻ったことで枠が狭まり、賞金不足で出走が叶わなかった馬などが、次週の武蔵野Sと両睨みして参戦してくることになる。

年末に東京大賞典があるものの、やはりダートの中長距離馬にとっては、秋の最大目標はチャンピオンズカップとなる。芝ほど番組が多くないダート路線は、必然的に賞金ボーダーが高くなるため、重賞を勝っている馬ですら、出走が叶わないというケースもゼロではない。であるから、1着馬にチャンピオンズカップの優先出走権が与えられるみやことや武蔵野Sで、「最低でも賞金加算したい」と勝負がかりとなる陣営は少なくないわけだ。

一方、今年はフェブラリーSを制したインティが参戦を予定しているように、賞金を十分に持っている実力馬が出走してくることもある。これだけの馬であれば南部杯、JBCなどを使うのが王道だが、わざわざ重い斤量を背負ってまでココに出るという思惑は、チャンピオンズカップを占う意味でも把握しておく必要がある。

しかし、GIシーズン真っ只中の谷間の週、しかもJBCが同時期であるが故に、世間の注目がみやこSに集まることまずない。新聞、ウェブ上などに載る情報は極めて限定的であり、本当に馬券を的中させるつもりがあるならば、そこを重視して馬券を買うべきではない。

創業25年目を迎えたシンクタンクは、大レースであろうと未勝利戦であろうと、「獲れるところで獲る」のをモットーとして情報をお伝えしている。無論、注目度の高いGI、重賞やメインレースには、名馬サクラスターオーを手掛けた元調教師の平井雄二氏が率いる特捜部が重点的に情報を集めており、世間一般には出回らない、関係者の本音、裏ネタ、真の思惑などをしっかりと把握している。こうした情報を知ることができれば、より競馬が面白くなり、より勝ちにも近づけることになる。

そのことを一人でも多くの競馬ファンに体感してもらうべく、今週はみやこSで弊社が入手した本物の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに特別に無料公開する。競馬で、馬券でさらなる高みを目指したい方は必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク